2019年11月14日

colour?

サムネイルを見ただけで、実際の動いている姿を見ていないのでなんとも言えないんだけどね。
「この人、鼻どうしたの?」って思ったの。男性なんだけどね。鼻が棒みたいに見えるのよ。
鼻先は以前より尖った感じはするけど、不自然に小鼻が無いので棒みたいに見えちゃうの。

MJの鼻が変わっていったみたいな違和感があるの。

私、鼻にコンプレックスあるのよ。だから、メイクをする時はノーズ入れる派なの。
でも、嫌いか?って聞かれればそうでもない。
父親譲りの私の鼻は、自分の出自の証明のようなものだから、うーん…
社会の評価が低いとしても、私は父の良いところをたくさん知ってるのよ。それも受け継いでいるような気がするの。

でも、せっかくメイクするんだから、少しでも鼻を高く見せようとか小さく見せようとか考えるわけ(笑)
一応さ、女性として生まれてきたから「可愛いね!」って言ってくれる男性も時にはいたのよ。そういう時は「私のスッピン見たらビックリするぞー!」なんて言って笑い飛ばしていたのよ。
基本的にメイクって、足りないものを足すから詐欺っちゃあ詐欺なのよ。だから、メイクした姿しか知らない人にそんな事を言われると、ちょっと胸がチクッてするのよね。

でも、みんなでプールや海、スパに行けば、メイクなんてどこかへ消えてしまうでしょ?
女性に限らず、しっかりセットした髪の男性だって、チリチリパーマ頭になったりするわけで。

良い格好しぃの男性でも、そういう姿を見るとホッとするというか…

性格も、考え方も、外見も、完璧さを求めない方が「人間と一緒にいる」という感じがするの。完璧なままでそこにいられても、疲れるというか…馴染めないというか…




もう少し鼻が高かったら完璧!
もう少し痩せていたら… もう少し目が… もう少しウエストが…
完璧さを求めたらキリが無いわけなんだけれども、それを誰が求めてるの?ってなったら『自分』だと思うの。

だって、私が私の鼻にコンプレックスを持っていたとしても誰にも影響無いし。
逆に他人が「おいおい、気にするべきだろ?」と思っていても、そんな鼻が大好きだって思っていたら影響無いでしょ?




顔、身長、性格、こういうものは、私にとっては神の奇跡のひとつなのよ。

人類が誕生してから今日まで、全く同じ顔、全く同じ性格、全く同じ考え方、こういうその人の特徴が完全にコピーされた人を知らないもの。「あの戦争でこんなに多くの人が死んだ」と聞かされても、それ以上の人が生きてる。
その中で、私という存在も、あなたという存在も、他にはいない。自分の代わりも、あなたの代わりも、どこにもいない大切な人として生まれて生きてる。これは、私にとっては神さまの奇跡なの。
同じ親が同じ作り方で子作りに励んでも、同じ子は作れないのよ。

木々もそうでしょ?種類が同じでも、見た目が似ていても、生まれも、育ちも、寿命から葉の数まで全部違う。

だからね、良いものはこれだと人が勝手に決めた基準に自分を合わせてしまって、自分の特徴を捨てるという選択肢は私には無いの。




「結局は金でしょ」も「結局は顔でしょ」も、人の人格や性質が比例しなければ意味がないと私は思うの。
そう考えている人やその生き方を否定しているんじゃなくて、そう考える人とそう考えない私は、意見をぶつけても衝突するだけなのよ。
正しさなんて曖昧なものは、時代にも人にも、生き方にも左右されるから、その議論が益を生み出すとも思えないの。

かえって、その人がそれが良いと思っている事はそのままにしておくのが良いという事。

絶対自分の主張や考えが正しいなんてものは、それは自分を中心にした世界観だけの話だからさぁ。
「相手には相手の考え方がある」と尊重できないのなら、距離を置いたり離れる事も手なんだよね、
相手を型に嵌めたり、傷つけたり、追い詰めたりするのは押し付けだしさぁ。相手の個性、相手の人間らしさを殺す行為でしかないからなぁ。




