2019年11月17日

日本の文法と英語勉強はつながってるのになぁ…

入試に民間試験を入れようとかでベネッセが色々とあれだったんですが、それってあれよねぇ…

意味わかりました?(笑)
わかるわけがないですよね(笑)
あれって何よ?ですもの。

TOEICが流行を始めてから、従来の日本での英語教育が否定されてきました。私は肯定派なのです。
文法というルールに沿いながら、日本語を英語に訳したり、英語を日本語に訳したりする従来の方法は、勉学としての英語を習得するのに素晴らしく役立ちます。
「実践で使えないじゃないか!」という指摘ですが、単に使う事に慣れていないだけです。価値があるのはTOEICスコアより英検です。絶対に。と私は言い切ります。

2020年から、日本人の国語力低下を補う為に『論理国語』が教科に追加されます。
私が思うに、従来の英語勉強法を続ければ、どの大半は補えると思うのです。
というか…
そこを否定するようになってから、国語力が落ちてきていないでしょうか?

日本が日本語の文法を学生に教える時、かなり中途半端です。それを、勉学として英語に触れる事で補ってきたではないですか?

主語と述語、動詞や形容詞に目的語というものは、日本人が日本語で説明するのに難しいと思いませんか?

私は、イタリア人にイタリア語を教えて頂きながら、私はイタリア人に日本語を教えるという形で、イタリア語のわからないところを補ってきました。しかし、母国語は日本語なのに、役だったのは英語を勉強した時の知識です。




日本語は語順を入れ替えても意味が伝わるので、語順に厳格なルールがありません。ですから、主語と述語と修飾語にばかり集中してしまうのですよね。

  • 春になると、庭にチューリップの花が咲きます。
  • チューリップの花が庭に咲きます。春になると。
  • 庭に咲きます。チューリップの花が春になると。
  • 春にチューリップの花が咲きます。庭に。


どの語順で言っても意味は同じ。これが日本語のルールです。ですから、主語と述語をハッキリさせて、どれが目的語でどれが形容詞なのかという分類ばかりを学習してしまうのです。




ひとつ試してみませんか?

[問]
次の文の意味が分かりますか?

コーモジュッリョヴァカンツェロマーネルチア見ました。

わかったら秀才かもしれません。日本語だとわかりやすいので、イタリア語単語をカタカナで入れました。
日本語の文法教育がメインに教えている通りに語を並べました。
小学校の1〜2年生の時に、国語で学ぶ大事な言葉を追加するとこうなります。

コーモジュッリョヴァカンツェロマーネルチア見ました。
これで少し理解できましたか?

あと足りないのは単語の意味ですね。

・コーモ=イタリアの地名。
・ジュッリョ=イタリア人男性の名前。これを女性の名前にするとジュリアになります^^
・ヴァカンツェロマーネは映画ローマの休日のイタリア語名です。
・ルチアはイタリア人女性の名前です。

少し直しましょう。

コーモでジュッリョが(映画)ローマの休日をルチアと見ました。

ようやく意味が分かりました。
もう一度初期に戻しましょう。

コーモジュッリョローマの休日ルチア見ました。

ね?やっぱり意味がわからないでしょ?日本語で絶対に必要なもの。それは助詞です。主語述語より大事かもしれません。

助詞を入れた文に戻します。

コーモジュッリョローマの休日ルチア見ました。
さて、ここで助詞と文の構成を考えてみます。

最初からわかっている『見ました』は述語です。主語はジュッリョです。
日本語の文法では、主語と述語にかかる言葉類を修飾語として片付けますが、それで大丈夫か?を確認します。主語と述語以外の言葉を、ひとつずつ引いていきます。

  • ジュッリョがローマの休日をルチアと見ました。
  • コーモでジュッリョがルチアと見ました。
  • コーモでジュッリョがローマの休日を見ました。


真ん中の、『コーモでジュッリョがルチアと見ました。』だけが釈然としません。言葉が足りないので「何を?」と相手に質問させてしまいます。それぞれの単語を『で』『が』『を』『と』で繋ぎました。この『を』で繋がる部分が、主に日本語文法の目的語になります。

