2019年12月04日

いつぶりなんだろ?

体調が悪いおかげで編み物がはかどってます(笑)
編むと約束した帽子のベースができたよ。

B9CF7B25-AB92-4053-95AC-B2542E4EB268.jpeg

そろそろ針を変えて耳あてや紐と一緒に、あれこれ飾る予定。
ティペットの毛糸ではたいした事できないからね。あっちは機能性をUPする。
こっちは少し可愛く飾りたいと思ってるの。

こっちは収縮が必要なのでウールだよ。

どちらの編み上がりも、1品物状態になるのでネットにはUPしないんだ。
出来上がった土台だけ。

これを眺めてるとキャスケット編みたくなっちゃうな(笑)

最後に帽子なんか編んだのいつだろう?
友達の子供(新生児の赤ちゃん)用に編んだのが最後かなぁ?

彼女は仕事で帰りが遅くなる人で駅からチャリを使うので、夜寒いっしょ!!って事で帽子を彼女も私も「何を編む?」を決める時に選んだんだ。
だからさ。防寒用ならボア系毛糸で編んだ上からウール毛糸を被せるのが理想なんだけど、私の方の予算が厳しかったw
ウール100%でいっぱいいっぱいっす。
子羊ちゃんでは無いけどね。かと言ってアルパカも買えず(笑)

たけーよw

土台ができればあとはラクなので、ここまで来るとホッとする。
普通のニット帽を想像してたけど、ポンポン耳+紐付きをご希望だったのでこの土台になったよ。

編み物しばらくしてなかったから楽しいよ。
やったらやっただけ形になる事が好き。
やってもやっても出口も成果も見えない事は嫌いです。

クリスチャン人生も、これでムラが出来てる気がする。
でも、どんなに終わってるように見えても感じても、イエスさま大好きです。
信仰生活とは愛する生活の事です。
愛 愛 愛、うーん…イエスさまから受けるばかりだけどまっすぐ見つめていくよ。
posted by Mako at 11:27| 日記

5cmの罠

ティペットを編んでたんだよ。

ほら。

D002E0EA-F0C7-4B7C-A383-9962646EC5A7.png

便座カバーじゃねーし(笑)

試しにデニムのジャケットの襟元にかけてみたんだ。
ほら。

DF404621-A287-42B0-837C-2A2DA7E635D4.png

これね。わりと大きめの丸襟デニムなの。それで同じぐらいの開き加減に編み上がってる。

普通襟って言えば42cm〜45cmぐらいなんだけど、冬物の上着に使えるようにと5cm大きくしただけなのに、首回り開けすぎになった。たった5cm大きく編んだだけなのに…

2cm〜3cm大きめぐらいに編み直しだわ。これじゃつけてもあたたかさ関係ない。
しょげるわー。

頑張るけどさ。
posted by Mako at 01:05| 日記

2019年11月30日

まだ毛糸の話を(笑

いやいや。ネットショップで注文しちゃったんだけどさ。
やっぱさ、手編みらしさ(既製品には無い一品物)を一手間加えたいのよ。
感覚で言えば、欧米のお母さん達が、息子のセーターを編む時についイニシャル入れちゃうみたいな感覚?

もちイニシャルなんて入れないよ(笑

例えばエッジ処理を、別の糸で飾ったりしたいの。

それで毛糸を再び見てるのよ。携帯でね。

セーターを買った時さ、水仕事する時なんかで袖を上に上げるじゃない?
あの袖がだんだん元のサイズに戻らなくなってくるって経験無い?

あれは、ウールのように収縮があるほど起こりにくく、ポリやアクリル、コットン糸のように収縮が無いほど広がったままになるわけよ。

何を編むのか?で特徴を含めて選ぶわけなんだけど…

毛糸って編み目の間から風が通って寒かったりするでしょ?
その編み目の隙間を体温がヴェールのようになってくれるので、多少マシなのがアルパカなのよね。
だから、寒さを意識したらウールかアルパカがベストなんだけど、洗濯を間違えると縮むのでプレゼントしにくい。それに糸も高い。
ベビーアルパカも、純ウールも、その糸だけで編んだらさ、毛糸代だけでも軽く8000円以上になる。

(ヾノ'д'o)ムリムリ

金額もだけど、1回の洗濯で着られなるかもしれないものを渡す事がしのびないでしょ?
手編みを一回の洗濯でダメにしたら、相手も気を使うじゃん(苦笑

それで、少しレベルを下げて、ウールアルパカ混合。これではお洗濯難易度がまだ高いので、さらにアクリル混合。
シルク糸やウールのような、あの天国な柔らかさはほど遠いけど、縮みに限度を与えられるので、多少縮んでも、少し大きめに作れば平気。

価格もグンと下がるはず…

うん。確かに価格はアクリル率が増えるほどガンガン安くなる。
あの天使の羽のような軽さは消え、既製品ニット感もグングン上がる(笑
それだけならまだ良いけど…
選べる色も減る…

どうすりゃいいのさぁ?!?!

と、ここに愚痴りに来た次第です。

posted by Mako at 16:06| 日記