2019年11月18日

Kindle版に手を出しそう〜中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う〜



おもしれw

スクリーン通知が『動画を見る時間が減りました』って通知してきた。そらそうよ。やるべき事を毎日頑張ってるもの。

食事中の動画は、聖書関連以外ではこれを久々に再生したぐらい。

食事中と、アプリを使わないとな事情で充電待ちの時は「なだめ行動がない!?」でお馴染みのサイレントヴォイスを見てましたよー!
行動学や心理学なんて「統計的に〜だ」という事なので、絶対は無い。
でも、絶対だと思って見ると面白いですよね〜!




さて、読んでおきたい本がありまして…





中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

Kindle版



中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う (扶桑社BOOKS)

これなんですよ。

保守派が喜びそうな内容な気もしますが、対アメリカでロシアのプーちゃんがどう動いたのかを考えると…
無視できないような気がするのです。
できれば紙の本が良いのですよ。頭に残りやすいし…
Kindleならすぐ読めるんだよなぁと誘惑されています。
近くの本屋は潰れましたから(笑)
まぁ品揃えも悪かったしね。

私はあんまりプーちゃんを過大評価する感じは好きじゃないの。
そうじゃなくてもあの人怖いのに(笑)

中国とアメリカのピリピリが目立っても、親中を多く持つアメリカ。背後にいるロシア。
アメリカの対日では、裏でしっかり中国と手を握るアメリカと、その軍事力に頼る日本。

しょっちゅう日本の領域を飛びたがるロシア…
一度詳しい人の目線を見て置く必要があるような気がするの。

日本人の「アメリカはどうなの?」ってすぐにアメリカの顔色を伺う気質の典型的日本人なのよ。私(笑)
違う視点も必要よね。




メンタリストDaigoのモノマネ。凄くよくできてるよね?
私が見ているのとは違う視点があるんだろうなぁ。
どんなクセがあって、どんな特徴を持ってるのか。
私がモノマネしようと思ったら…
落ち着きが無い人を演じそう(笑)

そうやっていろんな角度から見たらモノマネが完成するように、今の中国ロシア、中国とアメリカ、その狭間にいる日本を、もう一度観察したいの。
Kindleで買っちゃおうかなぁ?
Amazonで注文してもいいけど、資源ゴミ回収の段ボールで届くのが嫌ww




posted by Mako at 18:08| 読書