主に述語が動詞の場合、述語にかかる言葉に目的語が無いと意味が伝わらなくなるのです。これが日本語のルールです。




日本では、学校教育に英語が科目としてありますから、外国語の文法を学ぶ事で、日本語の文法を意識せずに学んできました。
『コーモでジュッリョがローマの休日をルチアと見ました。』この一文だけでも、主語は何で目的語が何、前置詞は…という事は考えません。しかし、英語に訳したり日本語に訳したりする事で、学ぶ機会があったのです。

従来の英語勉強法は、勉学としては間違っていないのです。
実践の機会を与えるだけで良く、国語の科目を増やす必要は私には無いと思えます。

ペラペラと無駄口が叩ける事よりも、正確に理解できる事や伝える事ができる方が勉学として優れています。
習得と勉学は違います。習得ばかりに気を取られた結果、他が足りなくなるのは馬鹿げていると思うのよ。

日本のお偉いさん達は極端なのよ
posted by Mako at 18:49| 日記

2019年11月16日

チョコレートケーキで例える信仰的な話

私は、あるお店のチョコレートケーキを食べる時、チョコレートケーキの上に乗っている生チョコ風の固形チョコ口に含んでこう思います。「あー、生まれてきて良かったー!」
しかし食べ終わってたいして時間がたたないうちにこう思うのです。「生まれて来ない方が良かった。」

チョコレートごときでそう思えるほど、困難や苦しみが軽いものだという事ではありません。そのチョコレートを口に入れた程度でも、自分の為だけに使える時間と行動に幸せを感じるのです。まぁ、美味しいという事もありますけど。それ、本当に美味しいの(笑)

それと同じような事を、神さまに言う時があります。「あなたは私にこんな事(が起こるのを)を許しながら、一方で私を固く保っておられる。私にはそれがわからない。」私はわからない事と知っている事をよく並べて神さまの前に置きます。
「一体あなたはどうしたいのか?」と言わんばかりの様子ですが、責めてているのではなく、御心を求めています。
時には信仰の目が開かれ、素直に見つめる事ができるけれど、目を逸らす事もあるし、本当にわからないまま過ごし続ける事もあります。
他のクリスチャン達となんら変わりはありません。

でも、わからない事については、幼児が親に「なんで?」「どうして?」とまとわりつくように、その周りをウロウロしながら、ずっと質問していたいのです。

しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。
ルカ10:42


自分の行動を、聖書で根拠付けするのは…少し図々しい気もするのですが、私の芯を健全に保つために必要な事なのです。それなら、それは良い事です。
私は義を持ちませんが、義の太陽を持っています。私はその義をどうしても着なければなりません。その芯を保つために必要なのです。

駄々っ子のように自分の気持ちや言い分ばかりを並べ立てては反省し、甘えて自由に動き回っては転んで泣き。
そうやっていちいち関わっていたいのです。
この思い出の日々が、未来の私の住まいの家財となります。
嫌な人も苦手な人も私の宝です。その住まいで、私の住まいの庭に集う人かもしれないからです。
けれど、呪いは避けたいのです。呪いを受けるものには触りたくないのです。
クリスチャンしか何を言っているのかわからないと思いますが、これは矛盾しているでしょうか?

そしてね、私は自分自身にかかる呪いについては、能天気で何も考えていません。そこも時々、それでいいのか?と思います。




私は日本人は「究極の人間主義」だと考えています。
創造主を知る人が文化圏にある国の人々は、性善説には決して立ちません。私もそうです。
しかし、日本人に限っては違います。その認識の違いが「日本人は宗教や神が無くても、道徳的である」という誤認を生んでいます。
「皆が良いならそれで良い」は「皆が駄目だと思えば皆が許さない」という事です。日本特有の村八分は、この文化圏から生まれます。
審判者は、常に誰かなのです。

信仰するものについてもそうです。
大事な事、肝心な事は、お天道様やら神々やら仏さんやらに丸投げします。
だから、日本人は「責任の矛先」を見届けるのが好きです。何かが起これば「誰が責任を取るのか?」に関心が集まります。やっぱり人なのです。
良し悪しの基準も人、責任を取るのも人、生活水準さえも人を基準にします。

