2019年09月08日

レヴィナスの『責任論』から〜おまけ(後書き)

仏国の エマニュエル・レヴィナス は、ユダヤ人です。ナチス迫害により身寄りや友人を失っています。

『他者とは、わたしが死のうが生きようが興味を持たない者』という思想は、彼の背景にもピッタリだと思います。

ユダヤ人ですから聖書とタルムードが思考や論理の所々に見られるように思います。
それで、あえてユダヤ人が大嫌いなイエスの信徒である私が、レヴィナスの哲学に、少いさな挑戦状を出したわけです。

レヴィナスの考える『他者』を排除して、『責任ある関係』という部分を個人で創造し、レヴィナスの考える『他者』を排除してしまおう。そう思ったのです。

ユダヤ人への挑戦なのか、イエスの信徒としての挑戦なのかはわかりませんが、もっと『聖書エッセンス』を入れて考えても良いのでは?と考えました。

ユダヤ人にとっての聖書と、キリスト教徒にとっての聖書は違います。いや、もちろん量は違うけど、ってか中身の話ではなくて存在意義です。

彼等にとって聖書とは、歴史書であり、文化であり、血縁であり、『行動規範』です。
ここは大きな違いですよね。




レヴィナスに限らず、私自身は『哲学』は人を駄目にすると考えています。
世に溢れている『成功哲学』みたいなものなら『哲学じゃない』ので良いですが、『本物の哲学』は人を駄目にするものです。完全に私の主観ですが…

  • 自分が何者かについて間違った思考を持っても後戻りできない。
  • 人を信用できなくなる。
  • 個の世界に入り込んでしまうので、本来あるべき人間らしい関係や生き方から断たれる。


軽い症状が出たとしても、ノイローゼや鬱のような状態を作ると思います。
また、結論が無限で考えが止まらなくなり、症状は悪化すると思います。

『哲学』なんてものは、金と時間のある爺さん達に任せておけば良い。そのぐらいにしか考えていません。

人には光と闇の部分が必ずあります。見る人によって、光も闇も違って見える。あえて闇にばかり目を留める事になりやすい哲学は、多くの経験や関係を積んで熟知した人だけに絞れば安全だろうと思います。
特に『親の立場』に立って、人を育てた人が適任だと思います。




ついでに書きますが、私は『メンヘラ』という言葉が嫌いです。

本当は傷ついているけど、図太く振る舞う。「え?気にしたの?」と笑われる事を避けるために。
自分が誰かの態度や言葉で傷ついた事が人に知れると「あいつメンヘラ?」と言われる。だから隠す。
隠した分「この人は何を言っても気にしないタイプだから大丈夫」と思われ、ますます遠慮無しに傷つく事を言われる。

いじめの構造に似ていると思います。

傷つく事を言われたら傷ついて良いんです。悲しいと言って良いのです。
自分の心が痛がっているのに平気な顔をしたり、笑っていたりするとね、本来痛いと感じる心が鈍くなっていってしまう。

相手もそう。「ここまでは言っても大丈夫?」と遠慮がちだったのは昔の話でズケズケ言ってくるようになる。

いちいちイジケたりウジウジするのも良くないけれど、痛い心に蓋をし続ける事の方が問題です。

表情で動く筋肉や刺激される神経は、脳の活動や作られる感情に影響します。
ですから、皺を防ぐために表情が動かない場所がある事も、私は良くないと考えます。

心が鈍くなる事は、自分が持っている性格や考え方、色々な事を殺していく作業です。自分らしさを捨てて一般化したからと言って何になるのでしょう?

「皆は笑っていたけど自分は悔しかった」

こういう気持ちや感情の経験が、未来の自分を創造します。

悔しかった。
だから頑張った。


こういうモチベーションが、成功者となる場合もあります。自分を一般化して感情や思いを殺しても、その場をヘラヘラ笑ってやり過ごした自分を創るだけです。

『メンヘラ』なんて言葉は、私の生きている世界では必要のない言葉です。




民族浄化や根絶やし等、そういった大規模な迫害を経験した人の気持ちは、正直言って私にはわかりません。

けれど故無く攻撃してきたり、人を貶めたり、勝手な決めつけで「私はこれが正しいと思う」と言った行動をぶつけられる気持ちはわかります。

自分の秤で人を計る人はとても多いです。

嫌なら反発して良いのです。合わせなければならない理由は?
世界を見れば人がたくさんいる。目の前の人達だけじゃない。

嫌な思いや辛さ、苦しみを抱える事でしかお付き合いできないような関係なら終了させれば良いのです。
探してみて。バカほど『オトモダチ』が多いって論文や研究。たくさん出てくるよ。

賢い人、思慮深い人ほど相手を選ぶし、大切にする。だから人数は少なくても質の良い付き合いができる。

将来家庭を持った時『人の集まる家』が良いでしょ?
人徳のある人には人が集まって来るものです。
誰を近くに置くか?選んで良いのよ。




哲学って、今書いた私個人の考え方も暗いものに変えるのよね。だから嫌いなの。

あー。そうだ。
ユダヤ人関連で高原さんの動画を貼っておこうかな?



ユダヤ人に生まれながらクリスチャンとして生きている人が年々増えてる。黙示録の時代が近いなぁと思う。
posted by Mako at 22:38| 日記