2020年05月29日

ゴッドドクター 徳田虎雄(徳田虎雄についての新しい本)

覚えていますか?猪瀬さん。



5千万円のカバンの元都知事、猪瀬さんです。石原都知事の後をついだ人物なので、印象に残りやすい人物だったのでは?と思います。
例の5千万円はどこから?医療法人「徳洲会」からですね。

徳田 虎雄が創設した、謎多き医療複合体が徳洲会です。昭和48年に徳田が徳田病院を創設してからあっという間に日本一の民間病院グループとなり、世界にも影響力を持つようになった『徳洲会』。

過去を振り返れば「妊婦が救急車で病院をたらいまわしにされ…」なんてニュースがあったのを覚えていますか?「病院が足りない!」や「医者が足りない!」という報道があり、日本医師会の怠慢も話題になっていた頃があるのを覚えています?

徳田 虎雄って誰?徳田 虎雄って何?を語る手がかりになるのがこれらのニュースかもしれませんね。

これまでの自伝でも語られなかった新しいピース『盛岡 正博』の証言を追加した新書だと知って読む事にしました。読み終わって面白かったので読書のカテゴリーに入れておきます。



※書籍の選び方ですが、漢字に弱い方は kindle をお勧めしています。意味がわかりにくい単語や漢字をすぐに調べられるからです。
※じっくり読む読書家には、やっぱり製本版をお勧めしています。その方が電子書籍よりも頭に残るからです。

▼製本版

ゴッドドクター 徳田虎雄 (小学館文庫)

▼kindle版

ゴッドドクター 徳田虎雄 (小学館文庫)



ストーリーは盛政組の組長 『盛 政之助』に徳田が会いに行く為、山口組の新年会に顔を出すところから始まります。同じく場違いな興行に呼ばれた吉本芸人まで出てきて、まるで仁侠映画でも見させられているかのような導入です。
ところどころ当時の写真が盛り込まれていて、かなり面白いです!ちょっと小説風な書き方なのでストーリーにも入りやすい。

この本は大人が多読する本に加えて損は無い気がします。政治で医療を動かす熱意と日本の事情。政治と金。医療機関である病院とビジネスとしての病院。裏社会にも精通するやり手ビジネスマン徳田よりも、医師徳田としての姿も、もう少し味わいたい内容でした。
でも、面白かったですよ!

posted by Mako at 16:17| 読書

2020年05月21日

科学という名の印籠

読みたいと思いながらも手が出ない。そういう本あります?
私はこの本がそれなんですよ。

▼参考にアマゾンで貼ってます。

生物の中の悪魔 「情報」で生命の謎を解く
▽kindle版

生物の中の悪魔 「情報」で生命の謎を解く




興味ある内容である事は間違いないんですよ。でも、手に負える気がしないの。なんせ私は馬鹿なのよw
途中で挫折する気しかしないの。
図書館に入ってくれればそれを借りるんだけど、買うのはなぁ・・・・ってところ。
だって、買ってしまったらさ、読み終わらないと捨てられないじゃない?手元に残しておく理由が、読破できなかったからって本は、結局ずっとそのままなのよたらーっ(汗)

それが嫌で手が出せないの。

情報科学で考える命というテーマ。興味深いんだけどなぁ・・・・・
面白そうなんだけど、科学ってワードだけでわかる気がしないのよがく〜(落胆した顔)
ガチで私馬鹿だからさぁ。こういう分野無理なんですふらふら

ステレオタイプの科学――「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか

この本も少し興味をそそられたけど、科学って書いてあるだけで手が引っ込む始末(笑)
でも、アマゾンの評価を見ると買わなくて良かったかなぁ?とも思ったりw
この本の説明にこう書いてあるでしょ?

女性は数学が苦手、男性はケア職に向いていない、白人は差別に鈍感、高齢者は記憶力が悪い……
「できない」と言われると、人は本当にできなくなってしまう。


あるあるっぽいけど、それを論的に解説できるならして欲しいってちょっと思うのよ。腹落ちできたら気持ち良さそうでしょ?

でも、科学っていう印籠いんろうの前で尻込みしちゃうの。興味を持ったのに結局買わなかった本や、読まなかった本の代表は科学系ですもうやだ〜(悲しい顔)
いつも科学系がトップにきますふらふら
posted by Mako at 21:48| 読書

前記事の話

前記事に時間の作り方の本の事について書きました。
ビジネス系の時間術ではないので、約二立つ人と立たない人に分かれてしまう内容になっています。そもそも、本を出す前著者は、ブログでSNSをスマホから消すとか、余計なものは使い終わったらログアウトしておく習慣のようなものを書いて公表しています。それがあちらこちらに伝わり、別の書籍、別の著者が紹介している内容であったりする内容も多いです。

現に、私が勉強に集中できる時間を作るために実践した事も結構書かれていました。

あの本のどこが良いのかを補足したいと思います。続きを読む
posted by Mako at 00:02| 読書