2019年09月07日

レヴィナスの『責任論』から〜責任の分散化2

仏国の エマニュエル・レヴィナス という哲学者の『責任論』から、少しビジネス論っぽい事を書いてみたいという試みの5回目!
少しはビジネス論っぽくなってきたかなぁ〜?だったら成功なんだけど。
ビジネス論なんてだいそれたものは書けないのでね、それっぽいお話をってことでやってます。

▼前回のまとめ。
  1. 無責任ほど他者が嫌うものはない
    「責任を取れ」という人が多いほど無責任嫌いが多い。

  2. 『責任』の分散
    責任を小さくして他者を頼り、基盤を固める。


今回は別の角度から『責任』ある関係について考えてみたいと思いますよ。




分散するほど責任が減る



前回は喫茶店の開業を例に、レヴィナスの責任論を応用しました。

起業した以上責任があります。援助や投資、融資してくれた方々への責任。
養わなければならない家族や従業員への責任。

責任の数を数えてみれば、開業前よりよっぽど増えているかもしれませんね。責任の重さはもっと増えているでしょう。

書き始めの頃から『責任』は、自身を縛る黒魔術にもなるし、進む手助けにもなる白魔術にもなると述べてきました。

起業とは別に、既に会社を運営している場合もそうですが「どう責任を取る?」と自身に問いかけ過ぎると、行動を制限し過ぎて機会を逃してしまうものです。

逆に『責任』を分散すれば、個人が負う責任の重さが軽くなり、フットワークが良くなります。




分散された責任で道を広げる



喫茶店の例でも、客足、売り上げ、仕入れ、戦略、広告…
1人で背追い込むほどできない事が増えるのです。

例えば、経理をしている自分が「どう広告をしようか?」と考えても、金額の壁とぶつかります。
しかし、一緒に起業した営業担当がアイデアを出せば違います。効率や方法を『営業としての責任』で打ち出してきます。

『金庫番としての責任』を負った者と『営業としての責任』を負った者との折り合いの方が、より効果と対価の関係が出やすいのです。

自分が負うべき責任を、あえて手放す。そうすれば、1人にかかる責任が小さくなるので動きやすくなります。
ワンマン社長とは程遠い話ですね。




責任は分散出来るだけした方が良い



会社組織の中でも、特に小規模オフィスには『責任の分散』が効果的だと考えます。

  • 来客の時「いやいや、お茶はAさんに入れて貰って。評判いいから!」
  • コピー機が詰まった時「業者を呼ぶよりBさんに見てもらった方が早い!あの人は前の時もちゃっちゃと直したから!」
  • 取引先への手土産なら「それならCさんに任せよう。あの人はセンスが良いからね!ひとつセンスの良いのを頼むよ!」


他に会議の進行役や接待の時にいるべき人など『あの人がいなくちゃ』という『小規模責任を負う場』を与えてしまいます。
お茶と言えばAさん、機械ならBさんと、皆が勝手に連想するような『責任を負う場』を、まずは小規模ベースで与えていくのです。

初めは「Aさん頼むよ」「Bさんお願い」と言っていたものが、AさんもBさんも、自然に席を立ってやるようになります。

A「来客のお茶なら私が」と、先に動いた人を止めて自分が動くようになる事も。
B「調子悪い?見てやろうか?」不具合を訴える前に自身が申し出る事も。

負担にならない程度に『自身の責任を全うする場』を分散して与えていきます。
しかし、責任の帰属先は必要です。

「なに、何かあれば私が責任を負うよ。」という後ろ盾です。
「あいつの責任もこいつの責任も自分が?」と『責任』の黒魔術にかかってはいけません。レヴィナスを思い出しましょう。『そもそも責任が取れる人なんていない』のです。

まぁ、無責任は嫌われますし攻撃されますから『無責任』を出すわけにもいきません。
だから、『本来なら自分が負うべき責任の数』を分散するのです。
誰がやっても、どの道自分の責任の範囲内ですからね。自分が負うべき責任が手元に帰ってくるだけにしておけば良いのです。




