2020年11月16日

アメリカが海外ドラマみたいになってる

アメリカのVIPですよね。大統領って。

なーんかねー。まるでアメリカ製海外ドラマって感じで現実味を持って考えられないのよ。


急にだけど掛け算しても良い?等幅フォントにできないので見にくいですけど。


19
× 17
−−−
答えは?



学校で教えた通りの筆算をするとこうなりますよね。

▼繰り上がりを ( ) に入れて書きました。


19
× 17
−−−
(6)
73
190
−−−
(2)
323



▼さて、別の筆算をしてみましょう。


19
× 17
−−−
63
260
−−−
323



通常の筆算の計算は分かると思います。教科書通りです。しかし、答えを出す方法はひとつではありません。
こちらの筆算の中身はこうです。

▽分解図


19
× 17
−−−
9×7=63
19+7=26を1個位上げ。
−−−
323



は?って感じなんですけどね。10の位が1ならこの計算方法で答えが出ます。
13×12で同じ筆算をやってみます。
まずは3×2で答えは6ですね。次は位をひとつ上げて13+2=15を書き込みます。



13
× 12
−−−
6
150
−−−
156



11×11も同じです。
1×1=1と11+1=12をひとつ位を繰り上げします。



11
× 11
−−−
1
120
−−−
121




10の位が1であれば、このやり方で必ず正しい答えが出ます。

算数の紹介がしたいわけではありません。アメリカ大統領選挙の行方がですね、本来なら10の位の数字が1のはずなのにエックスになっている事態なのでは?という事です。

それで、従来の筆算も、もうひとつの筆算もできないのですが?!?!って状態に陥っています。しかも、両者に弾劾がかかる可能性まで。

弾劾というのは、不正や違反のある公務員を訴追や罷免する為に行う、通常の司法制度とは別の裁判が行われる事を言います。
大統領も、次期大統領も、アメリカほど世界に影響力を持つ国で罷免や訴追をされるのは結構な厄介事なんですよね。

「え?何?この状況…」と、新しい話題が更新される度に海外ドラマを見ている気分になります。

『平成たぬき合戦 ぽんぽこ』のようなタイトルをつけたくなってしまう合戦が起こっていて…
オバマ時代の問題までテーマに上がってハラハラしてますわ。

「わかったからとにかく落ち着け」ってだれか言わないのか?

posted by Mako at 20:19| 日記