2020年09月30日

ハッキリ言わせていただきます! 黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題

ビジネス書に並ぶ本はあまり好きではないのですが…。
私には合わない本でしたが、考えるべきポイントはいくつかありました。





ハッキリ言わせていただきます! 黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題

▼KINDLE版
ハッキリ言わせていただきます! 黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題 (集英社ビジネス書)




こちらは対談本になります。正直言って『買うほどの価値は無い』と思いましたが、批判をする方・批判できない方・批判がわからない方はお金を出しても買うべき本かもしれないと思います。
ただ、私には必要ないかなぁ?といった感じでした。

最近、批判と誹謗中傷の別が無く語られるじゃないですか。また、批判を誹謗中傷と同じ扱いにしたり、告訴という単語等で言論封鎖しようとする動きまであります。かと言って、誹謗中傷しているのに『批判だ』と言い切る人がいます。このような状況下では、批判に関する本は必要だと思うので書く事にしました。

「何を今更…」と思う内容が私には多かったように思います。そして、わりと左翼思想が濃い目に出ている考え方が多くありまして、私の左派アレルギーが少々出ました(笑)これは完全に私個人の問題ですね。

著者の列挙する批判のお作法。これには共感しました。

▼批判のお作法5か条。
1. 批判されてもキレない。

2. 批判は「事象」「事柄」「発言」などについてすべし。
人間性への攻撃はNG.

3. 批判は「事実」に基づいてすべし。

根拠が思い込みや固定観念はNG.

4. 批判は「愛」が必要。
その先に「より良くなる〜」が必要。〜には社会、会社、学校、地域などがあるべし。
うっぷん晴らしはNG


5. 批判には責任がともなうべし。
公益通報などの匿名性は守られなければならないが、安全地帯からの匿名での言いたい放題はNG。




まぁ、批判ってそういうものよね〜って感じですね。

最後の批判がともなうべし。なんですけど〜。ともなうべし。という語尾がなんかしっくりきません(笑)
そして、これがあるだけで単に誹謗中傷しているだけのものは減るのではないかと思いますね。

本人を目の前にして、自分を晒した状態で同じ事が言えますか?って自分に問うてからすると違うかもしれないです。




この本のテーマ




  1. 日本人は批判が下手

  2. 教育から考える事・意見を述べる事を学ばせるべき。



「日本人は批判が下手である」と最初から言い始めるのですが、この批判が下手の中にも、「教育の段階で〜」という部分にも、「欧米らしくあれ!」と言われているような気がしてしまう切り口です。



日本人は批判が下手である事については同意するのですが、その列挙されている中には「日本人らしさ」も入っているんですよ。それを捨ててまで批判を上達させるべきか?というと、私個人の考えとしてはNOなのです。



急に大人扱いされる成人や18歳のような事象については同意します。校則で髪型や服装までがんじがらめにされている毎日から、急に「大人なのだから自由に」と言われてもね?(笑)とかね。



未成年が起こす犯罪や問題について、区切りがあります。14歳が万引きするのと10歳が万引きするのとでは扱いが違うのです。同じ未成年であっても。しかし、ここから大人として扱うべきという考え方は非常に極端だと思います。



未成年の非行にしても、よっぽど更生施設に置く必要があるような重罪で無ければ、わりと法定代理人次第になる場合が多いです。



15歳の子が売春をしていた。Aさんは少年院へ。Bさんは保護観察処分で家へ。全く同じ事をしていても、家庭環境ひとつで少年院へ送られるかどうかまで変わってしまう。これが未成年者です。



母子家庭だからダメとか、貧困層だからダメとかいう事では無くて、「なんとか更生させますので」と言っている親と「何を言っても聞いてくれなくて」と言っている親の場合。こういう事が影響したりするんですよ。置かれている環境によって格差があるんです。少年少女達には。その上責任を重くするのか?と考えると… 同意はできかねます。






批判の代表例



ある人物が犯罪を犯したとします。これは司法的立場で見た場合ですが、この犯罪者は2通りの罰を受けます。法律が行う実刑や罰金という罰と、世間から受ける非難や批判です。



報道されるのは、事件があった事を知らせる目的と、誰がどのようにしてどんな罪を犯したかを広く知らせるために行います。これには、世間が犯罪者を批判するという事を許容して行っているのです。



