2020年05月02日

色々と変すぎる(コロナ自粛で思う事)

自粛や保証に対する不満がピークを迎えそうな中で、『自粛延長』の言葉が飛び交ったね。

毎年やってくるGW。観光を楽しむ家族連れやカップルは「海外に行けないから 自粛して国内で済ま せまし。」と平然と言う状況。

「自粛の意味を理解してるのか?」と怒る人も居そうですよね。




だ・か・ら!!!

やっぱりね、生活のインフラに直接関係ない業種にお休みしていただいてですね、そちらの保障を手厚くするのが良いと思うの。

お出かけしたくてもできない状況あってこその感染拡大抑止になると。
それなら、国民のしんどさや苦難の程度も軽くて済むでしょう?

食費や交際費が減る分生活費にまわせる。
光熱費が多少上がっても、移動に使う交通費よりは安い。
あとは、子供を預けられないのに、月の代金は払わなければならないような出費を行政負担にすれば良い。そうすれば、その浮いた分のゆとりが出て「忙しい」で時が流れていた親子の時間を楽しむゆとりができると思うのよ。

毎日子供がいるのに月謝も消えていくってなると、親は少しピリピリする。
だって、自由に庭やベランダですら遊ばせられない状況の子供なんて家で絶対ドタバタするってば。
そうすれば近隣の住民がイライラするし、それが原因で再度親が怒ってばかりになる。
ほんと良い事無いよ。




行って遊べるから。
行けば飲み食いできるから。
宿泊はできるから。
高速乗ればすぐだから。

自粛というゆとりが、自粛期間延長の元になってしまうわ。

制限がどうなるのかわからないけど、今更国民に10万程度支給したってさ。麻生政権下で行われた1万2千円程度のお金とありがたみは変わらないよね。
全額もらえる人は20万ぐらいになるかもと言ったってさ、家賃2ヶ月たまっちゃったらいくら残るの?

貯金は?って言う前に派遣社会にしたのは国じゃないの。
社員なら、ずっと問題になってきた内部留保を企業に吐き出させる事ができただろうに。
いくら国が優遇したって、内部留保で金が流れない。金が流れないから落ちるべきところに落ちない。
この悪循環がどれだけ景気回復の邪魔をしてきたの?

国民個人に保障を考えるより、一旦企業負担させておいて、後で法人助成するなら間に合わない人が出ないで済む率低かったと思うよ。

政府への批判ももっと少なくて済んだと思う。




失業してしまった人のいくらかは失業保険を使えるじゃない?
そういう人は無収入ではない。
そういう人とそうでない人と扱いが同じである必要は無い。
でも、行政がその調査をいちいちできますか?って話よ。

資産のある人と無い人でも違うし、

マイナンバーは税金徴収以外になんの役に立ってるの?

緊急事態宣言中ぐらいはベーシックインカムを導入するとかさ。なんだろう?徴収と恩恵が割に合ってな過ぎるのよね。

『自己責任論』を強く主張する人が多いけど、それって結局『稼げればなんでもやるぜ!』って社会を助長するのよ?

保障を受ける受けないも、外国人はどうする?反社会的グループはどうする?と振り分け論争しているけれど、苦難の時ほど分け隔て無くしなければならないのよ。

戦後何があったかをよく振り返って学ぶべきだと思うの。
分け隔ては、十分な財力がある人だけにすれば十分です。
何故かって、理不尽や治安悪化を防ぐためによ。
これが増えると、緊急事態宣言が明けても社会の復興が妨げられるの。
早く社会に出るべき人が殺されたり、犯罪被害でお金を取られてしまったら?
悪どい事をしてお金を持っている人のお金ばかりが先立ってまわる社会なんて、行くべきところに行くお金が減るから、正常な経済活動を邪魔するのよ。

生産工場が動き始めたら、仕入れ先や運搬系にお金が流れなければいけないの。
この流れて当たり前のところが詰まると、本来なら傘下企業や下請け業者に流れる仕事とお金が流れない。
貧困が長引いて治安が更に悪化って言う…いらん状況が長引くでしょ?

『自己責任論』は『正常な経済活動中』に好きなだけやってくれ!って思うの。
今は『緊急事態中』で『正常な状態ではない』のだから。

ましてや続く不景気・解雇の自由化・派遣労働の問題・消費増税の拍車と、元々の経済活動がまともでは無かったのだから。
そこに責任論を持ってくるのって頭悪いように見えちゃうのよね。

「この人頭悪いのかな?」
こんな風に馬鹿な私に思われたく無いと思うのだけど…
先見の目を持って広く社会を見れる大人は、知性的で意見を聞く価値があると思うのよね。
posted by Mako at 02:41| 日記