2020年08月06日

(告白)やめられない事

私にはやめられない事が2つあります。いや、最近気になっているやめられない事がこの2つです。
また時期が変われば別のやめられない事が出てきそうですけど…。

ひとつめ!
ソース焼きそばに目玉焼きをトッピングする事。
塩焼きそばでは無くても平気なのに、ソース焼きそばだけは目玉焼きが必要なんですよ。
お肉も入れてるので、栄養上もカロリー上も必要ない。そんな事はわかってるんです。
でも…。
ソース焼きそばに半熟目玉焼きがおいしすぎてやめられません!もうやだ〜(悲しい顔)

ふたつめ!
文春オンラインにある警察不祥事系記事を読んでにやつく事。
文春に警察関係の「あいつら偉そうにしてるけどピー(自粛音w)だな」な実情が書かれた記事が出る事があるんですよ。
警察の不祥事系の話は私の大好物でおかわり希望って感じなんです。
あいつらマジで性根が(以下自粛

最近読んだ記事では、夫(警察)のDVで警察を呼んだら、夫に「帰って」と言われて、駆け付けた警察がそのまま帰ってしまうなんて記事がありました。
「ひでぇ・・・・」って思いましたわ。そのDV夫の不倫(同じ警察)も、皆で黙認していたようです。
「ひでぇ・・・・」って思いました。

posted by Mako at 21:57| 日記

過去を振り返れば…(米中)

中国の過去を振り返るって難しいですよね。
日清戦争なんて言ったって、今中国を治めてる民族では無いじゃないじゃないですか。台湾にいる人達がそれだと言われています。
だから、過去を振り返りようにも…

同じ土地とは言え、どの民族が治めたのか?の違いは大きいと思うんですよ。

米国内でも中国内でも、双方の領事館が閉鎖されたりしているけれど…
やられたらやり返すの動きに『経済への配慮』が『相手国への配慮』にもつながっている状況です。

参考になるかはわからないけれど、中国という国?いや民族ですかね。彼らは、歴史上でもあちらこちらに出しゃばっていくんですよね。インドとのイザコザは昔にもある。まだ船の時代ですね。

注目すべきは、中国の民族というのは、有色人種には強気っていうのがあるんですよ。言い方は悪いけれど、白人には良い顔、有色人種の国には中華思想丸出し姿勢を見せる性質がありまして…。

「米中どっちにつくの?」という2極で見れば、中国がアメリカに真っ向勝負を挑む事は無いと思うの。コソコソ工作して侵略していくのが精いっぱいなんじゃないかと。
だから、中国側についた国が踊らされる可能性がありまして…。

「アラブの春運動も、台湾の対中運動も、アメリカが裏にいる」
まるで陰謀論を語っているようですが、実際そういう工作は行われているんですよね。
他にも、そうだなぁ…。例えば、消費税の増税反対を掲げる政治運動が起きたとするじゃないですか。政治運動って人が必要だし、資金も必要です。もちろん対公安リスクもあります。
それでもやる。この背後には、色々な諸事情があるわけです。
この場合、この運動を起こさせたの人物は『消費税賛成派の政治家』だったなんて事もあります。反対派が自分の手中にある方が世論の落としどころを操作しやすいからです。
直接的に関与しなければばれませんからね。
このように、背後に経済界の誰かや、政府と精通した外国勢力である事もよくある話です。

ネットを中心にした騒がしい保守派。こちらにも『愛国』をうたいながら、愛国とは遠い事ばかりをするグループがあったら「変だな…」と考えるじゃないですか。
そう感じる直観力はわりと大事です。

どこかの国とどこかの国のイザコザ。両方にどう外交をしていくのか?と挟まれる日本。
こういう図式がある場合、『愛国』のような看板に踊らされたり流されたりしないように気をつけなければなりません。
左派が使う『自由』や『差別撤廃』のような、表面上綺麗に仕上がった言葉にもです。

本当は米中問題だったのに、気がついたら日本が敵国として戦っていたなんて事を避けるためにも落ち着いて熟考すべきです。感情論には流されない。エビデンスの無い話に踊らされない(エビデンスのある話ばかりが正しくもないのですが)等、自分の中でラインを設定しておくと良いと思います。
posted by Mako at 21:50| 日記

3つある。と思った

配信動画のコメント欄を見ていてね。過去の事を思い出していたの。

心が痛くて、肉体も痛くて…。翌朝は精神も痛かった。

それぞれ痛みの感じ方が違う。だから、この3つはそれぞれ別々に存在してるんだと思うの。




かまってちゃんが気にならないまでどうでもいい存在。
そこまで頑張らなくちゃ。
移動したくても、色々あるしね。

もちろん皆さまの期待通り、出たら戻らない。それが私の望みだから。
また邪魔される事があれば、また新しい場所を目指して頑張る。
その繰り返し。

それでもいいさ。耐えたところで何も形にならず失っていくばかりの時間よりは全然心も体も精神も元気だもの。希望を探せる分まし。
posted by Mako at 01:52| 日記