実際に受刑者となって受ける刑罰だけでなく、世間から批判されたり、非難されるという罰も与えるわけです。



ですが、糾弾したり、断罪したり、改めて国民個人が犯罪者を罰する事までは認めていません。この域に入ると犯罪者の人権保護という機能が働きます。



誹謗中傷はこの機能を動かす行き過ぎた行為になります。批判ならOK。誹謗中傷はNG。このラインが難しいのは確かなのです。



批判を学ぶ機会は、将来の大人である子供たちに教える機会は必要かもしれませんね。大人でも難しいですから。熱くなって度を超えるなんて事もありますからね。

posted by Mako at 20:33| 読書

エノク書を中心とした話

エノク書を考え方や言いたい事、物の見方に取り入れるのはどうかなぁ?という疑問を持ちつつも…
なので都市伝説にカテゴリーして書きます。






アロンは自分のための罪のためのいけにえの雄牛をささげ、自分と自分の家族のために贖いをする。

二頭のやぎを取り、それを主の前、会見の天幕の入口の所に立たせる。
アロンは二頭のやぎのためにくじを引き、一つのくじは主のため、一つのくじはアザゼルのためとする。
アロンは、主のくじに当たったやぎをささげて、それを罪のためのいけにえとする
アザゼルのためのくじが当たったやぎは、主の前に生きたままで立たせておかなければならない。これは、それによって贖いをするために、アザゼルとして荒野に放つためである

レビ記 16:6〜10




レビ記は創造神への祭祀を行うレビ達の事について、細かく書かれている聖書箇所です。
人は創造神への背きの罪の為に死ぬ者となった。その贖い(罪の償いのようなもの)の為にヤギや羊を贖罪の生贄として捧げる事。それはその事のひとつです。
主の為の生贄は今書いた通りの贖罪の生贄です。しかし、アザゼルの為のやぎが出てきます。





アザゼルとは?



大天使長アザゼル。アザゼルがノアの大洪水の原因となった堕天使であると言われています。その理由は以下の記述があるからです。



神の子たちが娘の魅力に惹かれ、選んだものを自分の妻とした。


大天使長なので、他の天使を従えています。その具体的な数は200と伝承されています。神の子たち。これが彼等だという解釈になります。根拠となるソースはエノク書です。



天使は基本的に霊的な存在となります。私達人間のように物理的に存在する者とは違います。そして、神から与えられた、銘々その役割にあった叡智や技術を持っています。人から見れば、まさに神の業(わざ)や知識と思われるものを個々に所有しています。



人の娘を妻とした



これは、神憑りのようなものを想像するとわかりやすいかもしれません。日本文化に照らし合わせれば巫女です。




神はご自身の形にかたどって人を創造された。


これは聖書の人の創造に出てくる言葉です。人の霊は神からのもの。それも、神に似せたものとして造られたと書かれています。これが純粋な人の形です。



アザゼルは、ここに別の霊性を混ぜたのです。これを書いているのがエノク書です。アザゼルは人を現在の社会構造(ピラミッド的な)の生みの親と言えます。





アザゼルの贖罪



地上には洪水が起こり、ノアの血統以外の人は死に絶えました。神の裁きです。では、アザゼルに従ったグレゴリー(見張りの者)200の天使達。彼等にはどのような罰が下されたのでしょうか?



まだ実刑にはなっていない。これが正解となります。現在は囚われの身です。



大天使ラファエル。これは主にユダヤ教でしか出てこない名前になりますが、ラファエルがアザゼルを捕らえて荒野の穴に投げ込むという任を行います。エノク書によるとですよ?聖書によるとではありません。



アザゼルに降った神の裁きはこうです。



アザゼルの手足を縛り、荒野に掘った大穴に投げ込まれる。その穴に石で蓋をし永久に光を見ないようにする。
審判の日(実刑に移る日)までそこに置き、世にはびこった彼からもたらされた罪を彼に帰すようにする。



現在は自身の捲いた種(罪)を刈り入れる(責任を負う)期間であるという事です。



アザゼルから来た罪はアザゼルに帰さなければならない。それが終わるまでアザゼルは死ぬ事ができない。拘束されたまま、闇の中で生き続けなければならない。←今ココ



審判の日が来ると、アザゼルは火の中に投げ込まれます。





アザゼルの罪



アザゼルがもたらした罪とは、人の霊性を乱した事。そして、人が持つべきでない価値観や智慧を与えた事です。鬼神を生み出した事もこの事のひとつに数えられます。



アザゼルは、魔術の分野では風を司るとも、四元素を司るとも言われます。



ここからわかる事は、元はオカルトからなる科学もそれに属するものと言う事ができます。疫学のようなものもそれに入るでしょう。薬学なんかも入ります。細かい事をあげればまとめるのが難しくなるので端折りますが。



