2020年11月07日

最近の日常の事

以前の模様では厚みが出てがさばると思ったので、編みなおしているカグールです。
▼今はこんな感じで60cmぐらいの長さになったところ▼
9D10DF32-BE99-424B-AF40-503036B0B6CB.jpeg

ハートに見えるように一目×三目交差の縄編みに編んでいます。ハートに見立てた中心部分はかのこ編み。その両サイドを二目の縄編みで挟みました。さらにその周囲を縁取りをつけるための、掛け目を使った透かし編みで覆っています。
カグールのように被っても被らなくても使えるマフラーを目指して編んでいます。

▼以前の模様がこれ。全ほどきで泣いたさぁw▼
320C745B-4895-4AE2-9B9C-1202D0EED00F.jpeg

長くなると太い交差編みがリボンのようで、また、ポップルが目立って可愛かったのだけど(本当はこっちの方が可愛くて好き)、編んでいる途中で置いておく時、編み棒に巻き付けるようにして置いておくのね。その高さがもう全然違うあせあせ(飛び散る汗)

「こりゃがさばるわぁ〜」とほどいて編みなおしたら、やっぱりね、全然違いますわぁ。テーブルの端にひっかけるようにして置いたので大きさが違って見える?でも同じ大きさの模様なのよ。網目が揃っていない部分もあってふらふら
でもこれ以上ほどくと糸つぶれが出るのでもうほどけないたらーっ(汗)

ハートに見立てたこの模様だとね、カグールのように被った場合、反対側の頭部のハートが逆さまになっちゃうの。だから2本立てにして止めるように編まないとダメなのね。
本当は、カグールの帽子のようになる部分をボタンで留めれるようにしたかったの。ボタンで留めたらカグールに変身できるように作りたかったのよ。でも、2本立てで作るとなると、被ったときの模様に合わせる事になるから、最初からフードタイプでつくらにゃぁ妙な感じになるなぁと。
今更ながら、ハートに見立てた縄編みをひとつずつ上下逆に編めば良かったなぁと後悔してるの。

もう仕方がないので、パーカーのフードのような状態の頭部用帽子部分があるマフラーみたいな感じに編もうかと思ってる。

この編み方ね、縄の向きを変えて中央に向かわせるか外に向かわせるかをライン付けしてるのよ。だから、その向きを間違えるとさぁ大変!って事になっちゃうの。裏目の時に次の目の充てを編んでいるのでちょっとややこしい。




編んだりほどいたり編みなおしたり。普段からやっている人ならもっとスイスイできちゃうんだろうなぁなんて思うんだ。
でも、私はこれでいいのよ。

複雑な家庭環境にいる。これだけでね、偏見ってあるの。理不尽だな〜と思うけど。やたら憐れまれたり、そういう家庭の子とは自分の子をつきあわせないようにする親とか、まぁ、色々いる。

大人になってもいろんな偏見があるなぁ〜って事は大人になるまでは知らなかった(笑)当然だけどw

でもさぁ、クリスチャンは皆知ってるでしょ?
「神様は間違えない」という事を。
人が自分をどう評価しようが、差別しようが、ののしろうが、神の手で造られたものすべてに失敗作は無いって。だから、私の良さがわからない人の言う事をいちいち気にしていられないのよ。でもね、問題は、私に対して蔑みや文句しかない人が、私の日常を乱す事にあるのよ。
なるべくそういう人とは距離を置いて近づかないようにと思うんだけど相手はおかまいなしだからねぇ。

人には良いところも悪いところもある。悪いところしか見えない人には見えない。攻撃的になったりとかさ、その部分を突かずにいられないほど嫌だと思うなら、そっちからも近寄ってこないでねって思うの。

「そこをなんとか…」と私はその人にしがみつく予定があるらしいw
無い無いwww
そこで定番の「じゃあおまえはよ?」って思いが出てくるのよ。すっごいの〜。自分にはめちゃくちゃ甘いw
こんなに人に厳しく自分に甘い人見た事ないってぐらい自分はなんでも許されちゃうのよwww

言いがかりで人を傷つけても全然平気w
あとになって「な〜んちゃって」とつければ冗談で済まされると思っている人の時差大きいバージョンって感じで、自分の言った事ややった事に別の単語を追加するだけで、それは軽減されると思ってるのw
馬鹿らしくてもうふらふら

そういう事のイライラがあるとね、網目の大きさに影響が出るのよね。目がきつくなったり緩くなったり。
私、元はかぎ針かクンスト系のレースを編む人だから、通常の棒針のようにかまえないし編み方も少し違うの。編む糸を指にかけるでしょ?それが2段になってるの。それは糸の強さ調整用なんだけどね。棒針でもこの形は変わらないのよ。

表目を編んでる時はあまりわからないけれど、裏目を編んでいる時もほとんど構えている指の形は変わらないの。ただ、裏目を通す補助に中指がクッて少し動くだけなのね。
こうすると強さの調整ができるから便利なんだけど、それでも影響が出るの。
もちろんイライラやストレスで模様の目も間違えるしね。少し戻っては編みを繰り返す事になって、その部分の糸割れができちゃったりする。これだけでイライラが増加するの。




イライラに振り回されるようになると、ハリーポッターに出てくるロンの家を思い出すの。

▼0:55あたりから▼


便利だよなぁ〜ってw

でもさぁ、これ、手編みっていうのかぁ????って思いなおすのよ。「いらね」ってw
毎年クリスマスに届くお母さんからの手編みのセーター。ウィズリー家の赤毛の子は皆毎年をそれを受け取る。ハリーはそれがうらやましいんだけど、ロンはそれが嫌。イニシャル入りのダサイセーターを着るよりもおしゃれしたい年ごろってやつね。

ロンのママの手編みの様子を思い出すと…
「ハリー。本当にそれがうらやましいのかぁ?」って思うw

それをね、ココアやコーヒーを飲みながら思い出してボーッとした後「編むか…」って再び編み始めると、多少は編み目も良くなってる。

どうしてもどうにもならない時は、一旦全部をやめて祈ってみる。これは効果的だけど、寝る前のそのときにはかなわないような気もする。
でも、あんまりねぇ、落ち着いて祈れた事って無い気がするのよ。ずっと。
posted by Mako at 08:09| 日記