2020年09月11日

てんちむが引退したとしても逃げじゃないと思うの

てんちむが引退をほのめかしてるじゃないですか。
「それは逃げだ!」と言う人がいるけれど、私はそうは思いません。

多かれ少なかれ、稼げるうちに稼いで、程よいところで引退するつもりはあったと思うのです。

ユーチューバーやインフルエンサーは、タレント契約をしている人と違います。雇い主がいないのです。ユーチューバーがユーチューバーとして生きられる土台なんて、グーグルの一存で消えてなくなってしまうわけです。
そのときの事を考えて、蓄える人は蓄えているだろうし、事業を展開する人はするだろうし。

てんちむは子タレ出身ですから、そっちの道もあるっちゃああるわけで…。バカリさんなんかてんちむ好きなんでしょ?放送作家兼用してる人に好かれていたら道は残ってると思うのよ。

で…。てんちむがこれから痩身や美容系に手を出しても出さなくても、それを褒める人がいるだけで「整形」や「詐欺」と書き込みされる可能性があるじゃないですか。

豊胸や整形による痩身を武器にして生きてるインフルエンサーなんてたくさんいますよ。彼女をそのみせしめにする必要も無いでしょ?

今現在の状況だって、友達を失った事+知られたくない事を次々と暴きたてられている事。これだけでも大変なのに、責任もついてまわってるのよ。
ねこあやさんに関してもここは同じかなぁ。暴き立てて叩くよりもね、若い、社会経験の乏しい女性が簡単にまとまったお金を稼げる事とその手法が問題だと思うの。

てんちむは案件仮面女バージョンなんて呼ばれる事があった。案件で稼いでいるラファエルの女版という揶揄なのよ。整形やエステで痩身した人が、サプリや効果をうたった衣服を宣伝する。まとまったお金が稼げる。だから次の人もそうして同じ事をする。ただ、バレた人だけが叩かれる。この状態いつまで続くの?って思っちゃいます。

どうもてんちむは、提携した業者さんに豊胸の事は話していなかったようで、そちらの責任が自腹返金対応で済めば良いですけどね…。宣伝にだまされて買ってしまったと怒っている人達だけでなくそちらもあるんですよね。

責任の取り方って人それぞれじゃないですか。で、その人の事を私たちが好きでも嫌いでもしてあげられる事って無いんですよ。
もし、次に何か商品をプロデュースしたとしてね、あんな事の後だから…と最初の商品を買ってあげたところで、今回の事を叩く人はず〜っと消えないわけで…。
そこを無理して頑張ってって言う事なんてできないんですよ。

ただね…。
てんちむの仕事やら、色々ね、暴露する事によって失わせたい人がいた。これは事実でしょ?
このまま引退したら、その人が考えた筋書き通りになってしまうけど悔しくないの?って事だけは問いたい。
近くにいる存在じゃないから聞けないけどね。
後になってそこを考えて後悔しないの?って。
後になってから後悔しても遅いから、今は一旦休止という名目にして、対応や後始末、ほとぼりが冷めるのを待つのが良いのではないかと思うの。どうしても下がりたいならね。
続ける気の方が強いなら、一度も下がらないままの方が良いかもしれない。対応や後始末してる状態や姿を見せる事はアンチを軽減する役に立つかもしれないから。
posted by Mako at 18:44| 日記