2019年12月15日

世の基準で世の事を語りながら…結局祈りの話

ちょっと、話題とカテゴリーがぐちゃぐちゃなのですが(汗)

前回の投稿で「私は人から愛される事について無能」と書きました。でも、これも確信を持って言いますが、 私は神から愛される事については無能ではありません。
そしてこれを付け足します。
私は神からの憐みを受ける事については有能 です。
この付け足した言葉を卒直に解説すればこうなります。
私は人々の間では弱い者であり、優れているところが無く、 取るに足らない者です。
世においての評価はこうなります。
しかし、キリストの真理に基づいてこれを語ればこうなります。
私は人々の間においても、才能・知識・技術においても、神に直接「あなたのかわりになる人物は存在しない。あなたは素晴らしい。」と言わせるのに良い器です。

私は良い器だと自分で言うのはおこがましい事ですし(恥)、実際にはより良い器として成長しようとしているのだけれど…




自分の事はよく見る事はできなくても、他人の事は見なくて良い事までも見えるってあるじゃないですか。

ある人がね…

遡って言えば、成長期に色々な事があって、早く家を出たかった人がいるのよ。
今は成人していて距離のあるところで暮らしているの。
大人になってみて、問題の実家関係の人と関わった時に「あんまり何もしてあげられなかったね。ごめんね。」と言うのだそうで。

言わないよりはマシですよ。でもね、どんなにひいき目で見ても、何かをしてあげるしてあげないの話では無くて、完全に虐待なのよ。
本人を含む当事者がそう認識していなくても、完璧な虐待なんです(汗)

まぁ、詳しく書く気は無いので先に進みますね。

その人が地元に用事がある時なんかには、そこに立ち寄ったりする事もあるわけですよ。

「今晩どうするの?」と聞かれた時に「え?自分はここに泊まっても良いのか?」と思ったそうです。
許されるのは立ち寄るまで。そう考えていたのね。
そこには片親違いの妹さんか何かもいるようで、邪魔する立場のようなものなのでしょうね。
つまり、そこで生活していた時がそうだったからそう考えていたわけです。

一応「ごめんね」と言う言葉がね、的外れな内容でも出て来るわけです。
言われる方にとっては「今さら…」なんですよ。これをどう言えば良いのか?少し難しいのだけれど「もう散々やった後じゃん」っていう根があると思うの。

それはそれとして。
結果ってとても大切だと思うの。

「色々あったけど、今は幸せだから。」
この結果があるだけで、しでかした方にとっては救いになると思うの。

それに振り回された本人にとっても、その辛かった過去を終わらせるのに必要な事だと思うの。

聖書的な言い方をすれば「古いものを脱ぎ捨て、新しいものを着る」という作業が必要なのです。

双方に平安が与えられる解決策ってこれしかないと思うの。




クリスチャンがクリスチャンを見ていても、これが大きな節目になっている人は多いと思うのよ。

新しくされる作業。これを通り過ぎた人は、新しい時代を生きている。それを通過していない人は、ずっと古いものに揉まれながら苦しんでる。

あなたがたは、古い人をその行いといっしょに脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。
新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。
コロ3:9〜10


最初に新しくされた時だけでなく、この繰り返しで磨かれているように思います。

だからね、私は過去に留めておこうとする人に苛立ちが出るの。
どうにかするできるなら良いけれど、本人には一切解決策を与えないやり方で足を引っ張られると、苛立ちが凄いです。
それは解決ではなくて一方的な満足です。

何があったのか?
その真実を人に全て話せる事はなかなかありません。
私はネット上に書ける事として、ごく僅かな事だけを、小出しにしてここに書いていますが、そんな事すら、誰も聞こうとはしませんでした。
あるのは一方的な吟味と、一方的に加えられる制裁だけです。

