2019年11月07日

ホットなピルクル?できる?かもしれない話

私、ピルクルが好きなんです。
あの乳酸飲料の。今飲んでるんですよ。

乳酸飲料として売られている物は、乳酸菌の恵みよりも砂糖の害の方が大きいと言われているじゃないですか。
それで、乳酸菌で有名なヤ…(自粛中)も、アレ(自粛中)かかわった専門家が「飲むな。あれは砂糖のかたまりだ」と言っています。
それでも私は、ピルクルを年に何度か買ってしまいます(汗)

翌日お腹の調子が良いのです。ビックルでしたっけ?あれの時もあります。
今はピルクルの『栄養ドリンク味!?』ってのが好きなんよ。
でもね… 栄養ドリンクの味しないっす。若干オロナミンCっぽくはなってます。

そこで、ノーマルのピルクルにオロナミンCを1/3ぐらい混ぜて、電子レンジで35〜40秒加熱したら美味いのでは?なんて実験心をそそられているのです。

あー。試したい。




ここから、全然関係ない話をします。




日本の超大手配信者で、彼等が富士山の登山を配信するイベント『富士そば』の発起人です。

配信者同士とはいえ、知らない者同士です。それでも配信者同士ですから、報道では見えない内容を語っていますね。

癌のステージにもよると思いますが、癌による鬱や死にたい願望はよく聞く話です。
死刑囚のように「いつ死ぬかわからない」日々を過ごす苦痛や恐怖に耐えられず、「いっそ死んでしまおう」と考えてしまう日がある事は理解できます。

いつ終わるかわからない苦痛や苦しみ、悲しみが続く事でも人は自殺します。
待っているのが死。そんな日が続けば、それを選ぶ事もあるでしょう。

亡くなった配信者がそれかどうかはわかりませんが、可能性としてはありますよね。

その可能性が無くても、酸素の薄い高い山です。判断能力や考える力が低下します。
薄着でもあったようですしねぇ。
posted by Mako at 18:29| 日記

2019年11月06日

ニュースや雑談

もう木枯(こがらし)1号が吹いたそうですよ((o(*゚▽゚*)o))サムイサムイ

今回の冬は、インフルエンザが2ヶ月?も早くから感染者が出ています。今から効果的なお薬を使うと、インフルエンザウィルスに耐性ができてしまうので、効く薬は、冬後半に残しておきたいらしいです。




動画ストリーミング業界が、まだまだ稼げると言われています。増えては消えを繰り返す業界なので、ダメそうな感じがするのに…

理由は Netflix の業績と決済が注目されたからです。

Netflix の戦略が成功したのは『余暇時間』なのだそうです。
動画をサクサクとか、他のストリーミングサービスのように、IT広告で稼ぐという事ではありません。
ですからGoogleは、最初から競争相手ではありません。

Netflix が市場を取りたかったのは、テレビ・ゲーム等の『人々が暇な時にすること』をターゲットにしたのです。
「暇だからTVでも見よう」を「暇だからNetflix見よう」に。「休みだからゆっくりゲームするかぁ!」を「休みだからゆっくりNetflix見よう!」に変える事に成功したのです。

B級映画や古いドラマを大量に出して客を引き、客が見たいであろう映画やドラマを買わせる従来のやり方を蹴った結果です。

動画ストリーミングサービスの市場をどこに置くか?これ次第では大成功を収める業種として注目されています。




商売の話で言えば、ちょっとクスクス笑ってしまったのですが。
昨日11月5日は『いい男の日』だったのをご存知でしょうか?

スーツや革靴の安売りがあるわけではありません。
化粧品業界が、メンズコスメを売る為に考え出した戦略らしいです。

…。
…。
ってかさぁ〜。嫌だなぁ〜。「いい男の日だからコスメショップ行こうぜ」なんて男性の会話、聞きたくないです。

ヨーロッパの男性達と交流をするようになってから、日本人男性がオカマっぽく見えてしまう、あっちの女性の気持ちがわかりました。
元々好きじゃなかったけど、今ではすっかりジャニーズが苦手です。

男らしさを表すために、数日に1回しか(ひげ)を剃らないあっちの人。
日本では髭の永久脱毛に通う男達…

なぁ〜んかねぇ〜。ちょっとね、謀略的に物を言うけれど、GHQ洗脳のせいじゃね?と思っちゃうのよ。
男が男らしさを捨て、女が女らしさを捨てる。
日本はそれが顕著じゃないですか?