つまり、あらゆる宗教、技術、思想、学問がこれから出ているという事です。エノク書を正しいと解釈するならばですが。



現在言われている能力者とされるもの。霊媒、占い、呪詛、このような類はここから派生していると言って良いという事になります。



有名なアザゼルの罪では、他に魅力を与えたという事があげられます。



化粧や装飾品、媚びる行為、誘惑する行為、これらを人、特に女に与えた。これによって男は女を守って治める立場から、女の機嫌を取り貢ぐ者になっている。
『犯罪の裏に女あり』は、この性質を良く表していると思います。



男には、戦う為の技術を教えました。つまり武器をつくる事です。敵よりもより良い武器をつくる。これは現在でも行われています。そして、自分達が考える正義によって敵を倒す。これも神の価値観が完全に排除されている殺戮行為ですから、正義の戦いと人が呼んでいるものに、神の意志が無いと言って良いかもしれません。介入はあれどです。



人知を超えたもの、超常現象、神秘的なもの、これらを地上にもたらした者で、そこから派生したものが学問として蔓延している。そういう世界観でこの世を見る。それが今私が書いている事です。






ネフィリムと能力者



人の娘と霊的交わりを持った後生まれた子。それがネフィリムという解釈が広まっていますが、私自身、概ね賛同するものの…といったところです。



ネフィリムを私なりにわかりやすく言うとですね…。



偉大な霊力や神通力を持つ者がいる。これがネフィリムです。人が持たない力や智慧を持った人間の形をした者です。



霊媒師や霊能力を持つ者の子孫にも同じ現象が現れる。これは、ネフィリムのように、純粋な人の霊性に別のものが混在している事が続いているからという事になります。



よく、ミュージシャンが悪魔と契約するなんて話が噂されるじゃないですか。27歳で死ぬとかそういうやつです。あれはその代で終わりますが、その契約が子孫の代まで続く。それが上記した内容になります。



本来人の中にあるべきではない霊性を持っている者。これがネフィリムの性質を受け継いだ人。そう言う事ができます。






神とアザゼルの違い



聖書は一貫して、人を生きさせようとします。これが神の意志だからです。



一方アザゼルは人を死へ誘います。



例えば、死者への崇拝や、人は死んで神になる信仰のような類のもの。これはアザゼルから来ています。神に反逆した者らしく逆へ行くのです。



聖書に『死人は死人に葬らせなさい』といった言葉があります。生きる者に死者は関係ない存在なのです。



死人に対する礼拝は、良い事のように見えて、自分をそこに貶める行為です。しかし、良いものに見える。良い行いをしているように思える。これがアザゼルらしい誘い方だなぁと私個人は考えます。



アザゼルがもたらした知識や技術、このようなもの全ては『神が忌み嫌うもの』として聖書に書かれています。



偶像礼拝の禁止は、神が神以外のものを拝んで怒るからではなく、人を死に誘うからというのが根本的原因だと言えます。






神からの霊とアザゼルからの霊



神からの霊は、神と共に生きた人々が義人と呼ばれてきたように、神と共に生きる者の中にあります。イエスはその完全な形です。



アザゼルからの霊は、主に、アザゼルに従って堕ちたグレゴリー達がその代表例と言えるでしょう。彼等は人の中に入りたがります。そのようにして堕ちた者だからです。



このような者を、人々は悪霊と呼びます。



あれはその行いの通りに、神仏として崇拝される事や、貢物を好み、人の中に入りたがります。



「事故現場に事故で死んだ者の霊が出る。」これは彼等が人の人知に合わせて意図的に行っている事です。一方守護者のように見せる事もします。『光の天使に見せる事もする』と聖書に書かれている通りです。





悪霊は人が中に入れる



通常、悪霊は人に入る事を好みますが、多くの場合人がそのきっかけを作っていると言えます。人がそれを求めているのです。



能力者になりたがったり、心霊や超常現象を求めて歩いたり…。そのような行為が受け皿を作ります。



スピ系からChristianになった人の多くは、瞑想や禅は、悪霊の通り道を作ると言います。ですからそれもそうなのかもしれません。私には経験も知識も無いのでわかりませんが。



人が求めて触れようとするから入る。その前は、神の恩寵の中にある限り、むやみやたらと出入りしないようになっています。



オカルトにかかわる事だけを言っているのではありません。人の心の闇の部分です。誰かを憎んで憎んで憎み切る思い。ここにつけいってきます。このような事もアザゼルの道へ人を引きずり込みます。



しかし、人を恨んではいけないとかね。そうやって自分を律しても意味がありません。自分自身で聖くはなれない。それが人ですから。どんなに徳を積んでも無意味です。どんなに道徳的に生きても無意味です。それは自分自身や人の目から見て善いか悪いかに分けられるにすぎません。



