2020年07月30日

心が苦しかったので祈祷文を書きます。



主よ。神々のうち、だれかあなたのような方があるでしょうか。
だれがあなたのように、聖であって力強く、たたえられつつ恐れられ、奇しいわざを行うことができましょうか。



ユダ族から出た獅子、世の罪を取り除く神の小羊。イエスキリストの流された血潮により、今、御父の前に立つ恵みを感謝します。

出エジプト記に書かれた通り、まさしくあなたはそのようなお方です。
お父様、あなたの栄光が世々限りなくありますように。

疫病により苦しみの中にある人々の近くにいるあなたの民が、彼等の慰めとなりますように。
御霊のもたらす用に従い、するべき事を理解する事ができますように。
そこに、主イエスキリストの御国がありますように。

あなたが聞いている叫びが、遠い異国の私達の耳にも届きました。
疫病被害に対する国の助けを受けるか?それとも信仰を選ぶか?
アフリカであなたの民が選択を迫られています。
信仰を選べば、国の補助が受けられません。
彼等はあなたの民に言います。「あなたの神に助けてもらうが良い」。

シリアでは、命か?信仰か?と迫られています。信仰を選べば虐殺されます。

そうです、主よ。初代教会の時代のように、あなたの御心をふるい起こして下さい。あなたの御心に従い、あなたの民を起こして下さい。

恵の主よ、彼等の糧と必要が届けられますように。

殺す者を、虐げる者を裁かず、あなたの御手に委ねます。同じように裁かず委ねた者を顧みて祝福して下さい。

勝利の主よ、あなたの御栄えと御力が、我らと共にありますように。

マラナータ主よ、御子イエスキリストの御名によって。

アーメン。




この祈りを見つけたクリスチャンの方がいたら…
心を合わせて欲しいという願いを込めて。
要所がわかるように、少し長い祈祷文になりました。

1人で祈るとき、もう少し短く、普段の私らしく祈ります。
posted by Mako at 17:39| 一人じゃないよ

2020年07月23日

残りを少しでも充実したものに

今、言語はイタリア語を勉強しているけれど、外国語の勉強に手を出したのはこれが初めてじゃないの。
「こんな事が起こり続けるなら生きていけない」その苦しみが終わらない事を悟ったときに、じゃあ日本から出ようか?そう思ったのね。今、イタリア語を勉強しているのと同じ理由。

それは、まぁ、一旦置いておくとして…。




飼っていた犬や猫が死んだ。悲しいでしょ?
仲良しだった友達と離れ離れになった。寂しいでしょ?

こういう想いでは、他人が認めようが認めなかろうが消えない。そうでしょ?それをね、簡単に消せるって考える人がいる。
そのとき誰の事を想っていたの?どうしてそれを我慢したの?どうしてそこにいたの?全部、私の中では消えない思い出なのよ。全部ね。
これは、別の理由を正当化すれば無事解決bなんて話にはならない。その想いのひとつひとつまで否定されたのだから。

あのね、私は別にロマンチストなわけではないのよ。だから、それを他人が理解する必要なんてそもそも無いのよ。そうじゃなくて、その思い出は、もうどうにもできない事。
正当化しようとしたりしなければ、きっとここまでこじれる事は無かったんだと思う。でも、正当化する事を選んだ人達がいる。
そのために、一人の人(私じゃない)の思い出の日々までが書き換わってしまった。私はそれを赦すわけにはいかないの。絶対に。むかつくからとか悔しいからとかじゃなくて、それは私が怒らなければいけないから。

その一人の人の為を考えたら、ここまでこじれる話じゃなかったのよ。大人だからね。
ってか、その人がこれ以上巻き込まれないためにどうするのか?それを考えたら、そうするのが当然と考えている人達とは生きていけないって思った。
私一人が我慢すれば済む問題である間は、何度も何度も我慢したし赦しもした。そのラインをとっくに超えていたからね。決着しなければいけなかった。ただそれだけの話よ。




私の事が嫌いな人が目の前にいたからといって、むかつくのは変な話でしょ?仕方が無いじゃない。無理して好いてもらう必要なんかない。ただ、人間と人間がかかわっているのだからという理由で、最低限の事だけで済ませたい。それは揉めないためよ。余計なイザコザを起こさないため。

私の事をどんな風にクズ認定している人がいても、それはその人の価値観なのだから仕方がない。だからと言って、私がそれに合わせなくちゃならない理由はない。逆に、私が私をアピールする必要も無い。っていうよりも後者的考えの方が私は好き。
よく知りもしないで、ちゃんと交流しもしないで私がどんな人物かを決めている人と仲良くなれる気がしない。ただ、私がその人を傷つけない事。それに苦悩する。だって、その決めつけた目線で見た私への言葉・態度・扱いをぶつけてくるからね。むかつく時だってそりゃあある。自分をなだめたり、言ってきかせる事が、その態度だったり言葉だったりと同時進行で行われるときほど大変な事はない。

