2019年08月09日

携帯の写真フォルダ整理したい

今更新しようか悩んでるそうめん。

IMG_5667.JPG

そうめんに豆腐で作ったソースを乗せたのよ。タンパク質が欲しかったの。
もう一味欲しくて更新保留中。

保留中だからと写真を携帯に保存したままの物が結構あるの有料
1度作るとなかなかその後作らなかったりして、あともう一息のまま止まってるんだ。

いつまでも手をつけないなら、Googleに一度保存して携帯から消そうかしら?

それやっちゃうとずっと忘れそうなんだけどふらふら
写真は結構容量食うでしょ?




最近おやつと言えば白玉粉が多くてね。今頭に浮かんでるのも白玉粉利用のおやつなの。
まだ作るか悩んでるけどね。

夏なのに白玉粉ばかりが浮かぶって?
そういう時期なのかな?私。




浅間山がヤバイとかで、料理どころじゃなくなるかもなんだけどダッシュ(走り出すさま)
浅間山は起爆剤になるとか、色々情報が飛び交ってるから不安ですわよ。
posted by Mako at 20:31| 日記

紳士・淑女=大人

「Hi everyone!」と挨拶をする少女。可愛いですよねー!
こんな小さな少女がエルヴィスを弾き語りしちゃうところ、どう思います?






私は少女に、大人と子供の境界を見る事が出来るのです。

「hi everyone!」と挨拶している時の少女が子供の顔。
弾き語りを始めた少女の顔が大人の顔です。

演奏しているのも歌っているのも子供です。何故そう見えるのでしょうか?それを書きたいと思います。




子供というものは可能性に満ちているものです。その為次のような特徴があります。

  1. 欲しい物が多い
  2. やりたい事が多い
  3. 躊躇せずチャレンジ出来る


子供というものは、やりたがりで欲しがり屋です。弾き語りを始める前の彼女は、自分がやりたい事を控えている状態です。だから、大変子供らしい表情をしています。

逆に、大人の特徴って何でしょうか?

  1. 出来る事が多い
  2. 知っている事・わかっている事が多い
  3. 与える事が出来る


大人が同じビデオを作るならば「私はそれができるし、上手くやる方法も知っている。ビデオを見る人に満足を与える事ができます」という姿勢で始まります。

いえ、正確に言えば、その状態に近いほど『完成された大人』なのです。

少女の顔は、弾き語りを始めると『やりたい人から出来る人へ』と変化しています。それで私には、子供が大人の顔になったように見えるのです。




結婚は『大人』だけに許されるべきだと思います。
特にプロポーズはそうです。

「私はあなたを幸せにできます」
「私はあなたを愛し続ける事が出来ます」

『出来る』と言い切る為には、それを成し遂げる大変さも理解していなければなりません。

「どんな困難も、私はあなたと一緒に乗り越える事ができます」
「あなたが弱わっている時、私はあなたを支える事ができます」

この出来るは、あらゆる状況を想定して言えるものです。数が多いほど『知っている・わかっている』事になります。

これらを総合すると『与える』になります。

「私はあなたに愛を与えます」
「私はあなたに幸せを与えます」
「私はあなたに手助けを与えます」
「私はあなたに励ましを与えます」
「私はあなたに慰めを与えます」

クリスチャンにとって、これを完全に与えてくれる人生の伴侶はキリストです。
キリストは『人に与える』事に関しては右に出る者はありません。逆に『与えずにいられない方』という人格を持っています。
キリストの話は置いておいて…

これが大人であり、子供の逆です。

子供は与えるのでは無く受ける者なのです。

「愛して欲しい」

この欲求は、異性に対して願う最初の欲求かもしれません。

『愛を与える』のでは無く『愛を欲しがる』者同士が、大人の真似事をするから傷つけ合う事になるのです。



続きを読む
posted by Mako at 06:00| 日記

世界情勢が影響する経済活動ー昨日の続きー

昨日は、国家と国家の関係ひとつでも法律が動いてしまう事。
これをちょこっとかいつまんで書きました。
こういう事で法律が出来て、一般の経済活動に影響する。
その原因は国が動くからですね。

そういう事で国が動いて法律が出来、国民の経済活動に影響するという面でですね、私が「おいおい、何してんのよ?アホかぁ!」と思った事があるんですよ。

平成29年度に国会で組まれた補正予算。この中に『ものづくり補助金』っていうのが入ってるんです。
これの次期受付が、来年国会の常会会期中になりそうだって見込みが出てるんですよ。

これはね、『シェア自転車事業』への補助金です。
自転車を商店街や駅前に並べて自転車をレンタルするサービスですね。
同じ事業者の自転車置き場に返却すればどこに返しても良いなんてサービスが使いやすかったりします。そういう事業です。

これの補助対象事業者に認定されると、当面の間固定資産税が相当額(半分くらいかな?)減額されたり、事業を始める為の設備費の優遇融資(利息も含めて)が受けられたりするのです。

これは、2019年に提出された補正予算から捻出される国庫のお金によります。

さて、これも勿論法律に基づいて動くわけです。「おいおい…」と私が思ったのはここです。



続きを読む
posted by Mako at 02:53| 日記