霊的な事は人の目には見えません。ですから、知らず知らずそれを受け入れていてもわかりません。その善し悪しでさえ、アザゼルから来たものかもしれないのです。






時代が進めば進むほど、アザゼルの裁きのときが近づいています。


悪霊達はもっと盛んになります。荒野。つまり水の無い所に閉じ込められているものが表に出ようとしています。


アザゼルがもたらした成功・智慧・地位・栄誉。この世の価値あるものとされている事の全てに逆らって生きているのがクリスチャンです。彼等は、最後の審判の日、神の軍勢につき共に戦います。世に生きている間、彼等に従わなかったし拒絶したからです。本物のクリスチャンだけが…と終わりのときに向けて言われるのは、この事も関係しているかもしれません。


霊性はひとつであり、複数持つ者はそれに入れないのです。



アイドルの別名は偶像です。人を騙し、誘惑し、夢中にさせるものです。



だから、アイドルになりたいと考える人の気持ちは私には理解できません。人の想いや欲をくすぐり、それを自分の装飾として輝かせ、金品に満たされたからと言って、やっぱり中身は汚いのです。



見た目では無く、稼ぎでは無く、内を見る。これは神からのものです。聖霊がもたらす霊を見分ける力。これはその究極なのかもしれませんね。多くのクリスチャンは意識せずにこれを用いている人が多いと思います。本人によらないので、意識せずいつの間にか・・というのが人にはちょうど良いのかもしれない?のかなぁ?



善い事をすれば善い事が返ってくる。これもアザゼルのものです。神は悪者にも憐れみ深いからです。行いによらず善いものを与えたがるのが神です。



現代の状況を見ていると、アザゼルの時が近づいている事がわかります。動画投稿だけでもそれが進んでいるのがわかる。政治を見ても。治世を見ても。クリスチャン自身もそれをよく見なければならない時代ですね。



陰謀であろうが、人をキメラ化(他の技術との融合)しようとする事や、いわゆるホムンクルス(デザイナーベイビーのような反自然的に生まれる子)のような事であろうが、それと戦えとは言われていません。ただ福音を告げ知らせよと言われているだけです。ですから、どれにも加担せず、過ぎるべき時を見守る事も求められている事かもしれません。



誰が統治者になろうが、支配者になろうが、誰がサタニストだろうが、クリスチャンが迫害されて殺されようが、起こるべき事を止めてはいけません。そう自分に言い聞かせながら最近を生きています。

posted by Mako at 08:40| 都市伝説?

2020年09月29日

配信者とYoutuberなら後者の方が悪質

配信者もユーチューバーも、どちらも炎上がつきものというイメージなのですけれども…。
配信者とユーチューバーを比較すると、炎上の中身が配信者よりユーチューバーの方が悪質ですよね。

これって配信者は囲い文化(ファンになった視聴者が配信者にお金を使って金品を与える事でスポンサーになる)があるからだと思うんですよ。配信者は囲いに捨てられたら失業と同じです。
しかしユーチューバーさんの場合、視聴者を取り込んでスポンサーから金品を得るので、視聴者はいつも餌食になってしまいます。ですから、炎上の中身ひとつとっても、ユーチューバーさんの方が悪質な内容が多いです。




ユーチューバーさんは情報商材屋(〜で稼ぐ方法・〜で勝つ方法等のもうけ話を販売する業者)気質の方が多くいます。

「自分は成功者」
「自分はできる人間」
「自分は金持ち」

こうやって自分を餌にしている。

成功者や金持ちを自称する人間、そして周囲もそのキャラを受け入れている場合、案件ひとつでも説得力があるんですよね。

頻繁に紹介される不動産投資。不動産投資というものは、結局のところ資産に入るものなので、節税対象にするのが非常に難しいものです。節税を目的に考えるなら、利益を圧迫してくれるものでなければなりません。しかし、不動産の場合は資産が増えてしまいます。

賃貸マンションに手を出して、下手に優良物件を買ってしまうと利益が出てしまいます。それでは節税になりません。かと言って入居してもらえないような物件に手を出しても、今度は素直に税金払ってた方が良くね?というバカげた出費になります。

こういう事は、専門家に相談すればすぐにわかる話なのですが…。

ユーチューバーやインフルエンサーのような若い人達を「成功者だ!」「金持ちだ!」と崇拝してしまうタイプの人は、そこまで頭がまわらない層だったりする。年齢的にも経験という熟成度でもです。

しかし、それを散々「節税になる」とか「家賃収入で暮らせる」とかね、「先行投資ですよ」とうまい事ばかりを言うのが仕事となると…。直接責任を負わないんですよ。ユーチューバーさん達は。「私は紹介するのが仕事だから紹介しただけ。それをするかしないかはあなたの責任でしょ?」と言う立場なんですよ。