私はサンドバックじゃないのでね、打たれっぱなしでいるのもなかなかキツイ。私が我慢するのは、相手を想ってか、誰かの為か、あるいはキリストを想ってという場合もある。
相手を想って我慢した場合、それに反した事ばかりが返ってくるとね、投げたくなるの。そもそもなんでこの人とつきあいをしなければならないのか?ってなれば、自分には理由が無いから。




優先順位もね、あとまわしにされるような態度をとってきたんだろうなぁと思う。私の態度が甘かったんだと思うの。だから、限度無くなんでも許されると思わせてしまったのかもしれない。それに、いつも優先順位から漏れていたのだと思う。

私は自分で考えなければならないとか、自分で決めなければならないとか、そういう事はね、普通の人よりも早くからやってきたと思うのよ。だからね、他人の思い通りにものを考えたり行動する事はもともと苦手なの。全部理由があって我慢してきただけの話で、そもそもそんな人間じゃない。

別に協調性が無いわけではないと思うのよ。私の苦悩の種の無いところでは、それなりにうまく人間関係を保っていられたし、特に問題無かったもの。

日ごと朝ごとに新しい命。新しい恵み。
新しい日を生きて楽しむはずのクリスチャンが、ず〜っと悪夢の続きだけを生きてるの。これって親不孝でしょ?
その日その日に受ける分を用意されているのに、私は毎日残飯をあさってるのよ。




なぜ?どうして?こんな事に興味は無いの。理由なんてどうとでも言えるでしょ?
こじつけなんていくらでもできる。
それに、聞いたところで私には理解できない。どういう関係性で、どういう立場で、人の人生を書き換えて良い理屈が生まれるのかを私は理解できない。
人が人に介入できる範囲は決まっているし、大の仲良し同士の間でも、最低限の位置は決まってる。どこまで介入して良いのか?それを探りながらつきあいしてる事もある。

進路で悩んだ事ある?
「文系」に進むか「理系」にすすむか。こんな感じで。相談するとしたら誰にする?自分の事を考えてアドバイスしてくれる人にするでしょ?自分の都合で望まない道をすすめてくる人には絶対に相談しない。

つまりね、相談相手にすらなれない存在が、私の感情や考え方に影響を及ぼせないのよ。できるのは傷を負わせる事だけ。
きっと、これからもずっと私の不幸の原因であり続けたいのでしょうけど、私は、自分の人生だから、他人の自己満足のために使いたくはないの。
過去は変えられない。これは絶対。じゃあ未来は変えられる?ここも、過去の結果が影響するから、完全とは言えない。だから、少しでも余計なものは終わらせて排除したいの。
私は買われた奴隷じゃないもの。人格を持った人間なの。生まれたときには私という個人であって、他人の言い訳や欲求を満たすためだけに成長してきたわけじゃない。




見えない鎖から解放されるために、少しでも努力する。最後の最後まで泣きながら終わったとしても、私はキリストの民なので、絶対に意味のあるものにイエスさまがしてくれる。
息たえるまであきらめない。私は自由を手に入れるし、苦しみのすべてを置いていくわ。絶対に。
posted by Mako at 15:49| 一人じゃないよ

2020年07月19日

縁ってあるよね



えらてんさん、新刊が出るとかで更新してたのはどのぐらい前だろう?イタリアの動画ばかりを見るようになる前に見た記憶がありますの。

何をもって幸せか?人によるよね。家庭とか家族というものに縁が無いというのはあると思う。私も無かったw
再婚した母の元でも、再婚した父の元でも「〜だったら置いてやる」とよく言われていましたね。
もともと「置いてもらっている・育ててもらっているだけでありがたいと思え!」言いながらフルボッコにされていたので、再婚による変化なんてあんまりないのですけど。

家族や家庭というもので幸せを得る人とそうでない人ってあるんでしょうね。

大人になってからも「〜だったら置いてやる」「〜したら・しなかったら」とあれこれ言う人にしか会った事が無いのですけど、逆を言えばですね、「いやぁ。あなたこそ最低限の事ぐらいやれよ」と何度も喉元まで出ては押し殺しをしてましたねぇ。

居ないところで適当な事を言って味方を増やし、孤立させた状態で集中攻撃する事で自己満にひたるような男性しか会った事が無いのは…
たぶんですけど、私ってそういう不幸にする気満々の人を引き寄せる磁石みたいな何かがあるんでしょうね。
と思います。

かと言って、何がうまくいってるわけでもなく。何も片付いていないし、解決していないし、全部そのままですからね。何かを頑張ったところで実にならないままで時間だけが過ぎてしまいました。
私には、ある人にとっては最後に残されたやるべき事が残っているので、今はとりあえずそれに集中します。

