2020年10月15日

100円ショップの毛糸は使えるの?って話

最近上げた編み物に使った毛糸は、キナリと呼ばれる羊さんの毛を色付けしていないピュア状態のものなの。

▼フィルターをかけているので白っぽいけど、もっとクリーム色なのよ。
320C745B-4895-4AE2-9B9C-1202D0EED00F.jpeg

私が好きな毛糸はメリノウールと呼ばれる羊さんの毛を使った毛糸。

▼安いのだとこのシリーズ。

YANAGIYARN(ヤナギヤーン) 恋する毛糸 合太 10玉セット 704(ラベンダーピンク)

羊さんの毛(ウール)100%なのに10玉買ってこの価格はかなり安値です。柳屋さんのメリノウールはカラーも豊富で可愛い色が多いです。そして安い。

▼比較に貼っておくけど、こっちがメリノウールらしいメリノウール(変な日本語w)の価格。

横田 DARUMA 原毛に近いメリノウール 毛糸 並太 col.7 ブルー 系 30g 約91m 5玉セット 01-6200

こっちは5玉でこの価格。でも、羊さんの原毛に近いほど、空気を含んだ時の温かさは抜群になる。

メリノウールは柔らかくて軽いので好きなの。でね、毛糸の名称にメリやウールが入ってると、羊毛の場合が多い。メリノウール=メリーさん(羊さん種類メリノ)のウール。ね?

身体と毛糸の空間の空気を暖かく保ってくれる毛糸といえばアルパカにはかなわない。それを最近の売り出し商品名としては『メリパカ』と命名されていたりする(笑)
メリー(羊メリノ)さん+パカ(アルパカ)=メリパカ。メリカって呼ぶ会社もあるけどね。

▼白色のメリパカ

YANAGIYARN(ヤナギヤーン) メリパカ 10玉セット 1(ミルキーホワイト)

アルパカ20%混合糸なのだけど、空気を含ませる弾力性をつけるためにアクリルも混ぜてある機能系毛糸。
暖かそうでしょ?

そして、余談だけどね、ただメリヤス編みでダーっと単純に直線編みしただけで可愛いマフラーができる。それがこれ。
▼チャンキーニット

チャンキーニットヤーン ニットヤーン

急ぎでセーターを編みたいなんてときにもすぐできの1品。隙間はできやすいけどね。見た目はもこってかわいい。




モヘアなんかの特殊なのを外して、ベーシックで使えるお気に入り毛糸の名称を書いたのだけれど、100円ショップの毛糸じゃだめなの?どう違うのよ?って思ったりするでしょ?

私の個人的な見解では、用途次第って答えになります。
キッズ用でセーターや帽子、靴下や手袋を編むなら100円ショップの毛糸でも十分ってなります。

子供用なら安い毛糸でOKという理由ではありませんよ(笑)
子供って成長するので、来年も同じ物を身に着けない可能性が高いじゃないですか。だから、長持ちする必要が無いんですよ。
そう、つまりですね、100円ショップの毛糸は長持ちしないものが多いという事なんです。

編んでいるだけでも切れやすい。だから編んではほどきにも耐久性が無いんですよ。

サザエさん一家のマスオさんぐらいの世代かしら?あのぐらいまでは、少し多めに買った毛糸を、何度もあ見直し(リメイク)して使っていたんです。戦後世代の日本人って言えばよいのかな?
ドラえもんのジャイアンとかだっていつも同じセーターを着ていたりするじゃないですか。

今年はお父さんのためにお母さんがセーターを編む。
お父さんが前に着ていた少々くたびれたセターは、ほどいて息子や娘のセーター・手袋・マフラーに編みなおす。こんな風に毛糸のおふるをぐるぐる家族間でまわして冬の備えをしていたのです。
こうやってみんなで毛糸物を着たり身に着けたりして暖かいを共有するには、それに耐えられる毛糸である必要があります。
だから、安物よりも少し良い毛糸を買う。こんな感じの古き昭和時代をイメージしてくださいましな。

100円ショップの毛糸なんて、見向きもしない日本のお母さんたちが目に浮かびません?割烹着を着て買い物かごを持ってる世代のお母さんたちは買わない毛糸です。(笑)

現代は毛糸を編みなおしてリメイクしたりなんてめったな事ではやりません。
昔は何かにひっかけて穴があいてしまった毛糸は編みなおし行きでしたが。

だから、数年着る予定が無くてそのシーズンだけ。ほつれたり穴があいたら処分する系の用途では100円ショップの毛糸でも十分という事なんですよ。

映画を観ながら自分にまきつけたりひざかけにしたりするような物も、100円ショップ毛糸でで十分ではありますが、毛玉ができやすい材質の毛糸は向きません。逆に安値ポリエステル系の物の方が長持ちします。100円ショップで買うならの前提ですけどね。

大人になって、今年も着る・使う。冬が終わったら一旦しまっておいて来年も…とローテーションするなら、正しい(?)毛糸というか、材質の良い毛糸を買った方がもちます。それに材質が上がれば洗濯も気を使うので痛める確率に低いですしね。

気にせず洗濯できて、使い捨て感覚なら100円ショップの毛糸でも十分です。




で、100円ショップの毛糸は安いのか?という問題なのですが…。私は決して安いとは思いません。
質の良さ、耐久性が劣る代わりに安いならお得感で買えるのですけどねぇ。
グラム数や長さを考えると、たいして安くないのよ。たいして安くないのにこの耐久性?とか考えると…。
お得感より損している気分になるんです。

なんだろうなぁ?
割れせんべいとわかっていて割れせんべいを安値で買うのと
割れせんべいが入ってる確率の高い普通の値段で買うのとでは違うでしょ?
100円ショップの毛糸の場合、割れせんべいが入っている確率の高い普通の値段のせんべいみたいなものなのよ。
割れせんべいだから安い。お得にお買い物した気分になるけど、逆だとねぇ。損した気分が生まれるでしょ?
100円ショップの毛糸はこれな感じ。




100円ショップの毛糸のおすすめ使い道もひとつ書いておきます。

それは毛糸のポンポンですね(笑)

あれ、可愛く作ろうと思ったら1玉消費するじゃないですか。そうじゃないとショボイのができてしまいます。
編むわけでもないのに良い毛糸を使うのもったいない。そう思うときありません?そんなときには100円ショップの毛糸です(笑)

まぁ、毛玉できやすいって難点も物によってはありますけど。

さて・・・網掛けのブツを編み始めますわぁ〜。つぎはメリパカ欲しい〜〜〜〜〜。




おまけ。

恋する毛糸シリーズってさぁ(笑)
縁結びの神社とかで祈祷してある毛糸だからこのネーミングって考えるとクスクス笑っちゃうの私だけでしょうか?
縁結びの神様に祈祷済みの毛糸ってwwwwww

必死かよ!!!って思いますよね〜wwwwww

うける〜〜〜〜w


posted by Mako at 21:55| 日記