ドラえもんの道具で、独裁者ボタンだったかなぁ?気に入らない相手を消してしまえるボタンがある。有名な話だから知ってる人がたぁ〜くさんいると思うんだけどね。
結局、最後は1人ぼっちになるの。みんな消してしまって。

相手の意見や考え方を尊重できないってそういう事なのよ。

白黒ハッキリさせなければならない事なんて多くない。逆にそうできる事の方が少ない。

『読書甚解を求めず(どくしょじんかいをもとめず)-by五柳先生伝』
何かを読んでいる時に、よくわからない事があっても、無理に理解しようとせずに『一旦わからないまま置いておき』先に進む事を促している言葉なの。

聖書を読んでいる人に多いのよ。無理に理解しようとして、後に書かれている内容と矛盾する間違った解釈をしてしまう人が。先に進めば「あぁ、それはそういう事だったのか」とわかる時もあるし、繰り返し読むことが必要な場合もある。
人同士もそう。今はそのままにしておく。これが大事な場合もある。
親交が深まって、考えがやどうしてそう思うのかを知れば、自分の意見が必ず正しいとは言えなくなる事も多々ある。
そうなってから訂正しても、相手が受けた傷はそのまま残る事も…

今白黒つけないと。
今の自分の見方が正しい。
自分は間違ってない。

こういうのは、思春期の子ならまだしも、大人になってもだとさ。ちょっと痛い子って感じするよね。

「この人の考えがは間違っている」と思っても、その人の成長や経験で修正されていくものもあるわけで。




クリスチャンが歌うこの歌は、私が書いた事に似てるかも?

posted by Mako at 20:43| 日記

暗いニュースだったね

14歳の少年が「殺すつもりだった」「誰でも良かった」と女児の喉を切りつけた事件ですが…

まず、大人がおかしいですからもうやだ〜(悲しい顔)
なんとも言い難いですよねたらーっ(汗)

本当に色々おかしいですよ。
なかなか結婚しない大人。
ギリギリ子供を産んでも預け育児でバラバラ家族。
子供の虐めに参加したり、虐めを率先して行うグループを作る教師がいる学校。
我が子可愛さで学校を脅す親。
法を犯す警察組織といつも人がいない交番。

あげればキリが無いです。




月給が安い視聴者をバカにする著名人動画チャンネルに、そういう内容で視聴者を煽るYouTuberもいましたね。

「お金や収入が全てでは無い」と言うと、綺麗事にしか受け取られないんですよね。そういう事じゃ無いんだよなぁ。

『収入』と人格は比例しないでしょ?
どんなに人が嫌がる仕事でも、やってくれる人がいるから社会はまわってるわけで…
それを勝ち組だの負け組みだのと言い始め、現場職は腕や技術、やる気よりも重労働かどうかで判断するようになってしまった。

スーパーやコンビニで見かけるパン1袋だって、流れ作業を頑張ってくれる人がいるからこそ。
それをね、自分の現金収入が高いだけで煽ったり馬鹿にしたりするのを見ていて思うの。
「マジで収入と人格は比例しないよなぁ」って。

立場を得れば襟を正すものだった時代が終わり、クズっぷりを露呈して目立てば稼げる時代。そういう人が影響力のある場所に居座っちゃったものだから、益々子供が目にする大人の姿がおかしくなった。

私も人の事言えずダメな大人なんだけどね。




「昔は良かった」なんて言うつもりはないのよ。いつの時代にも差別や飢餓、戦争や侵略はあるしね。
奴隷と言えば黒人ってイメージが強いけど、英国では、白人の子供達がそれだった。煙突掃除の煤で気管をやられたり、落ちて亡くなった子供も多い。

いつの時代も子供が育つにも、大人が生きるにも、良い環境や時代が無い。

だから、今も昔も悪いけど…
子供のような大人が増えた今の日本の状況は、これまでに無かったのかなぁ?って思うの。




少子化の現場では、子供達は宝であり未来の希望なのになぁ。
でも…
変な人が多いので、やたらと声をかけたりすると『不審者出没』って流されちゃうでしょ?
泣いている子供を見かけたからといって、「大丈夫?」なんて簡単に声をかけられない時代なのよね。
もう何が何だかわからないわぁ…

posted by Mako at 05:00| 日記