2019年08月14日

例のアレら

人が幽霊やオカルトを見るのは、不安で怖いからだと思うのです。

未来の不安があるからオカルト(予言・占い)に頼る。
死が怖いから、死後の人(幽霊)を作る。
こんな感じで、その理由に因果を述べる事ができます。

私の父は亡くなっています。これを理由に「私は父の幽霊を見た」と言うなら、おそらく、死後の人としての父のあり方。これを無意識にイメージしている結果です。

前回の投稿で、わざわざオカルト系の動画を貼りました。

『どのような所以でそこが心霊スポットとなったのか?』

これだけわかれば良いのです。




悪名高いローマの皇帝ネロ。彼は自分の母を殺したと言われています。

なんの話だったか忘れましたが、ネロの耳にも届く噂がありました。

「あの海(湖かも?)の岸を、夜な夜な女が泣きながら歩く。」

夜な夜な歩く女なのだから、生きている女とは思えません。そして、ただそれだけの噂をネロが気にするとも思えない。

「あの海の岸を、夜な夜なネロの母が泣きながら歩く。」

ネロを憂鬱にしたり、罪悪感で落ち込ませたりするには良い噂話です。
まぁ、ネロについては色々な話が残っているので実話かはわかりません。
でも、仮に本当だったとすればとしてください。

あるローマ兵が、急ぎで宮殿に向かう為に馬を走らせていた。たまたまその馬の足に蹴られて女性が亡くなってしまった。

このローマ兵がこの話を後に聞いたらどう思うでしょうか?

答えは簡単ですよね。ネロの話と同じです。




そこが何故心霊スポットとなったのか?
この情報が予め知らされる事には、理由と意味があります。

見て欲しい物を統一する為です。

「あの岸を女が!」
「いや、俺が見たのは怒り狂った男だったぞ!」
「何言ってんの?子を連れた母でしょ?」

見る人によって違って欲しくないのです。
あ、遅れましたが、私は、読み手をクリスチャンと想定して書いています。
ついでに言うと、恋愛や結婚系の話を書くときも、ある人を考えながら書いています。幸せな結婚生活をおくって欲しいので。



続きを読む
posted by Mako at 20:12| 日記

境界が曖昧な2者

動画配信者とユーチューバーの違いで、心スポ(心霊スポット配信)の差っていうのがあるんですよ。

何故か人が集まりやすいし再生されやすいので、どちらも好む傾向にあるんです。

▼冒頭部分しか再生しちゃダメですよ。


お化けがいると言い切ったり、根拠がハッキリしない霊障で金稼ぎする一部の人を儲けさせたり宣伝する事になる。だからTVは、安心安全な作り物を扱うようになっている。
こういう事情で出来ている番組は、ホラーファンは満足できないようです。
ヤラセか作り物かわからないユーチューバーの心スポ動画よりも、ライブ配信の方が人気が高そうです。




一方で『都市伝説』という語りや解説メインになると、配信者がダメダメが多くてですね。教祖的配信者と、信者的リスナーで構成されているの。だから、安易に間違いを指摘すると『敵認定』という素晴らしい扱い(苦笑)を受けてしまいます。
コメント欄やSNSでフルボッコにされます(笑)

YouTubeでやってる側は、このような事は比較的少ないです。
今も夏の都市伝説マラソンのようなイベントをやっています。

https://youtu.be/MaH8MYsAtvo

問題は、YouTube側が都市伝説嫌いという事でしょうか?




配信者もユーチューバーも似ているのに全く違う。それなのに境界が曖昧ですよね。
posted by Mako at 06:32| 日記