2019年08月11日

癒しの音色

前回ハープという楽器から書き始めたんですけどね。
あれって、人に例えられると思うのよ。









大きなハープでは、立琴ってイメージがわかないでしょ?だから『ケルティック』の動画を貼ってみるよ。

立琴のイメージ。持てた?
ダビデは王になる前は、どんな音を奏でて先代の王様を癒したのでしょうね?

ダビデに槍を向けるサウル王の絵です。

IMG_5667.JPG
Wikiより

サウル王は、神がダビデを選んだ後、現代で言う鬱病のような状態になりました。
これをそのまま鬱病と解説する教師達がいますが、私は、聖書の記述通りに『主がサウルを悪い霊に渡された』と解釈しています。
だから、ダビデの命を執拗に狙ったのだと思うのです。
まぁ、この話はまたの機会に。

サウル王の精神面?具合が悪くなると、ダビデが立琴を弾いて聞かせました。
私は、メイン楽器はクラシックギターなのですが、昔は羊腸で作った弦を使った楽器でした。
現代はナイロン弦です。
昔、羊腸で作った弦は、癒しの効果があるとされてきました。
サウル王の時代の弦が、どのようなものかわかりません。きっと、羊腸のように、人に癒しを与える音だったのだろうと思います。

陰謀論なんかでも言われているので有名になりましたが…

ギター等、楽器のチューニングをする時は『440hzのA(ラ)』に合わせます。
昔は432hzだったかな?でした。
そっちに合わせると、ウネリ(耳で音を聞きながらチューニングする人にはわかるかも?)が一切無く、全てが調和するそうです。

それに合わせた音を聞くと、人の自己回復力が上がったりするとかなんとか。
それでYouTube上にも、その調律の音楽が溢れています。

※試さないでくださいね!そのほとんどがスピリチュアリズムにのっとったものです。
それを聞くなら、バイノーラル録音された焚き火や川、雨、海の音を聞く方が良いと思います。
432hzの調和が事実なら、自然界に存在する自然の音に含まれているはずですから。

スピリチュアル系のあやしい音を聞くなら、創造主が造った本来の音から癒しの調律を楽しむ方が良いです。




話を戻して…
ハープと人が似ていると言うのはですね…

人を構成する要素が弦に。
気分を上下するのがペダルに。
そんな風だなぁと思うのです。




続きを読む
posted by Mako at 17:00| 日記