2019年11月09日

私も好き勝手言ってみる〜ダークなお話〜

安達祐実主演の積木くずしがYouTubeに上がっていたので見てしまったよ。
長いので見終わるのに1週間以上かかったー。




全部見てからコメント欄を覗いたのよ。
積木くずしの印税類を使い込んだ(?)とされる会計士の事や、娘をリンチ+レイプした他校の上級生の事が悪く書かれていたよ。

「好き勝手書いてるなぁ」と冷めた目で眺めてしまったわぁ。

よくさ、「こうなった原因は…」なんて事を無責任に言う人がいるけど、「実情がわからないのによくそんな事言えるなぁ」と思うの。

リンチやレイプはきっかけにしか過ぎないと思うのよ。
問題は「強くならないと自分がやられる」この無限ループだと思うの。
誰が悪いとか何が悪いとかじゃないし、もちろん自分のせいでも無い。
生きていく為に選ぶ手段がそれだった。それだけの話だと思う。
娘本人も親もそれぞれが。

シンナーや薬物だって、親を困らせる為じゃないと思うわ。

いじめにあっている子が、友達もいない。家に帰っても相談できる親や兄弟がいない。
この状況で金だけは持ってるのが1番たちが悪い。そうでしょ?

自分が他人にやられずに生きていく手段として求めた強さが『非行』を選んだ場合、自分の居場所や存在価値を仲間との間に作ろうとする。
こういう場合、彼女には『金』と『物』を持っている事が手段に変わってしまうわけで…

そういうタイプの子には、金のかかる遊びをしたい子が寄って来る。
わかるでしょ?

武田鉄矢が非行相談の刑事(?)役をやっていたけれど、「お金を絶対に渡さないで下さい」という指示は、彼女の場合は正解だった。
補導時間に合わせた門限も、相乗効果で良い方向に転んだ。
これが誰の場合でも正しい向き合い方かと言えばそうじゃない。

2度と帰らない娘。金を得る為に堕ちていくだけの人生。こういう一生のきっかけになるかもしれない賭け勝負になっちゃう。
これが女の子の非行の難しいところ。
最近では、家でも学校でも良い子方がヤバイけど。
友達が少ないと特にね。友達が多い子は「見られたら」「知られたら」という体裁がある分良い。
素行不良の上限をつきあいの多さが決めてくれる事は多い。
AVに出るタイプの子も、地元じゃたいして気にされないぐらいの子が、割合的に多いと思う。
「あそこの娘あんなにグレてたけど、とうとうAVに」なんてまず聞かないでしょ?
「あいつAV出てるらしいよ」と聞いて「ってかそいつ誰?」って言って卒業アルバム確認されるぐらいの子の方が、結構やらかしちゃうものなのよ。

それをきっかけに『俳優である親を憎んだ』と言うのは、「だから仕方ないんだ」という正しい言い訳が必要なのよ。「だから親に迷惑がかかっても当然」に結びつく理由が必要なのよ。きっとね。
「だって守ってくれないじゃない」とセットでうごめいてるんだと思う。

本・ドラマ・映画で晒し者にされた開き直りが、「親や大人に頼らなくても生きていける」為の手段の中に、やっぱり非行要素が入っちゃうんだよね。
1人で頑張るけれど、世間や社会の理不尽が付き纏う事で心が折れた時、来た道を戻ってしまうのはよくある事。




ところで…

娘の手記に「薬にまで手を出した」とあったけど、シンナーの時と違って、やめるのが大変だとか苦しいなんて事が出てこないでしょ?

でも最近、7度目の逮捕を経験したあいつがいるじゃない。
名前を出したくないから出さないけど。

この差はなんだろう?って思わない?

あの人は、それに手を出す事でなんとかなってるっていう人生があるのよ。
元タレント。無駄に知名度があるだけに、「絶対やめるんだ!」と言うだけで仕事(金を得る手段)になっちゃうんだよね。

だから、自分から『やめられない俺』というループにはまってるのよ。だからやめられないの。

もうひとつ言えば、「今やっておかないといつできなくなるかわからない」という精神的ストレスのようなもの?
あんなものは無くても皆生きていけるでしょ?
でもそうは思えない原因のひとつはそれだと思う。

「タバコをやめたいなぁ」と思っていても、「休憩時間の今吸っておかないと、半日吸えなくなる」と思うから吸ってしまうのと同じ。

「こんなものやろうと思えばいつでもできる」そう思ってる人の方がハマらない。
だから、いわゆる反社的人達が、手を出してもやめられるのはそれよ。
まぁさ、下手打ったら生きていけないなんて事情もあるのだろうけど。

まだヒロポンと呼ばれていた頃、多くの日本人が使っていたのよ。戦後。
ビートたけしの師匠は、ヒロポンを入れてから仕事をしてたと言ってたような…(?)

