2019年12月10日

進行状況?

もがいてもがいて、何度も何度も、神さまに文句も言ってきた。ずーっと。
誰が赦す事ができよう。そうやってもがいた。正しくあろうと踏ん張れば砕け散るし。
まるでヤコブの相撲のようだよ。求めたものは違うけど。

でもね、私は完全に赦せるようになるのよ。
理由は、私にはそれができないから。
これは神を、キリストを知っている人にしかわからないのだけど、できないからできるようになるのさぁ。
私はキリスト者を語る偽り者じゃない。真にキリスト者だからそれができるようになるのよ。

八方塞がりで出口が無い事や、自分にできる事がもう無いほどに、素晴らしい経験を積める事。これは先の信仰者達も語り継いできた事でしょ?
私は少しずつ味わってるよ。それを。

嫌いにならない努力、すっごく頑張ったの。
でも嫌いになった。多くの人をね。
でもまた好きになるのよ。罪や暴虐は憎むけどね。
とはいえ、私はこれからも1人だ。
私の夢を軽んじて、おもちゃのように扱った人々なんだけど…
神の前に立った時、それは私の手の中にある。
これを説明するのはすごく難しいので、いつか言葉にできるようになった時にするよ。

キリストは生きている主です。
彼が私の手を取る限り大丈夫。

私は花嫁衣装にすごく憧れていたの。
でも、キリストが私にもっと良いものを着せてくれます。
だから、私はさ、そのまま保つべきものを保って、火を消さないようにしなければならない。

何度も何度も足を引っ張られて、嫌いに引き戻されるけど、キリストがすぐに私の目を覚まさせてくれる。
私は、あの日、羊飼いの呼ぶ声に耳を傾けて良かったと思う。こうなってからでは「神も仏もあるものか!」と、物を言わず、何もできない像を睨んでいたと思う。

いつもいつも私の世話をする羊飼いは、私の為に命を投げ出して救ってくださる方です。
私は、羊飼いが見えなくなっても彼を信頼します。私の羊飼いは、必ず私を探して見つけ出してくれる。

私が彼の羊になったのは、私にそれを伝えた人がいるからです。
あの人に、主の祝福がありますように。

私とキリストの関係が深まったのは、これらの事があったからです。
だから彼等にも祝福があるように。でも、彼等が受けない分は私に返して欲しい(笑)
私は相手によって変わるケチな祝福程度しか言葉にできない小さな人間なのだよ。

とはいえ、もうかかわる事は無いと思う。
それぞれの為に良い事は、それひとつしか残っていないと思うの。

イエスキリストに贖われた者、それが私である。
主は小さな者にこそ目を向けて下さる。
主はいつも私の願いを聞いてくださる。
私は2度とその手を離さない。
posted by Mako at 17:23| 一人じゃないよ