2019年05月17日

今日の私とパン作りの動機






1クリックお願いします。





久々にパンレシピを更新しようと思ってます。
成形しないタイプのパンで、クリスチャンの方なら食べた事がある人がいるんじゃないかなぁ?

古代から続くパン。
いつも白米を食べている人が、旧に玄米を食べるようなものなので、少々改良をした。

味見してみないとレシピに使えるかわからないんだぁ。




今日は最低な日だったよ。

悲しくも 無い。
悔しくも無い。
それなのに溢れ出る涙。

「泣くな。いい大人が泣くんじゃない!」


そう自分に言い聞かせても、勝手にあふれてくる。
大粒の涙が手の甲に落ちた時、私は決意した。

「行こう!そしてちゃんと言おう!そうすればきっと…」

私は走った。力の限り。
一途だった。もうあいつの事しか考えられない!

浮気(寄り道)もせず、ただひたすら走り続け、ようやく彼の胸(ストアの自動ドア)に飛び込んだ!

そして叫んだ。

「ロキソニン下さい!歯めっちゃいてぇ!」

辿り着いた安堵からか?涙は乾いていた。

白衣を着た中年女性の店員が答えた。

「薬剤師が居ない店なんでロキソニン置いてません(キッパリ」

なんてこった。( ´Д⊂ヽ
浮気もせず、ひたすら走り続けて飛び込んだのに。

「早く効く鎮痛剤ならイブプロフェンどうですか?」

白衣の女性が生理痛に効きそうな薬の箱をCMのように手に持っている。

「背に腹は変えられん!」

ひとまずそれを買って退散。

トボトボとレジに向かう私。ふと思った。

「好きな人に「お前の事別に嫌いじゃないけど、付き合うってかさ、友達でいようぜ」と言われたらこんな気分なのだろうか?」

欲しいものより効果は劣るけど、一応目的の物は手にした中途半端さ。それが私を、そんな思考に導いた。

「ポイントカードはお持ちですかぁ?」
この言葉で私は冷静さを取り戻した。おかげでおバカな妄想から現実社会に戻れた。

「楽天ポイントも貰わなければ!」

少し鼻息を荒くしながら、楽天ポイントがつかない旧ポイントカードを引っ込め、楽天マーク入りの新カードを出した。

「ありがとうございましたぁ〜」という数人の言葉を背に見上げた空。

太陽が黄色かったぜ!




黄色く眩しい太陽を見ながら、今日はこのパンを焼こうと心に決めたの。


posted by Mako at 20:50| パン