分散こそがひとつの責任



本来なら自分が負うべき責任を、分散して下請けに出す(笑)と、小さな責任を負う人の数が増えます。

「あそこの部長さんは熱いお茶が苦手だし、課長さんはコーヒー派だから」というような情報も、自分の責任でやってくれる人がいればこそです。
いつも誰か手の空いた人が適当にでは無理なのです。

これを、会社を訪問した側として考えてみてください。
自社の事をよくわかってくれる取引先に思えませんか?
小さな事にも誠実に対処できる会社に見えませんか?

『分散した個人の小さな責任』が、全体のイメージやパワーを勝手に上げてくれるのです。

誰かが失敗しそうになった時も、『分散した個人の小さな責任』が、大きな失敗に繋がる前に勝手に動いてくれる機会も増えます。

『責任を分散』した事により、1人で責任を負う時以上に『大きな責任』を強固にするのです。

肝心な時に何かが足りないとか、連絡や連携不足を自動的に補い合うので、『大きな責任』が揺らぎにくくなるのです。

Bさんがコピー機を見るおかげで、トナー類やインク類の備品もいつも適度に補充されている。

接待の時には必ずいるべき人がいるおかげで、大事な取引先の記念日や祭典を蔑ろにせずに済むとか、必ず名刺がストックされているというような事が起こります。

この小さな事ひとつが全体の土台となるのです。

「仕事だから」と『無責任』を嫌う環境は、その人自身に『責任』を与える事で起こせます。
ただ言われた事をやっただけや、たまたまスケジュールが空いていたのでやっただけの集団では持てない土台です。




レヴィナスの「責任を取れる者はいない」という結論から、色々言いたい放題言ってみましたが…
どうでしょう?
哲学。好きですか?
私?うーん…「やっぱり嫌いだぁ(笑)」
でも役には立つんですよね。

次回ビジネス論っぽいものを離れたおまけを書いて終わりたいと思います。
Ciao!!
posted by Mako at 22:10| 日記

「おかしい」って言い過ぎ

世の中にはさ、色々な事があるでしょ?

一方的に、何も知らないのによ?自分の知ってるその人の事なんてごくわずかでしか無いのに「おかしい」って決めつけ過ぎだと思うのよ。

ネットなんかでも、勝手に他人の病名診断までする人いるでしょ?




昔ね、真下に住んでる人が「うるさい」と良く言う人だったの。
「ドアの音がうるさい」
「足音がうるさい」
「あれがうるさい これがうるさい」
もうね、ノイローゼになりそうだった。
ドアの音も、ネジの締め具合を変えればゆっくり閉まって静かになると言われてやってもらったの。
ドアが閉まる1/3ぐらいでゆっくりになって静かに閉まるようになったのよ。それでもうるさいって(苦笑)
敷物を敷いたり色々して、それでもうるさいって何よ?とイライラしてたの。

家にいる時は、ほとんど座って編み物してるだけなのにうるさいと言われた時は、「それうちじゃねーんじゃね?」って思ったわ。さすがに。

下の部屋から上に向かって「うっさい!」って大きな声で言うのよ。

もうね、対処するのに余計なお金使ったりもしてストレスも溜まってたし、イライラも溜まってたしで『ドーン!』って思い切りジャンプした事があるの(笑)

いや、私も悪いけどね(笑)
もー限界ってなってたのよ。

それだってさ、散々色々あった長い時間を無視すれば「あの人騒音出してうるさい。おかしい」って言えちゃうじゃない?