「私は弱い女なんかじゃないわ!」と言う欧米の強い女性達も、まぁいきすぎてる感じするけど…
小動物みたいに上目遣いで「私弱いの。守って〜」と言ってるアザと女子以外は、日本の女性もなかなか強くなりました。

イメージとしては「母になった女は強い」って感じでしたけどね。

日本のアニメでは、リーダーシップを発揮するのも、戦って敵を倒すのも女子ばかりです。
男子は強い女子にふりまわされる役所ばかりです。

男性は「女に強い」必要はそれほど無いので良いですが。
これに良さを感じるのは勘違い男だけです。
男性は「母ちゃんには弱い」これで良いのです。妻に強くても、妻が母である時は弱いぐらいがちょうど良いのだと思います。

たぶんね。

これ、日本にあるNHKの子供向け番組イタリア版です。



番組のお姉さんがさ。日本の美少女特撮番組なら、悪役の魔女にまわされそうな見た目じゃない?
大人っぽいし。

ついでに先日の日本の即位式の報道。
天皇陛下は、基本名前で呼ばれるんだよ。ヒの発音が無いから「ナルイート」って言ってるのが気になる(笑)



もうひとつついでに貼るよ。
私の行きたい場所リストにあるイタリアのCOMO。スイスから山を超えた辺りの場所。



アメリカとかと違って、近代的なホテルじゃない。でも、古城を改築したホテルよりは綺麗でしょ?
このぐらいがちょうど良いよね。
歴史の古い土地で、調度品も良い感じのホテルがたくさんあるのに、近代的なホテルに泊まる意味なしって感じ。
ここはの近くだよ。

イタリアのホテルで働いてた人と話した事があるの。
「日本人は中国人と違い静かで感じが良い。でも、トイレットペーパーが見当たらないとうるさい。あれは酷いよ。」と言ってたw
「日本人が泊まる部屋は、トイレットペーパーさえ与えておけば静かだ。」と言われていたそうな(笑)

ビデあっても抵抗あって使えないんだよね(笑)

posted by Mako at 04:09| 日記

2019年11月05日

パワハラモラハラを理解できる動画を発見!

みずにゃんを論破する方法という動画が上がっていたのでチャンネルを見たら、良い動画が上がってましたわーい(嬉しい顔)
私が思うに、みずにゃんを論破するのは難しい事では無いと思います。みずにゃんを論破するよりも、みずにゃんの論点ずらしを止めるのが難しいと思うの。
あとは、ひろゆきさんのように『黙ったら負け』世界に入ると、一方的に自分の言いたい事を言うだけなので、議論にならないかなぁ?と思<います。
さて本題。






これは、自己愛性パーソナリティのベースチェックで、解説や判断基準が公平で素晴らしいと思います。

パワハラをする人も共通するものがあるので、参考になると思います。

モラハラやパワハラ被害は「これってモラハラ?」「これパワハラじゃないの?」という曖昧なゾーンに身を置いたまま、病むまで気付かない事がわりとあるんですよ。
「法理的にはどうなの?」も含めて、つらいけど、苦しいけど、とりあえず様子を見てしまう。これが心身共に疲弊してしまい、結局病んでしまったり、ひどい時は自殺にまで追い込まれます。

知識として知っておく事で、逃げどきや対処法も見つかるので、知っておいた方が良いと思います。




次に手口の動画なのですが…



ターゲットにした対象を孤立させたり、周囲を味方につけて攻撃させるやり方は、他国でも有名なのですが出てこないですね。わりと軽微な内容になっています。
それでも、「あるある!」と言える内容なので、「これってモラハラ?」と思っている方は見ておくと良いと思います。

有名な手口のひとつとして、周囲の人の口調や態度がキツくなるというのがあります。
「自分の何が悪いのか?」と考え込ませる為に行うんですよ。
強制するのでは無く自ら行動や決定を選択したかのように装います。

「お前の悪いところを気付かせてやっている」のだから、ただ延々とこの状況が続く事があります。

ストレス等で胃に来たり、抵抗力が弱まってアレルギーが出たり、体調に症状が出てきますが、それは「鍛えてやらなければならない弱さ」と見做されるので、もっとキツくなったりします。

とにかくですね、共通事項をチェックして「もしかしたら?」という疑いが濃厚になったら、早めに対象する事をお勧めします。
相手は健常者とは言えない方だと割り切らないとダメなんです。

目に見える病とは違うので、否定しまう自分がいます。それも抑えて、一旦距離を置いてからゆっくり考えるのが得策だと思います。




ちなみに、動画のUP主は、コーチング系です。
自己啓発系に入るんですよね。
有益なものは滅多に無い世界ですから、そういうものへの参加を、私はお勧めしません。
お金も時間もかかりますから、じっくり、良く考えましょう。


posted by Mako at 05:53| 日記