2020年02月01日

イタリアでも感染者が…

グッチデコールのマグカップが可愛いすぎて((▽\*)≡(*/▽))

でもマグカップなのに値段が高くて全然欲しくなりません(笑)

もしこのマグカップを買ったら…
せっかくの可愛い蓋付きなので、Cioccolata を飲みたいです。
純ココアとミルクで美味しくいれた熱ーいココアに、表面いっぱいにマシュマロを乗せてからふたをして少し待つ。
マシュマロが溶けた頃を見計らって蓋を開けて飲みたいです。わーい(嬉しい顔)揺れるハート



イタリアでコロナウィルス感染者が出て『非常事態宣言』を出しました。

イタリアのスパゲティー食べた事あります?現地じゃなくて良いです。イタリアで作られたスパゲティーを、家庭で食べた事があるのでも良いです。
日本で売っているスパゲティーとは全然違うでしょ?
日本で製造販売されているスパゲティーは、すぐお腹が空く感じだけど、イタリアで製造されたものはそうじゃない。
しっかりとした噛み応えと、もちっとした食感。そして、しっかりお腹に溜まる感じ。
そう、日本のそれとは全然違う。
食べた事が無い方は、一度イタリアで製造されたスパゲティーを買って調理してみてください。

イタリアでは、他国の粗悪品から守るために、スパゲティーという名称で販売して良いものを、法律で定めているの。
日本で製造されたスパゲティーとイタリアのそれが全然違う事は、食べ比べたら速攻わかります。
中国製だろうと、同じヨーロッパのドイツ製だろうと、イタリアの法律の基準に合うスパゲティーの本物っぷりにはかないません。
本当に素晴らしい食文化のひとつです。

しかし、イタリアには問題があります。
中国人が増えすぎて、伝統的なレストランでさえ、閉店に追い込まれる事態に陥ってから長い年月が経過しています。

彼等は、なるべく同胞のところから安く仕入れ、共闘して低価格の店を展開して地元商店や飲食店を潰していきます。
そうやって増えながらコミュニティーを広げていきます。

つまり、中国輸入品も多く、そこに関わる人がとても多いのです。

だからコロナウィルス感染者が出る事はとても身近で深刻なのです。

たった1人の感染者で『非常事態宣言』をする理由がここにあります。




グッチはイタリアブランドです。創業者はミケーレでしたっけ?
ミケーレって名前の人は、たいていの場合は『ミッキー』って呼ばれるようですよ^^

ちなみに、日本でミッキーマウスと呼ばれるアレは『ネズミちゃん』みたいな相性です(笑)

イタリアにはヴァチカンがありますよね?
多くの聖堂もあります。
観光に訪れる人も多いです。
あ、ツアーじゃなくて行きたいなら飛行機代出してくれれば通訳で同行しますよ?
あら、いらないっすか(笑)

そのヴァチカンあたりのお土産物屋さんも『メイドインチャイナ』ばかりです。

『日本製』つまり『メイドインジャパン』にブランド力があるように『メイドインイタリア』にもブランド力があります。
アメリカの金持ちだって、日本製の〜を喜ぶし、イタリア製の服や家具、靴を喜ぶじゃないですか。

同じように『メイドインイタリア』のブランド力があるのに、わざわざイタリアに来た観光客が『メイドインチャイナ』を買って帰る。
この状態をどうにかできれば、不景気による失業だって、もっとマシになると言われています。
が…
差別主義のレッテルと戦う事になるので、あまり強く言えない現状のようです。

世界中に中国人がたくさんいて、世界中で輸出入ビジネスがある時代に、ウィルスはいかんよねー。
特に、人工的だったら『ムカッ』ときますわなぁ。
posted by Mako at 15:51| 日記

市販品ならPASCOのブランロール


ホームメイドのパンより美味しいパン屋さんが近くに無い不幸な私。
気に入った小麦粉が手もとに無い時、ベーカリーか市販品を買う事になります。

その場合、私の一推しは、断固としてPASCOです!

最近のお気に入りはこれ!

BF98CD8F-9BC6-4BCE-BB80-A2A28D501405.jpeg

バルミューダのトースターがあれば、勝手に美味しく温めてくれるけど、うちにはちょっとした知り合いからいただいたふるーいトースターが、まだ現役で動いているのでそういうわけにいきませんのでございますのですよ。
ガチで古いトースターなので、ちょっと一工夫します。

食べる分のパンをアルミホイルで包んでトーストするのですが、そのアルミホイルの中に、水で濡らして絞ったキッチンペーパーを一緒に入れます。
それでトーストすると、ブランの甘さが口の中に広がるふっくらパンになります。


このパンは国産小麦粉のもっちり感を残しながらふんわりできていて、国産小麦粉らしい食べ応えがあります。
次に、元々ゆめちからは、北のカオリから作られた小麦なので、国産小麦粉らしい香りがほのかにありながら、ブランでさらに強められています。

北のカオリ単品でも、ゆめちから単品でも、家庭で国産小麦のパンを焼く人は買った事があると思います。グルテンが欧米小麦より少ないので、上級者向けですが、ホームベーカリーで焼いても美味しいんじゃないかと思います。

とにかくこの焼き方でトーストすると、このパンの長所が引き出されるので、本当に美味しいですよー!





PASCOならくるみブレッドやライ麦入りも時々食べます。


私がPASCO推しなのは理由があります。製法と材料です。

添加物や防腐剤等を嫌がって、市販品のパンを買わなくなった人は多いと思います。それらの危険を訴える本もたくさんありますからね。

あんまり気にしすぎても、生きにくくなりますけど^^;

PASCOのパンは、他社のパンより、利用している材料が自然に近いです。製法も大手の中では自然に近いです。どちらも私の主観ですけどねー。
食べた時の味も、ホームメイドのパンに近いです。ベーカリーほどではありませんが。
一工夫するとかなり美味しく食べられるし、原材料も良い物が多いです。
それに、健康や栄養面でもアプローチしてくる原材料が多いんですよ。

これらの理由で、私はPASCO推しなんです。

まぁ、食の安全を考えると…
PASCOであっても、調理パンは、市販品はやめた方が良いと思います。食の安全を気にするならね!
チルドピザなんかも、この類に入るかも?

気にならない方にはどうでも良い話ですが…。




今日の朝食はPASCOのブランロールですわーい(嬉しい顔)




食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線−激安の裏に「添加物」!! (別冊宝島 1519 ノンフィクション)
posted by Mako at 09:38| パン