ある女性の家にね、ベランダから不法侵入してきたおばさんがいるのよ。で、そこの住人にすっごい文句を大声でまくしたてて大変だったの。
掴みかかってくるしね。で、警察を呼んで連れて行ってもらったんだけど、それっきりなんの連絡も無し。
ベランダのガラスを割られているので弁償して欲しかった女性は、警察に連絡を入れてみた。
どういう会話をしたのかわからないけれど「連絡先は教えられない」と言われたのだそう。

しばらくしてその女性は訴えられちゃうのよ。不法侵入してきた女性に。
わけわからんでしょ?被害者なのに。

夫の浮気相手と間違われてたの。

同じマンションの最上階の女性と浮気をしていたのだけど、用心深かったその旦那さんは、手前でエレベーターを降りて階段を使って浮気相手の部屋に通ってたのね。
で、いつも降りておるその階に住むフロアーに住む女性が彼女しかいなかったの。それで間違われちゃったのよ。

結果を聞けば「あー。そういう事ね」ってなるけど、知らなければ、頭のおかしいおばさんでしょ?
不法侵入してくるわ、怒鳴り散らすわ、訴えてくるわ。
おかしいのはそのおばさんじゃなくて、それをやるまで追い詰めた夫と浮気相手なんだけどね。




人って、人がいる数だけストーリーがあるものでしょ?
環境や背景、事情によって違う。

夫や妻が浮気した場合、中国ではね、現状をそのままにして家を出て大きな声で浮気された事を主張するっていうのがあるの。
その場で見ればわかる状態にして被害を叫ぶことで証人を作るんだってさ。

これ、日本でやられたら「なんだ?あいつ?」ってなるでしょ?




他人の事を良く知りもしないのに、勝手にあれこれ決めつけるのはレッテル貼りだし、噂を振り撒けば毀損行為でしょ?本当に失礼だと思うし、相談できる人や気にかけてくれる人がいないせいで悪化してたとすれば、あんたのせいかもよ?今の現状って思ったりもする。

私はネットでもリアルでもこういう人達は避けたいの。
おまえさんはなんの専門家だよとw

私は早く天国に行きたいので、本当におかしくなってる人だとしてもね。近寄ってみても良いかなぁ?とちょっと思ったの。ある人にね。別に死んだからと言って困る事も無いし。
お菓子なり料理なり持って行ってみようかなぁ?と。ちょっと考えながら明かりのついた窓を見ていたの。

でもあれだわ。「不動産屋に連絡して出て行かせる方向で…」なんて通報した人達が話し合っていたのでやめた。どうせいなくなるのだろうし。
まぁ、怒って当たり前と言えばそうだからね。仕方ないんだけど。


そんな事を考えて寝不足の週末です。朝ごはん何食べようかな?
posted by Mako at 07:10| 日記

レヴィナスの『責任論』から〜責任の分散化1

仏国の エマニュエル・レヴィナス という哲学者の『責任論』から、少しビジネス論っぽい事を書いてみたいという試みの4回目です。ビジネス論っぽいものですよ〜!

▼前回のまとめ。〜起業〜
  1. 『責任』の数を知る
    責任の数は、周囲を説得できる数。

  2. 『責任』の小分け
    責任を小さくする事で資金を集める。


今日は『責任』から関係について考えてみたいと思いますよ。




無責任ほど他者が嫌うものはない



前回は責任を小さくして、開業資金を集めやすくする事を書いて終わりました。
これのポイントは、自分が負う責任も、相手が負う責任も、小さい方が話が進みやすいし、人が動きやすいという事です。

さて、レヴィナスの『責任論』は、責任を取れる人はいないと言う結論があり、他者とは「責任を取れ」と言う者である。責任を取れる者がいない以上、無限の責任を課す者と負う者の関係だというものです。

完全復元(時間の巻き戻しも含めて)ができない以上、どのような代替え措置を取っても「責任を取れ!」と言う他者からは逃れられません。

「金を払えば済むと思っている」
「謝って済むなら警察はいらない」
「服役したから償ったと思ってやがる」

完全復元以外に、これらの言葉がついてまわる。これは逆に『無責任』を嫌う人が多い現れでもあります。

責任を負わせる側なら良いですが、負わされる方はなかなか理不尽な話ですよね。
それでもこれが他者との関係です。逃げられません。
だから「どう責任を取る?」という呪縛が自分に制限をかけ、身動きできなくするのです。




