2020年06月17日

落ち着きの無いチグハグさ

先日UPした投げやりないくつかの山を越えて。
▼これですね。


わかる人にはわかりますが、これはPCを使って作った歌声なので、私が歌っているわけではありません。元の音源に私の声が入っているのは入っていますが「あー」「いー」「うー」をローマ字読みしたものを使っています。だから、これでは「っ」や「ゃゅょ」のような詰まった音や小文字で書かれる日本語を表現できません。
私にはそれを実現する知識がありません。

さて、なんとか短い賛美を一曲歌わせる事には一応成功したわけですが…
あの曲の前奏メロディーはこうです。

※補足
わかりにくいと思うので補足しますね。この賛美曲の歌を歌っている人間は誰一人としていないのです。
パソコンと元の音声ファイルを使って歌っているように作ったものです。歌っている人は存在しません。
主イエスさまの『しゅ』は『しー』の音にショート再生した『ゆー』の音を組み合わせて実現しています。
そういう小細工をしなければ『しーゆー』という発音に聞こえてしまいます。
要するに自家製のヴォカロです。
面倒なわりに出来が悪いので、諦めてYAMAHAで売っているボーカロイドを買おうかと考えています。ずっと前から。高いし、いらないって気持ち(必要性の無さ)と心が葛藤中ですw

▼これが前奏部分。


途中指が当たってつっかえてますが(笑)

この前奏と歌を作るのに、音階でフラットが4つ必要でした。それでキーはAmなのでは?と予測を立てたのです。しかし、原曲を聴くと、それでは辻褄の合わない音が入っているんですよ。
私にはそこの整合性が理解できないので、この曲の正しいキーがわかっていません。




今日、公人と準公人について書いたのですけれど、人前で賛美曲を歌う人も曲のジャンルを問わず公人です。伝道者や牧師、祭祀職も公人になりますね。看做し公人や準公人になりますけど。

私が音楽系の賜物を受けなかった理由がわかるような気がします(苦笑)
私にはそれを背負えません。ですから求めた分だけを得て、後は御霊(みたま)との共同作業になります。
仕上がる曲があっても、複数の人が必要なものが中心になるような曲が多いです。
渇きと満たしを、砂浜で見る波のように寄せては返す感じで見ている気分です。




じゃあ私はどんな賜物を持っているの?
何も無いですよ。全てが共同作業のようなもので、祈った分、求めた分、必要な分しか与えられません。
だから、賜物を用いてそれをしている人には逆立ちしてもかなわないのですが、良い事もあるのです。

振り返った時に、自分がどれだけ恵みを受けてきたかを知る事ができるのです。
1人では無理だった。ここまでできなかった。もたなかった。そういう事が形になっているのを見つめると、どれだけ愛されてきたか、どれだけ祝されたかを知るのです。後になって。

この積み重ねは、キリストを信じて良い。信頼して良い。彼なら間違いない。こうやって、信頼の確信を起こしてくれるのです。
だから、特段優れたところが無い私を、私は結構気に入っています。
問題は、それが過ぎ去ってから改めて喜んだり感謝したりするのが遅い事と…
神に向かってぶつける感情の多さです。その時はなんとも思っていない事を、後になって…愚かさも恥も、通り過ぎてしまうまで気付かないんですよ。

神に対する恐れが欠如しているのかもしれません。で、後になって恐れるのです。

『The Day』その日。クリスチャン達が待ち続けている日ですが… なんて言うか…
その日が恐れや嘆きの時になってしまうような不安を掻き立てるんですよ。このタイムラグが。
そこもまた祈りますけどね。
底から湧き上がるような不安と、なるようにしかならんしぐらいに軽々しくいる自分もいたりして…
チグハグさのやり場に困っています。
posted by Mako at 19:05| 一人じゃないよ

芸能人の不倫問題がおかしな議論になってる-補足

ちょと前記事の補足しておきます。




有名人になっただけで公人のような扱いを受けるのって理不尽なんじゃないの?と思われる方がいると思うんですよ。

なぜそうなるのか?を細かく言うと多すぎて文章だらけになってしまうので、わかりやすい一例をあげたいと思います。

今回の不倫騒動の人。彼が紹介した食材やレストラン、料理人…これって、流行したり人気商品になったり、お店が予約でいっぱいになったりしませんか?
ユーチューバーやインフルエンサーだってそうじゃないですか。紹介したら売れる。売り切れ商品になる場合もある。施設やサービスなら混む。そうですよね?
どちらもそうなのです。

