2019年11月09日

証と課題〜黙示録に備えて〜

ちょっと長いです。


神の国の生き方的な話 』に繋がる話なのだけれども…

今『しかし、最後まで耐え忍ぶ者は…』と言われている時代に入っている事を考えながら書いています。




ある人がクリスチャンになるとき、そして、その親や家族の反対が強固だった場合の事を考えてみて欲しいのです。

人がクリスチャンになる事は、イエスがキリストである事を信じ、御霊によって「イエスは主である」と告白する事から始まります。
ですから、両親や家族に「私はクリスチャンになります」と告白するときには、既に命へ移っている事になります。

親子喧嘩状態になったり、教会へ行くのを阻止されたり、「私がクリスチャンになる事はこんなにも困難な事なのか…」と悩む事もあったと思います。
すんなりクリスチャン生活に入れた方も、このような悩みを持つ兄弟姉妹の話を聞いた事があると思います。

当事者である兄弟姉妹は、喜び踊りあがるべきだし、当事者ではなくて、それを聞いた兄弟姉妹の方は、羨ましいと感じるべき状況です。

自分の家族がクリスチャンになると聞いて大反対するぐらいだから、宣教師や伝道者の言葉なんて聞かない人々です。
TVや映画等のメディアで関連する事が放送されていても「はいはい、キリストさんね。」と通り過ぎてしまう人々です。

けれど、自分の息子や娘、家族と衝突すれば、否応(いやおう)無しに、御言葉や証を聞く事になります。議論や口論をする事になります。見たくなくても、その新しく御国に加えられたクリスチャンの新生と成長を見る事になります。

その、苦悩の中にいるクリスチャンが、その人にとって大きな壁であり、障害である強固な人々に、『神の御言葉が伝えられ(わざ)と証がされる最大の機会になる』という出来事が始まっている。
既に御国の一員である事が証明され、そこから(つか)わされた者としての、選びの(うつわ)になっているじゃないですか。

すんなりクリスチャン生活に入れた兄弟姉妹が、羨ましいと思うのは当然の事です。
あの聖書に出てくる預言者達もそうでした。使徒達もそうでした。弟子達もそうでした。
強固に反対され、受け入れられず、(のの)しられたのです。

もし、やがてその人がクリスチャンになる事を認めれば、その人の頑なに閉じた扉の隙間から光が刺す瞬間を目撃するようなものです。
これは信仰者にとって羨ましい事です。
それらを経験できなかったクリスチャンは、共に祈る事や、一緒に悩む事によってお裾分けをいただくしかありません。

お裾分けをいただくクリスチャンは、御遣(みつか)い達のように生きる御国(みくに)の民としての生活を味わう事になります。

だから、それすらも味わう事ができない無教会派や、今その状態にいる人は可哀想なのです。
御遣(みつか)い達が味わいたいと思っても味わう事ができない、御国(みくに)の民の光栄すらも味わう事ができないのですから。




それを味わったクリスチャンへりくだる事が必要です。

  • (つら)かったけど頑張った。
  • 悲しかったけど耐えた。
  • 絶望したけど立ち上がった。


このような考えは捨てなければなりません。
その人がしたことは「ただ信じた」以外には何もありません。
あったとしても『開かれた御言葉に従った』という行為だけなので、「私は主の命令に従いました。」や「御言葉の通りにしていただけです。」と、全員が言うべきです。

実際のところそうではありませんか?その事によって誰かを憎んだり怒ったりした瞬間があるはずです。
共に悩んだ人も反対者や、ある場合には、悩みを共有している兄弟姉妹の言動に苛立ちや失望を感じたり、何かあったはずです。
長引けば「まだ解決しないのね」と後回しにしたりした事があると思います。

反対者が両親であれば『父と母を敬え』に逆らいますよね。『敵を愛しなさい』『隣人(となりびと)を愛しなさい』色々と引っかかる問題が出てきます。
それが自分の本心であり本質です。