責任の分散



では具体的にどうすれば良いのでしょうか?
私は『責任の分散化』で解決出来ると思います。
『責任を負う』事のリスクが小さいほど、人は動きやすくなるからです。

まどろっこしい説明よりも、先に例をあげて説明したいと思います。




責任の分散



あなたが喫茶店のオーナーになったとします。最近はスタバ等のカフェが人気で、純喫茶には客が集まりにくいです。
開店早々、客足に悩みます。

税理士のような会見の専門家に相談しますか?
それとも経営のコンサルティングをしている方ですか?
あるいは、同じ純喫茶を開いて成功している人でしょうか?

誰に相談するかよーく考えましょう。チック タック チック タック チーン!はい、時間切れです。

正解になるかわかりませんが、私の答えを書きましょう。

相談する相手は、『定期的に顔を出すお客さん』です。理由は、責任を分散する事で、人を動きやすくする為です。
一見さんはダメですよ(笑)

世間話のように「なかなかお客さんが増えなくて。何か良いアイデアはありませんか?」と持ちかける。
相手の事を知っている分だけ相談する理由が見つかります。

客の方も「料金を下げてみたら?」「割引券を発行すれば?」「宣伝してみたら?」「モーニングやケーキセットを置いてみたら?」
色々言うでしょう。中には、実在する純喫茶の良いサービスや戦略の話を聞けるかもしれませんね。

一旦ここで話を終了しておきます。
頂いた意見を真摯に熟考する為です。

で?

問題はここからです。
どのような対策を取るにしてもコストがかかります。熟考した内容を話してみます。

「先日はありがとうございました。色々調べて見ましたが、新聞広告だけでもいくらかかるらしいのです。」

こんな感じで再び話を始めるわけですが…

客によってはタウン誌に関わっている知り合いがいたりするかもしれません。やすく宣伝出来る話を持ってきてくれるかも?

そうで無くても「なにせ客が来ないので… でも〜さんの意見ですからやってみようと思うんです。」こう言われて悪い気がする人はいません。
「コストがかかるので無理です」と言われるより、相談に乗った甲斐があったというものです。

そこで『客が来ないからすぐに金が出ない』わけですから、まずは客足です。「まずは資金作らないと」と続ける事になります。

「お客さんの知り合いでコーヒー好きの方はいませんか?」でも「いつも週1で来て頂いてますが、お休みの日にご家族といらして頂けませんか?」でも、「そのぐらいなら協力しても良いかな?」と感じる程度の事をお願いするのです。

「〜さんのご紹介ですから」とコーヒーや紅茶に小さなクッキーをひとつつける。
「ご家族でいらしていただいたから」とケーキやサンドイッチを(メニューに無ければなお良い)つける。

客が客を呼び、家族が客になりが循環して客が増えていく。これは、レヴィナスの『責任論』を分散させてみるという応用です。

少ない投資で客を増やす。客に『小さな責任』を負ってもらい、自身も『小さな責任』でやれる事をやる。

そうしているうちに、広告や割引、モーニング等に使える資金が溜まっていきます。
posted by Mako at 05:27| 日記

あれじゃ悪口座談会?