それが終わらない過去として絡みついて、あの辛い日々が私を縛っています。

少し話をまわり道させたいと思います。




とても仲良しだった友人Aがいたとして、なんらかのトラブルで友人関係が終わったとしましょう。

友人関係が終わっているのだから、その時の嫌な思いや受けた傷も、逆にこちら側がつい言ってしまった事ややってしまった事による痛みも、個々で処理する事になります。

双方で歩み寄ったり、理解し合ったりする事が無理な事して決裂するというのはそういう事です。
時間が進む毎に、個々で処理した事というものが増えていきます。
一旦それで良しと解決済みフォルダに格納されたひとつひとつの事は、それもまた、時間が経過するほどに『解決済み』のラベルが貼られた状態で後の時間を生きているのです。ですから、当人や周囲から何を言われても『今さらどうにもできない事』が蓄積しているのです。

個々で進むというのはそういう事なのです。双方で取り組まない限り、終わった関係の結果が過ぎた時間と同じだけ進みます。




時間が経過してからでは、どうにもできない事が増えます。そうすると、つい最近知り合った人物よりも、心裡的距離のある関係が残ります。

だから、その結果皆にとって平安を与える結果が必要なのです。

「今が幸せだからいいよ」と言っても「今は幸せみたいだから良かった」と言うにしても、双方がその幸せに関わる事は無かった事実は残りますが。

あなたが幸せになる事について、私は何もできなかった。手を貸す事も、慰める事も、励ます事も、一緒に努力する事が無かった。
この時間が過ぎた分だけ心裡的距離は広がります。

その人にとって、自分はそういう存在だと自覚して自認しながら、その後の関係を続けるのは、本来の関係が濃いほど難しくなるものです。

それが嫌なら、それが起こっているその最中に、双方が向き合って双方で乗り越える必要があるのです。

それができなかった時間の分だけ、できなかった結果が積み上がっています。
相手にとって、それを乗り越える事が辛かったほどに、その結果の重さがあります。
やっとの思いで色々手放して、新しい日々を新しく生きようとしている事を邪魔しない方が良いです。
乗り越えなければならない障害でしかなくなれば、かえっていない方が良い存在になります。
そうなってからでは遅いのです。




その事について私は無能だ。

これを自認しなければ、何も変わりません。
欠けを感じるなら、埋める努力をしなければならないし、同じ事を生み出す考え方や心の状態を、人一倍努力して見張らなければなりません。
その努力が相手に伝わらなければ、もう2度と信頼される事はありません。
そして、人一倍努力しても、その期間が長かった分だけ、内容が相手の傷になっている分だけ回復は難しいのです。




だから私は、今よりもより良い状態になる事を勧めています。
それが結局、皆の平安になり、慰めになるからです。

まぁ、世で起こる事について、世の基準で見た私の意見ですが。
相手がクリスチャンであれば、もう少し角度を変えて話すのかもしれないですけど。

神を父と呼ぶ関係については、私はなかなかの親不孝者なんですよ。
自慢できる事じゃないですけど。
だから、それを通った者としての考え、経験に基づいた者らしい事ばかりしか言えませんけど。

私は昨日、こう祈りました。

私は感謝しています。私の罪深さよりも、あなたの救いが大きなものであることを。 私は感謝しています。私の愚かな行いを覆うほどのあなたの知恵の偉大さを。
私は感謝しています。私の偽りごとを打ち破るあなたの真実を。
私は感謝しています。愛と恵を受ける資格の無い私に、価値を見出してくださる偉大なる父、神に。
私は感謝しています。このような私に仕える者のようにして働いてくださるあなたに。
ハレルヤ。御名を讃えます。
小さな者を祝福してくださる神である主を、私も祝福をかえします。
あなたの御栄えが、世々限りなくありますように。
イエスキリストの御名により、マラナータ。アーメン。


「こんな日々が続く中で」
「同じ事が続くだけの毎日で」
様々な理由で祈る言葉が見つからない時って、改まってデボーションの時間を作ってみるとね。あるじゃないですか(笑)
「さっきもこれは祈ったしなー」なんて事も(笑)
そういう時は、礼拝の言葉や賛美の言葉を用いる事にしています。
それはそれで必要だから、良い機会です。

今日「何を祈れば良いのか?」と考えてる人は、パクっていいっすよ(笑)

感謝が足りないと思えば感謝を。
信頼が足りないと思えば信頼を。
愛が足りないと思えば愛を。
神との関係で、自分に足りないと思う事をまとめて祈りに使います。

そうしていると、いつのまにか何かしら言うべき事が出てきます。
posted by Mako at 05:16| 一人じゃないよ

2019年12月14日

無能っちゃあ無能なんだけど問題無し!

