2020年05月30日

最近のお気に入りBest3

1. Emma

2.

3.

posted by Mako at 03:36| 日記

2020年05月29日

そういうとこよ!って話

昨日だっけ?一昨日だっけ?
警察車両がいたのよ。信号近くだったから一時停止とかスピードとか、何かの原因で車が止められてる雰囲気の場面の前を通ったの。
事故ではないから、何か点数を切るとかそんなとこなんだろうと思う。

パトカーが道路に車を出すのに、3台ぐらいしか通行中の車がいなかったのよ。そのぐらい待ったらいいでしょ?緊急でも無いんだもの。それなのに、わざわざスピーカーから車両出ますみたいな感じで、そのたった3台程度の車を止めて待たせて車両を出したの。

そーいうとこだよな。今の警察がガチで嫌われてる理由って。そう思った。職質にしてもそうだけど、なんであんな風なんでしょうね?
警察ってさ、職業と内容の割には給料が安くて可哀そうって皆思ってるでしょ?私は警察だけはそんな感情持たないわ。猫となんとかは高いところが好きを生き様で見せてる人たちが多すぎてほんとうに嫌いです。
腰を低くしろとは言わないわよ。サービス業じゃないんだから。けれど、なんの権力者でも無いでしょ?市民との間に上下関係があるわけでもないじゃない?
タクシー運転手ですら横柄な人は嫌われるんだもの。しっかりして欲しい警察関係がそんな風だと、もっと嫌な気分になるのは必然です。




もうひとつ「そういうとこよ!」って感じた話があるの。一部ユーチューブや配信で、SNSの誹謗中傷をあーだのこーだの言ってる人たちと、訴えてやるって鼻息を荒くしてる人たちね。

ユーチューバーにしてもそうだけど、アンチ認定基準がものすごく低いじゃない?
えみりんが最近燃えたらしいので、少し板の様子を見てきたの。久しぶりに板を見たよわーい(嬉しい顔)

やっぱりあったよ。アンチ認定の基準の低さ!アンチ認定する側がアンチじゃない人にふっかけていくスタイルね。別にえみりんが悪い事してる〜って話じゃなくて、アンチ認定されて迷惑している視聴者がいるって話ね。動画の主じゃなくて、視聴者が視聴者をアンチ認定するパターンも含んでますからね。この話。
基準があいまいな上に、相手に不快な思いさせっぱなしでいるでしょ?

「この人アンチかも?」と思うのは勝手だけど、それを言葉や態度に出したらちゃんとケジメつけようぜ!って思うの。ハッキリ名前出してないじゃなぁ〜い!なんてのも名誉棄損にあたるかあたらないかの判断材料にもなるでしょ?その他の人たちに「あの人のことか」ってわかるような個人的特徴を伴って発言していたり、特定の人に効果があるような挑発や罵声的なものを垂れ流してる動画主や配信者もいるのよね。

大なり小なりを含んで全体をさして言ってるんだけど、そんなんで被害者顔するのはどうかと思うの。

だいたいアンチ認定なんて作業が必要の無い事でしょ?営業妨害だったり、なにかしらの毀損にあたる事なら粛々とやれば良いだけの話ですよ。自分はイラッときてふっかけていくのに?これアンチの事たいして言えないと思うの。しかもアンチじゃない人をアンチに変えるしね〜。自分で量産してるのわかってます?って思う。

で、モノ申す系が「訴える」を連呼するのってどうなん?って思ってる人多くない?私もwwww
いや、モノ申す系なら我慢すべきとは思わないよ。当然。権利は行使するためにあるんだもの。
その言い方や用い方がなんだか変だって事。

アンチ認定を勝手にしてる人たち(配信側)もなんか変なのよね。

権利を主張して、その損益や被害を止めたいのであれば・・・っていう考え方が報復的処置過ぎるのよ。その内心の意思表示をさんざんしておいて(積み重ねてからの)・・・・訴訟ってw
弁護士さんによく相談した方がいいですよ。マジでw

報復的処置をします宣言で相手を黙らせる空気の蔓延に「そういうとこよ!」って思うの。
自分勝手に勝手に曲げた考え方、対処の仕方を広めないでほしいって思うの。特にユーチューブ等で収入が上がった人は「金持ち喧嘩せず」や「金持ち船乗らず」といった言葉の意味をもう一度考えてみると良いと思います。
せっかく築いた地位や知名度をどう賢く守っていくか?ここをもう少し考えた方が良いかと。

とはいえ、絶対権利主張すべきである部分はあるので、放置しろと言っているわけではありません。風潮や流れに乗って愚かな事はしない方が良いと。そういう事です。はい。
ただの私の感想文ですけどね。

posted by Mako at 22:12| 日記

ゴッドドクター 徳田虎雄(徳田虎雄についての新しい本)

覚えていますか?猪瀬さん。



5千万円のカバンの元都知事、猪瀬さんです。石原都知事の後をついだ人物なので、印象に残りやすい人物だったのでは?と思います。
例の5千万円はどこから?医療法人「徳洲会」からですね。

徳田 虎雄が創設した、謎多き医療複合体が徳洲会です。昭和48年に徳田が徳田病院を創設してからあっという間に日本一の民間病院グループとなり、世界にも影響力を持つようになった『徳洲会』。

過去を振り返れば「妊婦が救急車で病院をたらいまわしにされ…」なんてニュースがあったのを覚えていますか?「病院が足りない!」や「医者が足りない!」という報道があり、日本医師会の怠慢も話題になっていた頃があるのを覚えています?

徳田 虎雄って誰?徳田 虎雄って何?を語る手がかりになるのがこれらのニュースかもしれませんね。

これまでの自伝でも語られなかった新しいピース『盛岡 正博』の証言を追加した新書だと知って読む事にしました。読み終わって面白かったので読書のカテゴリーに入れておきます。



※書籍の選び方ですが、漢字に弱い方は kindle をお勧めしています。意味がわかりにくい単語や漢字をすぐに調べられるからです。
※じっくり読む読書家には、やっぱり製本版をお勧めしています。その方が電子書籍よりも頭に残るからです。

▼製本版

ゴッドドクター 徳田虎雄 (小学館文庫)

▼kindle版

ゴッドドクター 徳田虎雄 (小学館文庫)



ストーリーは盛政組の組長 『盛 政之助』に徳田が会いに行く為、山口組の新年会に顔を出すところから始まります。同じく場違いな興行に呼ばれた吉本芸人まで出てきて、まるで仁侠映画でも見させられているかのような導入です。
ところどころ当時の写真が盛り込まれていて、かなり面白いです!ちょっと小説風な書き方なのでストーリーにも入りやすい。

この本は大人が多読する本に加えて損は無い気がします。政治で医療を動かす熱意と日本の事情。政治と金。医療機関である病院とビジネスとしての病院。裏社会にも精通するやり手ビジネスマン徳田よりも、医師徳田としての姿も、もう少し味わいたい内容でした。
でも、面白かったですよ!

posted by Mako at 16:17| 読書