先日、コンビニでご近所さんにあってね「暗いから一緒に帰ろうか?」そう言って一緒に帰ってきたの。
うちの隣の部屋の騒音被害で、寝不足っていう愚痴を聞きながら帰ってきた。
今夜と言うか今、何か暴れているようで凄い音でね。
心配だから下まで降りてみる事にしたのよ。

理由は他の近所の人の話し声がしていたから。

行ってみたら警察と近所の人数名がいた。
彼女は居なかったから、すぐに部屋に戻ろうと思ったの。警察大嫌いだし。
あいつら性格悪すぎ。
あの日の事とか(笑)忘れちゃいないぜ!!状態でねw
見ただけで胸クソってやつなんだわ。

すぐに部屋に戻ろうと思ったけど、少し長居しちゃった。

うちの真下の部屋の人が、窓越しに隣の人に話しかけていたの。
「うるさくて眠れない!」と。
隣の部屋の人は「部屋が荒らされてるんだ!」って言ってるのが聞こえた。

その時にね「お前らがやってるんだろ?」って言ってたの。
何かの病気なのか、アルコールのせいなのかわからないけれどね。そう言ってたのが耳に入った時、ただ悪口を言っているようにしか聞こえないこの人達の会話が、彼(騒音の本人)に聞こえるのは良くないなぁと思ったの。

凄くね、尋常じゃないうるささと音だけど、私は何も怒っていないのよ。

ってか「皆が怒ってる」みたいな状況が… ちょっとね。
人って味方のいない環境でぼっちを味わうと良くないから。
ひとりぼっちだとか、誰からも必要とされていないとか、そう思った弱さがメンタル崩壊させる。人は壊れやすい。

でね、「大丈夫かなぁ?」と隣の部屋の窓を見上げながら言ったの。そうしたら別の女性が「なんか薬でもやってる」って言ったの。

オイオイ…って思ったわ。
病気かもしれないし、物に当たるほどの何かがあったのかもしれないしわからないじゃない?
よく簡単にそういう事言うなぁと思って、彼女には少しガッカリした。




万が一の可能性だけどね。もしかしたらよ?
本当に物の位置が動いているという場合だってあるじゃない。
もちろんオカルトの話だけど(笑)

でも、そこにいる人誰も確認してないわけよ。
想像で悪口言ってるにすぎないわけ。
オカルトで無くても、家鳴りや振動でのズレとかあるかもしれないし。

事象を見ていないのだから、真実は誰にもわからない。こう言ってるからおかしいと安易に決めつけられないでしょ?
アルコール依存でも色々あるわけで。

他人の事なんて基本わからないからね。




孤独を抱えてひとりぼっちの中で何か説明のつかない事が起こったら、周りを疑う気持ちもわからないでもない。
何があったのかわからないのでなんとも言えないけど。

「あんたらがやったんだろ?」と思い込んで暴れるとしたら故意の嫌がらせだよね。いや、本人にとっては反抗みたいなものかな?

一人暮らしで、記憶違いや、アルコール等考えられる影響が無いのに物の位置が変わったりしてたらマッハ怖いんだが(笑)
でも可能性は一応ゼロじゃない。
千原ジュニアのやってるケーブルテレビかな?の番組で、心霊ビデオのディレクターを集めたものがあったのよ。

「苦しそうな女性の声が聞こえる」

これの調査をしたグループの結果知ってる?

ただ隣の部屋でHしてた声が漏れ聞こえてるだけだったのふらふら
でもさ、それが何かわからない女性にとっては「怖ろしい声」なんだよね。

わかってる人には「なーんだぁ」と思う事でも知らない人にとっては怖い。こういう事だってあるわけで。

苦情やクレームならまだしも、ただ悪口を言っているようにしか聞こえない話をね、警察とダラダラしている状態を見て…
やーな感じー!って思った。




あー。追記。

1番『騒音に迷惑してます風の顔してたおじさん』ね、今の隣の人の前の住民に「いい加減にしろよー」って軽く壁ドンやり返されるまでは騒音の元の人だったのよ。かなりの。
壁ドンが凄くて、たまに驚いて叫び声上げる人もいた。

しれっと騒音被害者ですみたいな顔をしてるのちょっと引くわ。

病気なら治療すれば良い。他に原因があるなら解決するしかない。
迷惑顔して聞こえる場所で悪口を言っても悪化させるだけだと思うわ。そんな事をする理由がわからない。
posted by Mako at 02:10| 日記