2020年06月15日

Youtuberが嫌われた理由(わけ)を思い出した

黒ハートコレコレさんが配信で取り上げていたアダルト系や、人の外見やコンプレックスを卑下する広告類。その話題で、Youtuberが職業として認められなかった理由を思い出しました。

出会い系やマッチングアプリを紹介するユーチューバーがすごく多かった。子供たちのなりたい職業がユーチューバーになってきた頃、当然ユーチューバーというだけで子供が再生するなんて事もある中で。
そういう動画は「ブス」や「デブ」という中傷語を使って女性を選別するような内容が多くYouTubeに上がっていましたね。

次に情報商材、怪しい美容や健康系サプリの紹介が相次ぎました。出会い系・マッチングアプリの被害相談だけでも、毎年1万件近くの被害相談が行政にあります。中には性質上恥ずかしいからと表に出さない方もいらっしゃるので、実際の数はそれ以上でしょうね。

美容・健康系のサプリは、特に定期購入と料金の相談が多く、紹介しているインフルエンサーやユーチューバー達が詳細を伝えきらない状態で「お仕事♪」をしてしまうので…
影響力のある人が案件ひとつを片づけると、水面下ではなかなかの数の被害者がいたりします。これらにひっかかってしまったのが未成年だった場合、親が動かなければならないケースも多いので、やっぱり苦情・相談が増えます。

「あんな広告が流れると迷惑なんですけど…」それ!わかります。動画を再生しただけなのに「あ〜ん!」と急に喘ぎ声が流れ始めて「え?私何を再生した???」と大慌てになります。家族がいる人や、人のいる屋外で再生した方は大変な思いをされたと思います。

私も2回ほどありました。びっくりしました。5秒はスキップできず待つしかないので、音量下げるのにアタフタしましたよふらふら

これらの苦情って、ユーチューバーがなかなか職業として認められなかった時代、世間一般で「ユーチューバー嫌いなんですけど」って言われていた理由にあげられてきたものとさw
なかなかの数一致していてwww
そっかぁ。インターネットって、規制しても結局これなんだなぁなんてほのぼのしちゃいました。

毛深かろうがデブだろうが、好きになってしまったら関係なくなるものです。好きになる基準にはたぶん影響ないんだと思います。実際に誰かを愛する事と、理想論は違うって事ですよね。
だから理想のタイプや好きな異性のタイプを聞く事ってあんまり意味が無いように思うんです。外見の「無理〜」は、好きになってしまえば乗り越えられるものですが…
中身の場合、性質の合わなさとかね、そういうものはどうにもならなかったりします。

「自分几帳面なんで、雑な女性はちょっと…」と言いながらも、ものすごく大雑把な人と結婚してしまう場合もあるでしょ?お互い無いものを補う関係ができる関係とかね。
だから、性質が合わないなんていうのもまた、好きになってしまえば関係ないのかもしれません。

「外見の〜が嫌だからつきあえない」と言う話は、そもそもその人の事を好きじゃないだけの話なんですよ。
毛深いのを治せばとか痩せればとか、そういう問題はアクセサリーのようなものです。

…と、私は思います。

ちなみに私が異性の外見で無理なのは、わけのわからないもみあげの持ち主(髪型の問題?)と、マッチョ、あと、レスリング系のうぉぉぉって感じのノリを持った人です。
女子プロレスは平気だけど、女子レスリングは苦手なので、何かかしら偏見があるのかもしれないです。男子はレスリングもプロレスも苦手です。

誰にでも「あ〜。こういう人無理〜」っていう好みのようなものがあるけれど、誰かを愛したり、一緒にいたいと考えるのにさほど大きな影響は無いように思います。
私、長髪の男性が苦手でした。だから木村拓哉が大嫌いでした。ヒーローの髪が短いときぐらいでしょうか?まともにドラマを見たのは。
でも、少しの間恋をしたイタリア人男性は、知り合った頃は長髪でした。

「きみの好きなJesus(イエス・キリスト)と同じ髪型だよ!」と言って笑っていたけど「ざけんな!」とちょっと思っていましたw
映画や絵画によく出てくるあの髪型に近かったんですよふらふら
まぁ、恋というものは愛では無いので… あまり参考にはならないかもしれませんけどね。

おまけ。
私が恋をした相手は、生まれつきのリッチ(カーリーヘア)なんですよ。長くしておかないと、毎朝セットしないとなかなか大変なんです。だから、見た目というよりも、生活のしやすさのために長髪なんですよ。ある程度伸ばせば、セットはそれほど大変じゃないので。
でもある日突然「きみが長い髪は好きじゃないので切ってきたよ」とWebカメラで短くなった髪を見せてくれてね。子供の頃以来らしくて、恥ずかしさで頬が赤くなってました。
とーってもうれしかったの。それがね。思っている状にリッチだったので、絵画にある天使みたいな髪になってましたw
通勤時は帽子類をかぶって髪を落ち着かせるように努力していたのが、なんだか私のせいのようで申し訳なかったですもうやだ〜(悲しい顔)
まぁ・・・髪が長い頃よりずっと素敵でしたけよわーい(嬉しい顔)
posted by Mako at 20:32| 日記