つまりですね、これらの人の言動ひとつで株価まで動く、経済に影響をもたらすんですよ。社会全体に負を与えてしまう影響力を持っているのです。これが、公人のように扱われる理由です。

その人が紹介したから買っていたもの、使っていたもの。こういう物も、その人の不祥事によって売れなくなったり返品されたりもするんです。
投資家や出資者にも影響を与えるし、その会社、関連業界、関連企業の社員達、アルバイト達、最後にはその商品やサービスを使い続けたい人の不便まで作り出すのです。
この事に男性や女性、成人や未成人は関係ありません。「有名税だから仕方が無い」というのはこういう事なのです。
隣のおじさんやおばさんが何かをしでかしても、そうはなりません。これが違いです。




また、身分の問題ですがこちらも補足しておきます。

双方の合意による婚姻ですが、それによって得る身分の継続は『法の裏付け』と『国の保護下』にある強い身分です。ですからそれに伴って権利も発生します。
法の裏付けと国により保護されている身分を「犯罪じゃないから…」「皆やってるじゃん」と侵して良いのか?という考え方を忘れてはいけません。
婚姻関係、家族、親族、これらは恋人関係の延長では無いのです。
この事を強く言うのは、「浮気なんてゆるせなぁ〜い!」と私が思うからでは無く、これを頭に入れておくだけで、余計な責任問題を負わずに済むからです。

不貞行為、つまり浮気は離婚の原因として認められます。どんなに謝罪しても、どんなに相手をまだ愛していても、相手がそれを理由に離縁できるという事です。逆に、それを侵した側には発言に力は与えられません。相手の同情にすがったり、愛情にすがったりする言葉を羅列する事はできますが。
この事を考えても、その身分が強いものである事が理解できると思います。

法の裏付けと国の保護という強い身分関係であるにもかかわらず、相手を傷つけ続けたり貶め続けたりするのも同じようにダメな行為だとわかりますよね?




有名人や芸能人ではなくても、会社の社長等では無くても、公人のように一般人より重い責任を負わされる場合があります。
何かの専門家やスペシャリスト達がそうです。特別な資格を持っていれば、その分責任が重くなります。医者や弁護士等もそれに入ります。
科学分野の権威と言われるような人々もそうですし、スポーツ類を代表するような人々もそうです。それだけ深刻な影響を与えてしまう社会が存在するという事です。

「個人と個人の問題」と思える事でも、そうでは無い場合も多々あります。
安易に考えている事でも、実は責任が重い事も多々あります。

大人になったらそこを意識して生きていかないとダメよ。あなたが傷ついたり、無用な批判、責任を負わされないために…。

そういう意味で、おかしな議論になっている風潮にひとことふたこと言っておきたくて書きました。

注意一秒怪我一生ってやつです。賢く生きましょう。
posted by Mako at 09:08| 日記

芸能人の不倫問題がおかしな議論になってる

ちょっと気持ち悪い現象が起きています。
誹謗中傷と批判の区別がごちゃ混ぜ状態で、批判を誹謗中傷している人達がいます。
批判と誹謗中傷は別物です。これを私人が主観で取り締まって自粛させる空気は、自由主義社会の弊害です。


・医師が何かの理由で医師免許を取り上げられる。
・教師が何かの理由で教員免許を取り上げられる。
・あなたが何かの理由で運転免許証を取り上げられる。

それぞれ考えてみてくださいね。医師が何かの理由で、教師が何かの理由で、あなたが何かの理由で…。これは、犯罪行為によるとは限りません。

・社長が何かの理由で辞任させられる。
・部長が何かの理由で降格させられる。
・あなたが何かの理由で左遷させられる。

これらもそうです。犯罪によるとは限りません。

「犯罪をおかしたわけではない」事は基準にはならず、社会的制裁を加えられる一例です。

人はそれぞれの立場で、それぞれの専門性で、それぞれの職業で、様々な理由で責任を負わされます。『準公人』と呼ばれるそれや『みなし公人』と呼ばれるそれも同様です。




広く社会に影響力を持つ芸能人やジャーナリストもまた、準公人やみなし公人と呼ばれます。これをわかりやすい言葉で言い換えると『public person』です。
公(おおやけ)、公共、大衆の為の存在となる人物です。それは直接契約をしている会社との関係だけでなく、それに関係する業種や職業、そしてその業種の商品やサービスを受ける一般人に至るまで、その人の言動がとても多くの人に影響する立場だという事です。
芸能人はそれにあたります。ユーチューバーもそれに類すると言って良い時代だと思いますが、まだ論説や判例が足りないので微妙といえば微妙です。

