2019年11月15日

うーん…どうしたものか…

単語の書き取りに、単語帳アプリを使っているの。

この単語帳アプリがお気に入りでずっと使ってるんだけど…



表面の読みと裏面の読みをそれぞれ、日本語とイタリア語で設定してるのよ。

それでね、問題なのがさ、イタリア語の名詞には男性名詞と女性名詞があるんだけどね、動作主が男性か女性かで変わるものが結構あるの。

例えば医師だったら、総称としてはmedico(メーディコ)があるけど、男性の医師にはdottore(ドットーレ)、女性の医師にはdottoressa(ドットレッサ)が個別にあるのよ。
複数形では更にそれぞれ語尾が変わるんだけど、それは特別な場合を除いてルールが一緒だから入力してない。

キャプチャしたのは、今日作る単語帳の作成途中のもの。

スマホにヘッドホンをして、自動単語帳めくりで再生を始めてさ、日本語が聞こえたらA4のコピー用紙に書くっていうやり方をやってるの。
1冊の単語帳を50〜60の間で作ってるのよ。でね、男性女性を分けなくて良い単語と、分けなければならない単語がひとつのカードに混在してるとやりにくいわけ。
別のカードに分けると、同じ単語なのに答えが違うカードが存在しちゃうのでどっちかわからないし、読み上げとめくりの時間もカード数も増えてテンション下がるの。

なぁーにかうまい方法はないかなぁ?

書く時頑張って発音もしてるよ!
例えば、以前L(エッレ)の発音を指摘されたことがあるので、丁寧にやってる。
英語と舌の動きはたいして変わらないけど、イタリア語は少し歯に空気を当てる摩擦音楽あるの。前歯の裏あたりに舌を当てて、無音でフーフー息を抜く音にルを混ぜる感じかなぁ?
ドイツ語ほど派手にはやらないけど、単独でやらないと日本人には出しにくい音よねー。特に文章中に入る時や会話の中に入ってるとさぁ。
R(エッレ)は巻き舌だから、英語よりは少し区別がラクなんだぁ…

ってか、単語帳の性能に悩む…
もう少し使いやすくなる使い方を考えなくちゃなのよ。

単語帳1冊を書き取りながら回すだけでも、それなりの時間食うから、システム上の理由で書き間違いみたいなミスは減らしたいんだよぉ〜ふらふら

良い方法見つからないかなぁ…
posted by Mako at 19:46| 日記