それを乗り越えてもたらされた奇跡は、神の御手のわざですから、神に栄光を帰すべきです。
自分は本来の性質や本心があって、本来受けるはずのない光栄を主から賜るに過ぎないのですから、自分を高くあげてはいけません。




私が今日この事を書いたのは、自分の経験によります。

いや、クリスチャンになる為に反対者があったとかいう話ではなくて、困難や苦難の中にあって、御言葉を知らない人、福音を聞いた事も無い人にそれが届けられる結果になった。その経験からこれを書きました。

実際のところ、私がこれらの只中にあって、神に栄光を帰したのは、ずっとずっと後になっての事でした。
それを諭してくれる兄弟姉妹や教師が身近にいなかった事も原因にあると思います。

  • 私は頑張った。
  • 私はそれでも主を信じた。


このような思いを持って、何かある度に「神さま、どうしてよ?」と高慢な姿勢で訴え続けていました。
それが益々、信仰の目を塞ぎ、霊が覆われたのです。

ココに書いた夢の話の一部も、苦しみ悶えて憐みを請い、数日それだけを言い続けながら泣き暮らしていたときに見たものです。

色々な事を経験したり通ったりする中で、私が新しく知ったというか、信じた事があります。

クリスチャンという生き物(笑)は、「死んだら天国に行ける」というようにではなくて、既に移されているのだという事です。
だから、立場的に言えば(つか)わされた御遣(みつか)いのようなものだと。
ですから「クリスチャンとは寄留者だ」という表現は、私にとっては真実なのです。

そしてこれもまた、生きた神の言葉として働いています。

わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。
喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた預言者たちを、人々はそのように迫害したのです。
マタイ5:11〜12節





さて、冒頭に書いた『しかし、最後まで耐え忍ぶ者は…』ですが、これは、今日(こんにち)まで続いている事ですから、私達の時代での事かもしれません。と前置きをさせていただいて…

クリスチャンがクリスチャンだというだけで困難な時代が既に強くなっています。

教会が異教に買い取られ、あちらこちらでクリスチャンがクリスチャンだという理由で襲われて殺されています。

これは東住吉の高原さんの言い方を使わせていただきますが…

ゴグよ。わたしはあなたに、わたしの地を攻めさせる。それは、わたしがあなたを使って諸国の民の目の前にわたしの聖なることを示し、彼らがわたしを知るためだ。
エゼキエル38:16


わたしの地=イスラエル。これを攻めるだろうかの国が『殺されているキリスト教徒を守る』という大義名分を看板に掲げ、周辺地域の(まつり)や紛争に加担してから月日が経ちました。

あなたがたが知っているとおり、彼がその定められた時に現れるようにと、いま引き止めているものがあるのです。
Uテサロニケ2:6


終わりの時に現れる獣を引き止めるものが減ってきています。
教会は始まりからずっと、困難と迫害の中で、先人達の多くの死と共に増え広がりました。
しかし今は逆です。
就寝時間が来ると、夜のベットタウンから灯りがひとつずつ消えていくように灯りを落とし始めています。

クリスチャンがクリスチャンである。キリストの御国の民であるが故に起こる事は、クリスチャンになった時に身近に起こる困難のように『信仰を着る』事で耐える覚悟が必要な時期が迫っているように思います。

またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。
そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、
忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。
この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。
ローマ人5:2〜5


耐える事は自分の力ではできません。
クリスチャンがクリスチャンになった時に身近に起こった困難のように「ただ信じる」事によってだけ通過できます。
信じる事は絶対的に信頼する事であり、また、愛する事です。

見知らぬ他人にはできなくても、愛する子、親、兄弟の為にはできる事はたくさんあります。愛する故に信頼し合っているからこそできる事です。
神の愛を信じ、信頼するなら、それはそれ以上のものです。
そしてその強固なものは、御霊(みたま)に力を運ばせます。
クリスチャンと主が繋がっているからです。