「違法になったからやらない」人と「そもそも依存状態だった人」とがいると思うんだけど、「違法になったから中毒になった」人もいると思うの。
「今タバコを吸っておかないと」と同じ原理ね。




全然関係ない2人だけど、生きていく手段と居場所を作るという意味では、共通した非行なのよ。

逮捕されたあの人は、「やめるんだ」を看板にしていて、励ましや応援の手紙が届いたりとかさ(苦笑)
「同じくやめたくて苦しんでる人に向けて」と書いたり発言したりすれば食べていける間は繰り返すと思うよ。

本当にやめてしまったら、つい手を出しちゃうという、頑張ったご褒美を自分に与えられない『需要の無い元タレント』になっちゃうからね。




生きて行く手段として選択される非行は、世の理不尽が多大に影響する。
積木くずしの彼女もそうだけど、薬物中毒と戦うあの人という扱いもそれになる。
「もうそれでは生きていけないよ」ってなったらマジでやめるよ。たぶん。

世に出まわってる話の多くは真実じゃあ無い事が多い。
非行から更生して作家になったって人だってさ。
うーん…会社の同僚的(笑)立場の(はず)人から言わせれば「ってかあいつ誰?!?!」って言われているような、ただの薬物中毒だった可能性もあるのよ(苦笑)

「あいつまた逮捕されたの?」って芸能人だって、実はさ、一緒に仕事してた『あの人』の方が捕まらなかったのは不思議なんですけど?」と事情通に言われてる事もあるわけで…

前科持ちの反社の彼だって、その事件の犯人とは限らないのよね。

万引きで捕まったあの少年も、友達からの荷物を「ちょっと持ってて」と預けられただけの場合もある。

社会で真実だと言われている事が、実は大嘘だったなんて事は、私達のような一般人は知らない方が幸せだからね。そのままにしておいた方が良い。

それならそれで、無責任に首突っ込まない方が、社会の理不尽の一員になる事も無い。

1番最低なのは、わかった顔して無責任な言葉を発する事かも?
だから…
今日の私は、社会の理不尽の仲間入りだよ。積木くずしの彼女や、また逮捕された彼の事を無責任に書いちゃったもの。

反省しま〜す。

積木くずしの故人達にも、捕まったあの人にも、ごめんなさい。
posted by Mako at 06:12| 日記

2019年11月08日

語彙数は人を作り育てる

少し、私という人を紹介しましょうか?

ハッキリ言って馬鹿です。
馬鹿ですが、私は特に気していません。逆に「あいつ馬鹿だからなぁ」と笑って許してくれる人達の中で、笑って生きていたいです。

まぁ、色々と並です。
特別良い事をするわけでもないし、良い部分もあれば悪い部分もあります。性格の良い部分もあれば、悪い部分もあります。特に目立った何かを持ってるわけでもありません。

私はイエスキリストの民です。
信仰者としては落ちこぼれだし、特に学を得ていません。けれど、こんな私をキリストは大好きなのです。私もキリストが大好きです。

私は完全じゃないし、完璧主義者でもありません。
悪い・間違った考えも起こすし、悪い・間違った事もします。だから人にも完全さを求めてはいません。しかし、濡衣や言いがかりとは戦います。理不尽だし、間違いを自分の罪として背負えるほど聖人ではありません。


自分の紹介を書こうと思えば、自分の取り扱い説明書が出来上がってしまうなぁと思います(笑)

馬鹿という単語は割と便利な言葉なんですよ。細かい事を言わなくても済んでしまいますから。




私は、語彙力をとても大切に考えています。それは、四字熟語や論語のようなものを指していません。

人は考え事をする時、何を使いますか?

  1. 精神


これらも当然使いますが、1番よく使うものは知っている言葉です。
他人に対してもそうです。言葉を当て嵌めて考えるのです。

少し試してみましょうか?

【問題】今日あなが、食べた食事の中で、1番美味しかった物を思い浮かべて下さい。
それを今食べているように実況してみて下さい。目の前にカメラがあって、視聴者に、その食べ物を紹介するようにお願いします。
どれだけの時間実況できるか、スマホのストップウォッチで時間を計りましょう。

さて、何を食べて実況したでしょうか?
ちょっと比較用に条件を追加しましょう。以下の条件通りに実況して、再度実況時間を計りましょう。

【条件】実況の条件をつけます。
「美味しい」や「美味しくない」という言葉を使わずに実況して下さいね!