日本には、呪詛の類で狗神?犬神?どっちの字かな?があるの知ってます?
実際の犬の霊を使役して、相手を呪うみたいなもので、それに憑かれたり祟られた場合専用の神社まであります。
日本は古来から呪詛の文化を持っているので、特に珍しい事ではありません。藁人形の儀式も、ようは呪詛や呪いです。
おまじないの類もそれになります。白魔術か黒魔術かのようなもので、本質は同じです。

私が学生の頃にあった恋のおまじないがあります。
好きな人と同時に校門を出る。校外の境界線を越える一歩を完全に同じタイミングにします。相手の事を思いながら。

呪いと違うのは、相手への好意か悪意かの違いだけであって、相手の意志を考慮せずに、自分の願望を相手に纏わせるという意味では呪いと同じです。




犬神の作り方を聞いた事あります?
本当に酷いものです。

順番が正しいかはわかりませんが、だいたいこんな感じです。

母親になった犬を、頭部だけが出るようにして土に埋めます。
身動きが取れなくなった母犬には飲み食いさせません。
その母犬の前で仔犬を殺していきます。1日でなのか数日に分けるのかは知りません。
母犬に、激しい怒りや憎悪を持たせる為です。
毎日水や食べ物を見せるように置きます。決して届かない位置にです。
そうする事で、どうしてもそれが欲しいという感情を作り出します。
そして餓死する直前のタイミングで、水や餌が犬の口が届く場所に置いてくれる人間が現れます。犬神を使役する人物です。
犬がそれを食べる寸前で、他の人が犬の首を切り落とします。

もう少しで手が届きそうだった無念さと、身動きが取れない身で、目の前で子を殺される怒りや憎しみ、ただ1人、自分に救いの手を差し伸べようとした人への忠誠。これが人を祟ったり呪ったりするエネルギーと使役しやすさになるのだそうです。
ひっどいでしょ?

人の思いや願い、愛情、友情、親切心を使って人をコントロールする事は、これに似ている部分があると思います。




人に対する怒りや憎悪は、自分自身の無能さの裏返しだと思います。
私は、人から愛される能力が欠けているのだと思います。
それについては無能なのです。
現実の問題として、もう随分長い間「はじめまして」と挨拶する前から、私を嫌いな人が多いです(苦笑)

そんな中でも、私に親切にしてくれたり、好きになったりしてくれる人は、まず外国人でした。何があったのかなんて知らないくせにレッテルだけ貼るような人物もその中にはいません。

だから、私の無能さは、日本人には特に濃く出るのでしょうね。

これをどうにかする為に、なんの関わりもなければ、別にたいして知りもしない人物の言葉に振り回されるのなら…
このままで良いと考えています。
私が悪意を持って、何か報復的な事をしないでいられればそれで良いです。だから私には自制が必要です。

その事について無能であっても、世界に目を向ければそうではありません。
だから、特にこの事で悩む必要も無いと思います。

相手の要求に応える私が、本来の私から出た自然な事で無いのあれば、結局いつか振り出しに戻ります。そんなものは時間の無駄です。

人は、自分の無能さを認められない事が多いです。
しかし、それで欠乏を感じるのなら、自分でその無能さを、有能に変えなければなりません。
悪習慣なら気をつけて自分を見張る必要があるし、足りないなら得なければなりません。不足は補充しなければならない。
欠乏を感じないのなら、それはその人の個性だと思います。
個性が受け入れられないなら、受け入れられる社会を開拓すれば良いのです。