ですから、プライベートが暴かれるような事の扱いは、政治家や議員達に順じて続きます。それに並んで作家等がおり、代表取締役や会長職等がいるかもしれません。
倫理に反する事、秩序を乱す事、道徳に反する事も一般社会に影響を与えますから、一般人より非難されます。これは当然の事と考えた方が良いです。

隣の旦那さんが浮気していた。こういう話とは全く別の話なのです。




「不倫は犯罪ではない」と言いますが、不倫は刑罰を受けるような犯罪では無いが『不法行為』であると言えます。民事だからOKという話ではありません。民事は一般人同士のもめ事の法律ではないのです。
婚姻関係、親子関係等の親族法がおさめられています。これは何かと言うと『身分法』なのです。親の身分、子の身分、夫の身分、妻の身分、すべてがその人の身分です。

「彼氏・彼女が浮気したんだよね〜」と言う場合と「夫・妻が浮気したんだよね〜」と言う場合では、浮気をした本人と浮気相手に対して求める事ができる内容が全く異なります。
法律を持って相手に責任を負わせられる。これは法律に基づいて得た身分によるものなのです。
ですから「不倫は刑法にはかからないが法律違反である」という事ができます。わかりますかね?
刑務所に入らなくても法を犯している。実刑等の刑罰は無くても法を乱している。
道徳云々、本人云々の話では無いのです。それによって身分を害された家族の将来にも影響する責任の重い不法行為なんです。「みんなやってる事じゃん?」で済ませるかどうかは、その人の主観でしかありません。
ここを混同してはダメです。

不倫はいけない事では無く不法行為です。この違いを覚えておきましょう。
準公人の不倫ですから、週刊誌や社会からの批判や非難はしかたのない事です。受けて然るべき立場にいる人の話ですから、変に止めようとすれば社会秩序や公共の福祉に影響しかねません。

特にユーチューバーのような影響力を持った人が、間違った情報を垂れ流すような事は避けましょう。




次に、今回の騒動ですが、森ビル内(私有地)で『特に』公共性の強い場所で不法行為を行っていた。これについては犯罪の可能性があります。ある機関の決断ひとつで犯罪となる可能性は十分にある行為です。
「犯罪を犯したわけじゃないんだからいいじゃないの。」は既に消滅しています。

「当事者ではないのだから」で済まされる事と済まされない事があるのです。




人の非難は聞いていても嫌な気分になる事がありますから、「当人同士の問題でしょ?」で流したい気持ちはわかりますが、父親の浮気又は母親の浮気で親を失う子の気持ちを考えた事がありますか?
離婚によって片親になるだけの話ではすみません。信じていた伴侶に裏切られた事で自殺をする人がいます。心が病んでしまい、子供の面倒を見ることができなくなる親がいます。表面上は家庭のようであっても、家庭の正しい形や関係性を保てないでいる家庭があります。
これらをどう考えますか?

浮気は虐待でもあるのです。

親が病んでしまっても、死んでしまっても、離婚をしても、行政や国庫に負担がかかります。
子がそれによって、普通の子と同じ行動や生活をしなくなっても、行政や国庫に負担がかかります。
それならば、不倫は反社会的行為とも言えませんか?
「逮捕されるわけではない」「前科がつくわけではない」事は基準になりません。

ここをよく考えて人の意見を制したり抑圧したりするべきだと思います。相手は特に間違った事をしているわけではないのです。

木村花さんの件とはまったく性質が違います。




まぁ、私は芸能人に子供が生まれようが離婚しようが、たいして気になりませんけどねw
正直、大事なニュースを着にしている時に、速報であの芸能人が結婚!出産!浮気!不倫!というニュースが通知で出る方が迷惑だと感じるタイプなので…。

亡くなったは許される範囲ですけどね。
posted by Mako at 08:19| 日記