2020年06月19日

きりたんをためしてみた。

AIに歌わせるきりたんを試してみた。
テスト用に軽く曲を作ったので、歌詞にも音にも意味とか何も無いです。そこは深く考えないでw

きりたんに歌わせるには、楽譜にスコアを打ち込んでDOSプロント立ち上げないといけないの。
とりあえず「そろそろかき氷食べたい季節じゃね?」と思ったのよ。それで、思いついた歌詞をスコアに乗せてみたの。
まぁ、こんな感じね。



きりたんはどう歌うのか?をテストしただけなので、隙間を埋めるためだけに少し音をつけました。てきとうにつけたので、ちぐはぐですが、無音が続くよりいいでしょ?って感じで。

音符1個に歌詞の文字1個というルールがあるらしいのよ。それで、いちいち音符に歌詞を関連付けなくちゃいけなくて…。やってみたら、16分音符や32分音符では歌詞が消える??
gakufu.png
テンポの遅い曲ならもしかしたらいけるのかもしれない。

私が自作したものは、テキストファイルをDOSプロントで読み込むんだけど、音程は私が使ってるMIDIと一致させてるのよ。Aならドの音程って感じでね。
楽譜を読み込むってどういう事よ?ってまだ悩んでます。

調声するフリーソフトがあるらしくて、それを使うと息遣いやビブラートも入れられるらしい。
使い方がよくわからんのよ。
初音ミクよりは全然マシなんだけれども… 使い勝手が良い感じはしない。操作性はスコア書けば良いので全然ラクですよ。ほんとに。

細かい音符を使うとダメなのと、やっぱりこれも『っ』や『ぅ』『ぉ』なんかが自然に作るのは難しいみたい。自分で手作業で小細工しないとダメっぽい。
きりたんの方が断然いいわなぁ。こんなのより。


レンダリング?と呼んでいいのかな?が10分以上かかるし、タスクメモリを軽く4M使う時がある以外は、使えるようにしてくれた製作者さんに感謝感激雨あられですわ。
曲を作りたいときは、夜中でも歌手がいるようなものだから、グンとラクになるよね。
posted by Mako at 19:46| 日記