相手に怒ったりする時間をそちらに使う自由があるなら、そうするべきです。
だから、何度壊されても、私はそちらの努力を続けるよ。

仕方がないから。これを動機に何をやっても虚しいので。

posted by Mako at 06:12| 日記

2019年12月13日

避けたい人間関係

恋愛について話す時「好みのタイプは?」とか「理想の男性像は?」と聞く人がいるじゃない?
昔はこう思っていたの。

「優しい人」と答えるのは馬鹿だ。好きな人には、最初は誰だって優しいじゃない。
下心で近寄ってくるだけの人だって優しいでしょ?
DVに苦しむ人だって「どうして別れないの?」と聞けば「普段はとっても優しいの」なんて言ったりする。
優しくてもクズじゃ意味がない。
また、好みや理想を聞くのも馬鹿げてる。何様のつもりなのか?
大好きになった人に大好きになってもらえればそれでいい。
相手が別の人を望むなら、その人の幸せの為に身を引くべきだ。
愛は相手の為に自制できる。
「こんなに好きなのにどうしてダメ?」と何度もトライする女はアホだ。
相手が好きなんじゃ無くて、自分が相手を欲する欲が好きなのだ。だから無理強いする。


今は、少し?結構かな?変わってきてはいるよ。
好みのタイプより、理想の人より、そもそもそんなものは持っていないのだけれど、避けたいタイプはあるの。




どうしてこの人は、こんなに酷い事ばかり言うのだろう?
そういう経験が私にはあるのね。

その理由ってさ。いや、言い訳ってさ。本人に直接聞いたわけではないけれど『自分の思い通りに相手を動かしたい』事に根を置いている場合が多々あると思うの。
今になって考えるとね。

こんな事を言えば、きっとこう考えてこうするはずだ。という考え。
これって対人関係としては本当に酷い事で、そんな人と関わっている限り、相手が何かを望むたびに、いちいち嫌な思いや悲しい思いや体験をしなくちゃならない。

「おまえじゃなくてあの人と付き合っていたら、もっと〜だっただろうに。ハズレくじ引いたわ」みたいな事をね、別れる気があっても無くても言う。
これに言い訳の機会を与えればきっとこう言う。
嫉妬や競争心的な感情に火が点いて、もっと自分に尽くしてくれるに違いないと思った。
尽くすなんて言葉を使うかは疑問だけど、そんな事を言うのだろうなと。

私はそういうタイプの人間では無いので、それで何かを改善したり改めたりする事は無い。
仕方なくそれに乗っかってやり過ごす事はあっても。その理由は、これ以上思いや心を傷つけられたくないから。これに尽きる。

相手の行動や考えを支配できるというたかぶりは、私は大嫌いな事です。
その為に相手を傷つけて良いのなら、別れた方が良いと思う。




「私と付き合ったらどこに連れて行ってくれますか?


こういう事を言う人の心って「私・僕と付き合ったら何してくれるの?」という価値観の人なのよね。
とっても失礼な事だと思うの。私はね。
理由は、自分にとって良いものを基準に相手を値踏みする行為だから。

これも建設的な関係では無いでしょ?まず自分。だからその後も結局同じなのよ。良い成長なんて無いと思う。




私は、自分が愛する人というのは、自分の心をどこまで提供できるかで決まると思うの。
どこまで侵入をゆるせるのか?お互いにどれだけ行き来できるか?
目に見えないから難しいけれど、目に見えない事がどれだけ見えるか?が、心や思いの行き来の度合いによると思うので、結局見えるものでもあると思うの。

伴侶やパートナーとは信頼が大事でしょ?信頼している人に心の壁は必要ないでしょ?

そうして深いところまで行き来ができるようになれば、双方の心を自由に行き来できる子供がいても大丈夫な関係になれると。そう思うの。
子供は外からの侵入者じゃなくて、双方の行き来できる領域が重なってひとつになる事で生まれてこなければいけない。




私にとって、いちいち嫌な思いや悲しい思いをさせる事で、意図していた行動を相手に促そうとする人が本当に嫌い。

昔から言ってるけど、嫌味や仄かしもこれに入る。

私には、結局かなわなかった夢があるのだけれど…
こういう人は、私の夢を破壊した加担者にしか過ぎないのよ。ほんと大嫌い。

こういう人は、どのような対人関係の相手でもマジで避けたい対象です。
posted by Mako at 02:00| 日記