幸福の科学の教祖の息子。これだけで色々な事があったようですが、自分の行きたい道だけに専念して追い求める事ができたって強いですよね。なんとかそれらしく生きられるようになった事がうらやましいです。

一度恋はしましたが、愛と恋は違うという理由が先立ち、そして、私だけが幸せになれないという想いもあって、結局あきらめてしまったのですけど。残された事を成し遂げるには…。そこも視野に入れるべきだと考えてもいます。時間が無いので急ぎでね(笑)


苦しみに会ったことは,私にとってしあわせでした。
私はそれであなたのおきてを学びました。
詩編


旧約聖書詩編からの引用です。

御利益宗教なら、幸福や健康を与えられるために信仰するのですけどね。

▼イザヤの予言

「見よ。わたしは使いをあなたの前に遣わし、あなたの道を整えさせよう。

荒野で叫ぶ者の声がする

主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ


これは洗礼者ヨハネによって成就されました。ヨハネが荒野で叫ぶ者です。

キリスト者はこれに似ています。主の通られる道をまっすぐにする者です。人と人との間でどのように主(神)が働かれるか?その道を整える役目があります。その道を作って、神の完全さを押し流すのです。
人によっては苦労人となります^^

ある人は収穫の主のために種を捲く者です。
ある人は主の救いの為に人を捕る漁師となる者です。

それぞれ銘々にその役割がありますが、本人が望んでも望んでいなくても、主に用いられる機会を与えられます。

そうすれば幸せになれるのか?これもヨハネとよく似ていると思います。
ヨハネは当時の領主ヘロデは、娘からおねだりをされます。
「ヨハネの首を盆に乗せてください」
ヘロデは娘の言う通り、投獄していたヨハネの首を跳ねて盆に乗せて届けさせます。そうやってヨハネは死にました。

神の預言者であり、キリストの洗礼を行った人物のこの世の去り方です。

キリスト教はご利益宗教ではありません。かえって世からはじかれるのです。世が美しいと思うものを尊ぶ人からもはじかれます。しかし、当のヨハネはどうだったかと言えば、自分の終わり(役目の終わり)を悟って、世を去る時もそれに従いました。

「人は死んだら終わり」と言う人がいますが、聖書はそれを教えません。死んでからの方が長いのです。人は束の間現れて、誰も記憶しないほどのスピードで去っていく存在でしかありません。
世は空中の支配者に支配されているからです。サタンやそれに従った行き場のない霊と呼ばれるものがそれです。
神は人と戦ってはいません。いつも彼らと戦っています。ノアの洪水のとき、神は誰と戦っていたのか?イスラエルが約束の地に入るまで、何と戦っていたのか?もう少し熟考する必要があります。

それを受け入れてしまっている人というのは、悪霊憑きや悪魔憑きと呼ばれるようなヒステリックなものばかりではありません。簡単な気持ちでする占いやまじないも、彼らを受け入れるひとつの作業と言って良いかもしれませんね。

とにかく、人は死んで終わりではありません。「人は死んだら終わり」という世界観で見ると「神は人殺し」と言う。ここの言い争いは、簡単に単純に解説できるものでは無く、すべて聖書から答えなければなりませんから…なかなか難しいですよね。
聖書の引用を聴いているだけで、それを言っている人はウンザリしてしまうでしょうから。

神のしもべが世を去る時、その事によって新しい事が始まるからという場合が多いように思います。私はまだ世に置かれているので…まだ何か残されているのかなぁ?と思います。
私が通るべき道も、やるべき事も。早く終わりのときが来て欲しいのですけど…。正直言って。

これからまだまだ、縁のようなものがあるといいなと思います。えっと、縁結びのような事を言ってるのではありませんよ(笑)
人にとっては広い世界です。この広い世界で出会う偶然。ここに必然を見出すのは楽しいじゃないですか。

そして、空を見上げれば一呼吸できる。神様が造ったたったひとつの空がそこにある。空から上、そして天から下。宇宙空間と呼ばれている場所ですね。そこは天幕なんですよ。
それが取り去られる日が来る。その事にも思いを向けながら道を備える。うーん。そうやってきちんと生きる事ができるとすれば、充実した日々になりそうです。

私は織の中にいるのではないのにずっと織の中にいるようだった。
Christianほど自由人はいないはずなのにおかしいなぁ。

アブラハムの甥、ロトは、滅びゆく街で暮らしていました。彼は街の人から受け入れられていたわけではありません。彼らに染まり切らなかったからでしょうね。
神は彼の手を取って滅びの街から連れ出しました。
私も早く見えない織を出たいです。
posted by Mako at 21:52| 一人じゃないよ