2019年11月25日

タイトルは『日記』だね

「もう、いいんじゃないの?そんな労力使わなくたって…」
こう言われて、心のどこかで「それもそうかもな」って思った。

何度も彼女にさようならを告げるつもりはない。双方に、これ以上この事で傷つかないために。

もう私は、この事につきあいたくないし、早く天に召されたいとばかり願ってる。

みんな好き勝手言うし、それも面倒臭い。




ある人の母親と姉、母親の妹が、そのある人の為に…
まぁ、いつもいつも私を攻撃したが…
そのある人の言い分を一方的に信じた為だった。

私も私で、そのある人の為に、何を言われても、虐められても、気にしない素振りで頑張った。
そのある人が恥ずかしい思いをしない為に。
誰よりも早く起きて、誰よりも寒くて冷たいキッチンに立ってた。
他の女性達は、最初の彼女達を除いては早朝には起きて来ない。

妹さんが言った。「ちゃんとやってるじゃないの」
ある人が言った。「よく思われようと思ってしてるだけ。」

泣きそうになったけれど、家に帰って1人になるまで泣かないって思った。
1人になって泣く事はできたけど、泣けばバレるしそれが悔しかった。




私は…
彼女に良く思われたいだけなんだろうか?
今、人にはそうとしか見えない事について考えてみると…
彼女もそう思うかもしれないなぁ。と思うの。

何もできなくてただ聞くだけなのに、できる事をと思えば押し付けになるだけなのに。

彼女に彼の事を悪く思って欲しくないと考えるとき、私の中になんとも言えないモヤモヤしたものが心の奥底にある。
その時出る言葉は、悪く思ってはいけない。嫌いになってはいけない。信じなくちゃ。そうやっていちいち自分に言い聞かせていた言葉からピックアップしているような…そんな言葉が並ぶから。

そのひとつひとつの結末を、私は良く知っている。
だから、それが良い事だとも思えない。
でも私はそうしている。
それで私は考える。「私は彼女に良く思われたいだけじゃないの?」
そして、彼女にもそう見えてるんじゃ無いのかと不安になる。

別の人ならともかく、彼女は私には特別だ。
だから考えなくても良い事を考えてしまう。

ヘラってるって言葉は好きじゃないけど、完全にヘラってる。

そこに「もういいんじゃないの?」と、別の彼女が言った言葉が「そうかもな」と私の考えや気持ちを、漬物石のように押し始めた。

大丈夫。私はイエス様の民。神の子だ。
だから、彼女にとって特別な彼をモヤモヤした気持ちを持って召される事は無い。
でも、その瞬間がいつかわかるなら…その瞬間まで思い出したくはない。

私は、私にとって彼女が特別なように、彼女にとって特別な彼を嫌いになりたくは無かった。でもあまりにも時間が経ち過ぎてしまった。酷い状態のままで。
それは、私と神ともたくさん喧嘩させた。




けれど…
私はひとつ知っている事がある。
人が自分を攻め立てたり、陥れたりする時は、実は気が済むまでやるがままにさせておく方が良いという事。
来るべきその日の為に受けるままにしておくのが良い。
これは真理です。

でも、おこちゃまが大人の話を理解できないぐらいに、飲み込むのが難しい真理だ。
えーっと…
私がそれをチビチビ飲んでは吐き出している状態なのでうまく言えないんだけれども…
実はその時の為に恵が始まっているという事なのよ。

私には父がある。偉大な父だ。
だから、恐れたりはしないけれども…疲れている。
そして恐れるべき方を恐れる事も忘れる。

私はこう祈りますね。
お父さま。この事で誰も責められる事がありませんように。
ただ、余分に打った者と、余分に回収した者から、それを取り上げて下さい。
その分を彼女への恵みとして、風を起こして下さい。
彼女に風が吹き抜け、世の霞ではなく、ハッキリと見るべきものが見えますように。
彼女と安らかに憩えるなら、私は何もいらない。
誰の悪も罪も見ない。
私はずっと、十字架の立つそのところで泣いています。
posted by Mako at 23:34| 一人じゃないよ