民族としての象徴的なものも灯りを消し続けています。

私達の時代に起きている事は、今に生まれて生きている私達の時代の出来事です。
先人の信仰者や預言者達のものではありません。
私達の時代のクリスチャンが頑張らないで誰が頑張るのでしょうか?
『戦いは主のもの』ですから、私達は勝どきの声を上げるまで、信仰で武装し、城壁をまわるだけです。

何を担当したいですか?
角笛ですか?それとも士気を保つ楽曲でしょうか?
それとも主の兵士を増やしますか?
列に並びます?
キリスト教の仮面を被って、暴虐や人殺しを行う軍隊ではなく、愛と信仰によって戦う真の神のですよ。

まぁねぇ…これに加わらずして、勝利を宣言する時だけひょっこり顔を出すお調子者になりそうな私をどうするか?
この課題がでかいっすたらーっ(汗)
posted by Mako at 21:29| 聖書関連

私も好き勝手言ってみる〜ダークなお話〜

安達祐実主演の積木くずしがYouTubeに上がっていたので見てしまったよ。
長いので見終わるのに1週間以上かかったー。




全部見てからコメント欄を覗いたのよ。
積木くずしの印税類を使い込んだ(?)とされる会計士の事や、娘をリンチ+レイプした他校の上級生の事が悪く書かれていたよ。

「好き勝手書いてるなぁ」と冷めた目で眺めてしまったわぁ。

よくさ、「こうなった原因は…」なんて事を無責任に言う人がいるけど、「実情がわからないのによくそんな事言えるなぁ」と思うの。

リンチやレイプはきっかけにしか過ぎないと思うのよ。
問題は「強くならないと自分がやられる」この無限ループだと思うの。
誰が悪いとか何が悪いとかじゃないし、もちろん自分のせいでも無い。
生きていく為に選ぶ手段がそれだった。それだけの話だと思う。
娘本人も親もそれぞれが。

シンナーや薬物だって、親を困らせる為じゃないと思うわ。

いじめにあっている子が、友達もいない。家に帰っても相談できる親や兄弟がいない。
この状況で金だけは持ってるのが1番たちが悪い。そうでしょ?

自分が他人にやられずに生きていく手段として求めた強さが『非行』を選んだ場合、自分の居場所や存在価値を仲間との間に作ろうとする。
こういう場合、彼女には『金』と『物』を持っている事が手段に変わってしまうわけで…

そういうタイプの子には、金のかかる遊びをしたい子が寄って来る。
わかるでしょ?

武田鉄矢が非行相談の刑事(?)役をやっていたけれど、「お金を絶対に渡さないで下さい」という指示は、彼女の場合は正解だった。
補導時間に合わせた門限も、相乗効果で良い方向に転んだ。
これが誰の場合でも正しい向き合い方かと言えばそうじゃない。

2度と帰らない娘。金を得る為に堕ちていくだけの人生。こういう一生のきっかけになるかもしれない賭け勝負になっちゃう。
これが女の子の非行の難しいところ。
最近では、家でも学校でも良い子方がヤバイけど。
友達が少ないと特にね。友達が多い子は「見られたら」「知られたら」という体裁がある分良い。
素行不良の上限をつきあいの多さが決めてくれる事は多い。
AVに出るタイプの子も、地元じゃたいして気にされないぐらいの子が、割合的に多いと思う。
「あそこの娘あんなにグレてたけど、とうとうAVに」なんてまず聞かないでしょ?
「あいつAV出てるらしいよ」と聞いて「ってかそいつ誰?」って言って卒業アルバム確認されるぐらいの子の方が、結構やらかしちゃうものなのよ。

それをきっかけに『俳優である親を憎んだ』と言うのは、「だから仕方ないんだ」という正しい言い訳が必要なのよ。「だから親に迷惑がかかっても当然」に結びつく理由が必要なのよ。きっとね。
「だって守ってくれないじゃない」とセットでうごめいてるんだと思う。

本・ドラマ・映画で晒し者にされた開き直りが、「親や大人に頼らなくても生きていける」為の手段の中に、やっぱり非行要素が入っちゃうんだよね。
1人で頑張るけれど、世間や社会の理不尽が付き纏う事で心が折れた時、来た道を戻ってしまうのはよくある事。




ところで…

娘の手記に「薬にまで手を出した」とあったけど、シンナーの時と違って、やめるのが大変だとか苦しいなんて事が出てこないでしょ?