たぶん、日本人ほど「平均」である事に安堵する民族はいないのではないか?と思う時があります。

現代に生まれて現代の一部しか知らないくせに、「日本人はガチでシュメール文化を続けてるのか?」なんて突拍子もない事を考えたりする事もありますが…

私は、日本人が大好きです。日本の景色が大好きです。日本の海も、小学生がランドセルを背負う事まで好きです。
女性アイドルやアーティストが人気になると、同じような髪型とメイクだらけになってしまい、世代の違う人には皆同じにしか見えなくなる風景も好きです。
でも、嫌いな部分もあります。
髪に色々な色をつけたがる人達です。
赤・緑・紫にオレンジ…
パンクファッションが似合う白人(この呼び方も良くないけどね)ならまだしも、さすがに日本人は嫌だぁ…。
海外の人がそれを見るのが恥ずかしいと思う事がある。
私が嫌いにならないのは脱色までですわ。

アメリカンスタイルのバイク乗りを意識したおじさま達は、可愛く見えるのになぁ。

同じようなサングラスをかけても丸い鼻とか(笑)
めっちゃ可愛くないですか?わらわら
同じように丸くお腹が出ているTシャツ姿も、バイクを降りた時の足の長さが全然違う(わら
かわぇぇわーい(嬉しい顔)

私は明日も日本人だけど、目覚めたら即日本語を排除して外国語の復習をするよ!ちょっと現地の人に詳しく話を聞きたい事があるんだ。でも、語彙の面でも、文法というか表現の違いも、私の力量では足りなすぎるんだよ。
あとどれだけ頑張れば足りるのかわからないけど、もう少し頑張りたいんだぁ。
posted by Mako at 18:47| 一人じゃないよ

2019年11月15日

うーん…どうしたものか…

単語の書き取りに、単語帳アプリを使っているの。

この単語帳アプリがお気に入りでずっと使ってるんだけど…



表面の読みと裏面の読みをそれぞれ、日本語とイタリア語で設定してるのよ。

それでね、問題なのがさ、イタリア語の名詞には男性名詞と女性名詞があるんだけどね、動作主が男性か女性かで変わるものが結構あるの。

例えば医師だったら、総称としてはmedico(メーディコ)があるけど、男性の医師にはdottore(ドットーレ)、女性の医師にはdottoressa(ドットレッサ)が個別にあるのよ。
複数形では更にそれぞれ語尾が変わるんだけど、それは特別な場合を除いてルールが一緒だから入力してない。

キャプチャしたのは、今日作る単語帳の作成途中のもの。

スマホにヘッドホンをして、自動単語帳めくりで再生を始めてさ、日本語が聞こえたらA4のコピー用紙に書くっていうやり方をやってるの。
1冊の単語帳を50〜60の間で作ってるのよ。でね、男性女性を分けなくて良い単語と、分けなければならない単語がひとつのカードに混在してるとやりにくいわけ。
別のカードに分けると、同じ単語なのに答えが違うカードが存在しちゃうのでどっちかわからないし、読み上げとめくりの時間もカード数も増えてテンション下がるの。

なぁーにかうまい方法はないかなぁ?

書く時頑張って発音もしてるよ!
例えば、以前L(エッレ)の発音を指摘されたことがあるので、丁寧にやってる。
英語と舌の動きはたいして変わらないけど、イタリア語は少し歯に空気を当てる摩擦音楽あるの。前歯の裏あたりに舌を当てて、無音でフーフー息を抜く音にルを混ぜる感じかなぁ?
ドイツ語ほど派手にはやらないけど、単独でやらないと日本人には出しにくい音よねー。特に文章中に入る時や会話の中に入ってるとさぁ。
R(エッレ)は巻き舌だから、英語よりは少し区別がラクなんだぁ…

ってか、単語帳の性能に悩む…
もう少し使いやすくなる使い方を考えなくちゃなのよ。

単語帳1冊を書き取りながら回すだけでも、それなりの時間食うから、システム上の理由で書き間違いみたいなミスは減らしたいんだよぉ〜ふらふら

良い方法見つからないかなぁ…
posted by Mako at 19:46| 日記