どうです?時間に変化は見られましたか?このように、多用される言葉を次々に奪っていきます。
「しょっぱい」「からい」「冷たい」たくさんありますね。

このは、表現力をつける為の訓練で使われる方法です。

旅番組の料理やグルメ番組の料理を視聴者に紹介するとき「美味しい」を多用する人物は使えない人なのです。
激辛料理を食べさせられて「からい!」と言うだけの能力の人は、リアクションに頼るしかないので、ラジオ番組には不向きです。

同じ単語を何度も繰り返し言うだけの人は、できない子なのです。それでは視聴者に何も伝わりません。




実況は、それを食べた時何を思ったか?何を感じたか?これらを語るのです。

知ってる言葉が多いほど、それがどのようなものかを他人に伝える事ができます。

知っている言葉の数が影響するのは、表現力だけではありません。

自分が他人をどう見るか?

これにも影響があります。

『A子は優しい』。これを具体化できますか?
いくつかの言葉で言い換えてみて下さい。

優しいを具体化できる言葉を、私も少し上げてみましょう。

  1. 親切だ。
  2. 面倒見が良い。
  3. 思いやりがある
  4. 温かい。
  5. 親身だ
  6. 柔らかい。


最後は少し伝わりにくいですか?態度や言葉の柔らかい人。相手に合わせてそれをするので、優しいの種類に入ります。

『A子は優しい人だ』よりも『A子は面倒見が良い人だ』と言う方が、具体化できますよね。

面倒見が良い=優しいから。

自分が他人をどう見るか?これは、自分の知っている語彙数が影響するのです。

語彙数が少ないという事は、多様性を持って人を見る事ができなくなります。
知らない言葉でものを考える事は絶対にできないからです。

優しいという言葉を知らずには「A子は優しい」と考える事ができません。また、優しいの意味がわからずに「A子は優しい」と言うことはできません。

自分の常識という世界が狭くなってしまうのです。

「嫉妬すんな!」
「はぁ?嫉妬って何について?嫉妬する要素が無いんですけどw」
「嫉妬は嫉妬だよ!あいつの方が稼いでるしな!」
「だーめだ。話にならん!」

こんなやり取りはYouTuberの掲示板で、頻繁に見かける会話です。

人生の成功を何に置くか?これによって成功の意味が変わります。

稼ぎで誰にも負けない事が成功の人もいれば、最愛の人を見つける事が成功の人もいる。
得た学力や知識を思う存分発揮できる職に就けば成功の人もいれば、有名な上場企業の一員になる事が成功の人もいる。
金を稼ぐ為にプロスポーツ選手になりたい人と、好きなスポーツのプロになりたい人も成功の意味が変わります。

「あいつは嫉妬してるだけ」という多様性の無い常識は、相手の意見を退ける事はできません。「嫉妬してるだけ」という見当違いな意見を述べているからです。
逆に「嫉妬してるだけ」と考えている人に、どんなに意見をしても無駄です。多様性が無いので、意見を受け取るキャパが無いのです。
そして、双方に言える事ですが、「どちらも相手を具体化できるほどの付き合いが無い」という現実があります。




一時期流行した『国語辞書学習法』は、子供達にやらせて損は無いと思います。常識の範囲も、生き方も、交流も、語彙が増える事で多様性がでます。

「私にはわかる」とか「間違いない」とか言う人がいますが、知識が深く、賢い人ほど絶対に言わない言葉ですよ。

知恵と知識がある人ほど、言い切れる事なんて少ない事を知っていますから。
医者が「この患者は助からない」と思っても「助かる」と思ってもそう言い切らないのは『万が一』という多様性を認めているからです。

自分の知らない事や理解できていない事が、まだまだたくさんある事を認めているので『万が一』に備えて発言できるのです。

言い切る事は力強く説得力がありますが、手法として使う(自論を述べる等)以外で使うと「こいつ馬鹿だなぁ」と思われてしまうのでマイナスです。

最近のDaigoさんも、多様性を排除した結果突かれてしまいました。

もっとおおらかになるためにも、もっともっと語彙数を増やしたいです。

posted by Mako at 19:10| 日記

2019年11月07日

行きたい(。>ω<。)お泊りしたい

カズヤがネトウヨ系政治YouTuberなら立花さんは政治家系YouTuber。こういう得意分野というか、特徴がそれぞれあります。で…タケヤキ君はスポット系YouTuberですね。
えっと…
心霊スポット、ラブホテルスポット、スラム系スポット、事故物件系スポット…
色々あちこち行ってます。

そのタケヤキ君が紹介してる『変なホテル』に泊まって、そのままディズニーに遊びに行ってみたいです。
ものすごーーーーーく!!!



posted by Mako at 21:51| 日記