2020年08月05日

日記

レジ袋有料化。
コンビニで買い物をして、レジで自前のバッグや袋に商品を入れる。
客は思う。「なんじゃこりゃ?何この状況…」
セブンイレブンは「セルフレジ始めます!」

エコバック持参+セルフレジのミックスでエコバック万引きが流行(笑)

ファミマ系列はロボット対応にするらしいですw




消えない傷や結果を積み上げ過ぎて、もう意見を述べる立場にないくせに、自分の考えや意見を押し付けようとする人がウザ過ぎてストレス。
どんな意見があろうが、考え方があろうが、それはもう届かない。それで良いから始めて、それで良いから続けたくせに。

意見や考えを押し付けるだけで、他になんの関係性も保てない人と問題無くつきあいができるほど無の境地にいられる人はいない。
自分の言った事ややった事を棚に上げて、相手のせいにしても…。それは相手が我慢していたから通ったものでした無いのに、永遠にそれでいけると思ってる。

経緯ってとても大事で、必要な思い出や経験もとても大事。
一緒に頑張った思い出は、次も一緒に頑張ろうと思わせる。でも、一方的に頑張らなくちゃいけない状況を作り続けて、その大変さに自分は触れもしない人は、その人の人生から外される。過酷を作り出すだけで得るものが何も無いからだ。ってか、得るものなんて夢のまた夢って状況なんだが。

不況を作り出した社会の中で、エコバック万引きを覚えてしまった人。
収入が無ければ生きるためにそれを続けるだろうし、楽しみでやっている人は、経済的理由が改善されてもそれを続ける。それを行う前には戻れない。

うーん。
好きな人ができた。そうだ!あいつらに絡んでもらって、それを助けに入るヒーローのように登場すれば仲良くなれるかも?
漫画でありがちな話。

怖い思いや痛い思いをしたくなかったら、それを仕組んだ人に助けてもらう事が必要なんじゃない。それを仕組んだ人ごと排除する必要がある。
それを仕組んで、一度辛い思い、怖い思い、痛い思いをさせておいて、それを棚に上げてあれこれ言った結果嫌われた。じゃあもっと辛い思いをさせよう。痛い思いをさせよう。怖い思いをさせよう。
そもそもそれが原因で嫌われたのだから、もっと嫌われるだけだ。それにつきあわされた分、人生に必要な大事なものがすっぽり抜け落ちてしまった時間はもうもとには戻せない。

それをこれからも背負って生きなければならない人間を相手に「おまえが悪いのだ」とよく言えたものだ。

だから完全に切る事を選択された。それでも、完全に切られた原因を未だに続けながら好き勝手言ってる。キモイ。いろんな事を耐えたり、我慢し続けた自分すらも憎くなってる。

意見や考えを押し付けるためだけに、まだまだ私に不快な思いや不幸な思いをさせ続けるんだろうな。もうね、目的が『私の不幸を作り出すために生まれてきた』としか思えない。どんな結果を残しても振り上げたこぶしをおろせないところとかねw 痛すぎて目も当てられない。

これからもね、この関係は変わらないよ。一方的に私の不幸を作るためだけに私が使われるだけ。
だって、どんな言い訳も通らない。だったら最初からきちんと向き合うべきで、そんな事を今更言っても遅いから。

意見を言うにも、考えを述べるにも、同意するにも、反対するにも、その立場を得ないのに勝手に口をはさむのは完全に嫌がらせだ。急にそうなったのではなくて、私はそれをもう我慢しないと人生を変えた。しないというよりできないのだけど。

自分、自分、自分。だって、だって、だって。
人には酷く冷たくどこまでも厳しく。でも、自分には優しく、甘く、ゆるーく。
それを赦し合える関係の中だけでやってくれないとガチ迷惑。

posted by Mako at 21:08| 日記

ホラーだけど恋愛ストーリーの話

カテゴリーはホラーに入ってるんですけど、『ハッピー・デス・デイ』をだいぶ前に見たんですよ。PCで。
主人公の女の子が何度も死ぬんです。
通り魔だっけかなぁ?に狙われて何度も殺される。死ぬと死んだ当日だか前日からやり直しなの。

目覚めると、同じ大学かな?の男性の寮の部屋で目覚める。
その人と初めて会うのに、何度も同じ日を過ごしてる彼女は顔見知りのように扱うようになっていくの。

で・・・。
続編を見ないとわからない。結局ね、彼女がもう死なないためにはその彼が必要なの。ってか、彼のサークル?

何度か死んでリセットされているうちに、その彼の事を好きになっていくのよね。主人公が。

イケテル系で攻めタイプのホットな彼女と物理かな?とにかくオタク系ヒョロ男子の恋もサブストーリーになってるの。
ひとつのストーリーは短めなの。2まで見て初めて面白いって感じるの。




制服JC、JK。こういうのがメインに出てくる日本のラブストーリーに飽きてるから、ホットで攻めに入ってる女性っていうのが少し新鮮だった。

日本ってあれよね。アニメもなんだけど…。
制服で小生意気で気が強い女子(強いw)と、あれこれ指図されながらへいこら従う弱弱しい男子の話多いよね。

制服時代に気が強くて男子に指図するタイプなんて、肝っ玉母ちゃんになりそうだけどねw将来www

ちょっと下品な話するけど、「どちらかというとS?M?」って聞いてくる人けっこういるでしょ?
どちらかと言うとで済むような性癖じゃないからね。あの人達。
わざわざSかMかで性格を聞く意味がわからんし。
プンスコ・・・・

※補足
急にこんな話を書いたのは、この映画を見て思い出した事があるの。
イタリア人男性とSkypeで話していたときに、日本人女性と男性一人ずつを通話に入れたの。
その時に、女性がそういう質問をイタリア人男性にしたのね。

『紳士的に』女性に接する事を意識している男性は、女性の前で性の話をしない。特にセクハラ問題ができてからは。これが常識にある文化圏の人には不快な会話でね。しかも女性から言う。そして性癖を聞いてる。
日本のようにライトな感じにとれなかったというのがあるんだけれども、サディストは世界共通サディストで、マゾヒヒストは世界共通でマゾヒストなのよ。
あなたはそのどちらなの?と質問された状況なので、不快+セクハラ+失礼…色々重なってしまったのよね。

一応後で、日本では〜みたいな事を言ってはみたけど、日本のイメージが悪くなりそうでやめた。

たぶん「攻めタイプ?」「受けタイプ?」って感じで聞いてるんだろうけど、日本人以外の人には使わない方がいいと思うよ。「どちらかといえばS?M?」って質問は。
で…。
ガチのそれの人はね、常人には3日もおつきあいできないと思う。
posted by Mako at 07:05| 日記