でも最近、7度目の逮捕を経験したあいつがいるじゃない。
名前を出したくないから出さないけど。

この差はなんだろう?って思わない?

あの人は、それに手を出す事でなんとかなってるっていう人生があるのよ。
元タレント。無駄に知名度があるだけに、「絶対やめるんだ!」と言うだけで仕事(金を得る手段)になっちゃうんだよね。

だから、自分から『やめられない俺』というループにはまってるのよ。だからやめられないの。

もうひとつ言えば、「今やっておかないといつできなくなるかわからない」という精神的ストレスのようなもの?
あんなものは無くても皆生きていけるでしょ?
でもそうは思えない原因のひとつはそれだと思う。

「タバコをやめたいなぁ」と思っていても、「休憩時間の今吸っておかないと、半日吸えなくなる」と思うから吸ってしまうのと同じ。

「こんなものやろうと思えばいつでもできる」そう思ってる人の方がハマらない。
だから、いわゆる反社的人達が、手を出してもやめられるのはそれよ。
まぁさ、下手打ったら生きていけないなんて事情もあるのだろうけど。

まだヒロポンと呼ばれていた頃、多くの日本人が使っていたのよ。戦後。
ビートたけしの師匠は、ヒロポンを入れてから仕事をしてたと言ってたような…(?)

「違法になったからやらない」人と「そもそも依存状態だった人」とがいると思うんだけど、「違法になったから中毒になった」人もいると思うの。
「今タバコを吸っておかないと」と同じ原理ね。




全然関係ない2人だけど、生きていく手段と居場所を作るという意味では、共通した非行なのよ。

逮捕されたあの人は、「やめるんだ」を看板にしていて、励ましや応援の手紙が届いたりとかさ(苦笑)
「同じくやめたくて苦しんでる人に向けて」と書いたり発言したりすれば食べていける間は繰り返すと思うよ。

本当にやめてしまったら、つい手を出しちゃうという、頑張ったご褒美を自分に与えられない『需要の無い元タレント』になっちゃうからね。




生きて行く手段として選択される非行は、世の理不尽が多大に影響する。
積木くずしの彼女もそうだけど、薬物中毒と戦うあの人という扱いもそれになる。
「もうそれでは生きていけないよ」ってなったらマジでやめるよ。たぶん。

世に出まわってる話の多くは真実じゃあ無い事が多い。
非行から更生して作家になったって人だってさ。
うーん…会社の同僚的(笑)立場の(はず)人から言わせれば「ってかあいつ誰?!?!」って言われているような、ただの薬物中毒だった可能性もあるのよ(苦笑)

「あいつまた逮捕されたの?」って芸能人だって、実はさ、一緒に仕事してた『あの人』の方が捕まらなかったのは不思議なんですけど?」と事情通に言われてる事もあるわけで…

前科持ちの反社の彼だって、その事件の犯人とは限らないのよね。

万引きで捕まったあの少年も、友達からの荷物を「ちょっと持ってて」と預けられただけの場合もある。

社会で真実だと言われている事が、実は大嘘だったなんて事は、私達のような一般人は知らない方が幸せだからね。そのままにしておいた方が良い。

それならそれで、無責任に首突っ込まない方が、社会の理不尽の一員になる事も無い。

1番最低なのは、わかった顔して無責任な言葉を発する事かも?
だから…
今日の私は、社会の理不尽の仲間入りだよ。積木くずしの彼女や、また逮捕された彼の事を無責任に書いちゃったもの。

反省しま〜す。

積木くずしの故人達にも、捕まったあの人にも、ごめんなさい。
posted by Mako at 06:12| 日記