婚約者に死なれ…と本を出版していたユーチューバーさんの一件は記憶に新しいです。

「婚約者は生きている」と知っただけでも皆怒ったと思うのですが、裏アカウントで「泣く芝居うま〜い。私」みたいな事を動画を上げながらつぶやかれていたら、なおの事むかつくじゃないですか。

これを「詐欺だ!!!」「騙された!!!」と言っても、これを詐欺罪に持っていくのは非常に難しいです。

何故なら、まず契約関係があります。ユーチューバーさんの直接の契約相手は出版社です。出版社から出版された本を購入したのが、「詐欺だ!」「騙された!」と言っている著者の視聴者です。

著者となったユーチューバーさんが、騙す意思を持って虚偽の内容を広めていたとしても、それについて書かれた本を出版していても、本を買った人に詐欺をしたという話にするのはかなりややこしい事になるんですよ。それが認められるかどうかは賭けで、ほぼほぼ無理と考えるのが無難です。

ではどうすれば良いのか?

「錯誤を起こす内容の表示があった」という内容で返金請求するのが無難という話になります。無難の意味は、購入代金を返金されると考えられる方法として一番妥当であるという事です。

「婚約者に死なれて引きこもりになった可哀想な私」という内容が書かれた本であると信頼して買った。しかしそうでは無かった。そうではない事がわかっていたら買わなかったであろう事実を立証できれば良いわけです。これは動機の錯誤と言います。

錯誤とは簡単に言えば勘違いという事です。簡単に言えばですけどね。

例えばですね、「あの車50万円で買わない?」と友人Aに言われ、「あの車が50万なら安いから買うよ!」とあなたが購入したとします。
お金の振り込みが終わって、いよいよ納車の日。やってきたのは買ったのとは全然違う車だった。

Aが言った「あの車」は、新車を購入したので古い車は廃車にしようと考えていた車。
あなたが買おうと考えた「あの車」は、Aが買った新しい車。こういう認識のズレです。
それが廃車を予定するような「あの車」であれば買わなかったという錯誤(別の車だと勘違いしていた事実)を理由に、その売買を取り消す事ができる。これが錯誤無効・錯誤による取り消しと言います。

Aの方も、50万円を、新車購入の一部に充てようとか、駐車場契約に使おうとか考えていれば「今更それは無いぜ」と主張してきます。
Aの購入した車が完全な新品だった場合、50万円で売るわけがないという常識があります。だから、「ちょっと考えればわかる事でしょ?新車の方なわけが無いじゃないでしょ?」という主張が勝ったりします。
しかし、Aの買った車が中古車であり、友人や知人価格の50万ならおかしい話じゃないという場合はその主張は通らなくなります。
錯誤(勘違い)にも事情や背景があり、誰が勝つのかは変わります。

しかし、今回のようなケースの場合、著者本人が生きている元彼だと言っています。そして、その人が死んだかのような内容を書いた事について動画も上げています。
ですから、本当に返金して欲しいとなれば、詐欺は妥当ではありません。錯誤主張が安パイになります。
購入者個々人に対して詐欺をしようとしたと立証するのは、なかなか難しいからです。

直接被害に遭うのは視聴者であり、たいした責任を取らないユーチューバーという構図は何度となく繰り返されてきました。
ユーチューバーの方が、中身は悪質だなぁと思うのは責任の取り方が甘いという部分もあるかもしれません。




過去、出会い系やマッチングアプリの紹介が多くあったユーリューバー案件も、今はだいぶ減りました。

その当時は案件であればなんでも欲しい人も多かっただろうと考えれば、そこは過去の事と気にしません。けれど、私は、現在でもそのようなアプリやサイトに視聴者を誘導するような事を「ビジネス」と呼んで行っているユーチューバーが本気で嫌いです。

投資系も、そのほとんどは嫌いです。不動産であろうと金融であろうとです。

チャンネルやインフルエンサー活動の下支えをしている視聴者が直接被害に遭う。そしてたいした責任も取らないのに、高収入だとか成功者だとかって顔をしているユーチューバーは基本嫌です。

配信者とは炎上の中身というか質が全然違うので、配信者の方が多少はマシな気がします。下品でアタオカ多いですけど(笑)

配信者であろうとユーチューバーであろうと、謎の上から目線で語っちゃう人も苦手ですね〜。

とにかく、炎上の質としては、配信者よりユーチューバーの方が悪質な場合が多いと思う今日この頃です。
posted by Mako at 17:01| 日記