2020年01月26日

今買うならどこの予定?

会社買うなら?ってか株の話だけど‥

5Gに切り替えするのに、国民から工事費とかで税金を徴収するらしいです。お国様。
4G課税があるので2重課税では?なんて言われています。

えっと‥
私は「┗|*`0´*|┛5Gガチでいらーん!」派なんですけど、ほら、家の電気やら暖房やら、ITを介して使うのに必要でしょ?
って、そんぐらい自分でやるわ!リモコンがあれば十分なりよ。

と考えてしまうのだけれど…
例えば自動運転のタクシーとかさ。まずは5G始めないと…って事で。

けど、普及は4Gより大変みたいよ。
だって、基地局間の距離が短いのよ。だから基地局増やさないとダメなわけ。
まずは、地域差無く配備するまでも時間かかるでしょ?

投資するなら5Gで発展しそうなところを前抑えできれば買っておいて良いかもね?金があればだけどさ。

他国では5G反対に結構気合い入ってる中、押し進めてるのは日本の企業だって言うよね?
むむ?ですよね(笑)




IT関係、ちょっと怖いよね。メルカリなんて経営も株価も大変だったりするのに、詐欺被害が多くて、最近も2重支払い詐欺が話題になったじゃない?

メルカリでパソコンを買う。
商品が来るけれど…
メルカリの出品者が、家電量販店から、購入者の住所と名義で購入された代金引き換えが届き、次にメルカリ購入料金がメルカリ側から請求されるっていうやつ。

そんな中、新しいペイシステムを会社ごと買ったんだっけか?

楽天は対Amazon策を、国から潰されてるし、GoogleはAmazonのように物販に力入れるらしいので、Amazonから顧客が流れる可能性も…
って事で、IT関係は凹凸が激しくて先を見越せないでしょ?

それでね…

1年以上で上がるのをじっくり待てるなら…

MLPシステムのような窓口を導入した運輸系を買うのもありかもね。

これ、ITとも5Gのインフラ整備にも直結してるから、安く買って少し待つには良さそうじゃない?

これからは、MLPのような総合窓口を設置してる運輸伸びるような気がしない?




iPhoneの充電さ、EUがずっと「ドックの規格を他と合わせろ」って言ってきたのよ。
他のスマホと同じ規格じゃないと、消費者側が使いにくいみたいな理由かな?
でもEUの決議では、罰則が無いから、変換アダプタを販売するってやる気の無さでAppleは対応してたわけ。

それでEUがおこになって、「規格の合わない物は販売できないようにしようぜ」ってあからさまにApple対応の議題に取り組んだのさぁ。

けどさぁ…
2020年以降になるのかな?
充電がワイヤレスになるでしょ?
なんかおかしいよね(笑)

ついでに、ダイエット専用のマイクロチップ(人体に入れるタイプ)の開発をテクノロジー分野が言い出してる。
って事は、筋肉増強とかさ(笑)
万歩計のような物とか、後は血圧や血糖値管理なんかも広がっていくんだろうなぁと…

そんな事を考えていると…
5年先、10年先に残ってる会社はどれよ?!?!ってなるよね。

時代の分岐点にいると悩ましいねー。

投資の話だからおまけで書くけどさぁ。
『不動産』は『投資』では無い。
私はそう思ってますー。
posted by Mako at 05:18| 日記

2020年01月24日

新種ロボ?生命?どっちやねん






Xenobots(日本語ではゼノボット)のニュースを見ましたか?
カエルの細胞を使い、人工的に作られた生物というか…ロボットです。

水中を自在に動きまわるこのロボットは、大きさ1mm以下。
もちろん、血管や患部に入れて治療させるという壮大な夢を託されてるロボットです。

また、大自然へのアプローチ、例えば環境破壊対策だったり、成分を運搬させたりなんて事にも期待が高まってる。

本来これに持たせたエネルギー源が切れれば、勝手に消滅するので回収の手間も無く、繁殖活動もしない。




このニュースのコメント欄を見ると、どこも賛否両論になってる。

理由は『ロボットというよりも人工生物だから』と言える。ロボットは生物では無いので、自然界や人体に放っても、回収すれば良い事になるけれど…
えっと、カエルの細胞を使って作った人工生命体でもある為、予測不可能な生態系を持ってしまう可能性もあるわけよね。

それで賛否両論起こってるの。

「生命体は全治全能の神以外は作るべきではない。」という意見も多い。手に負えない問題が発生すれば、ほんの些細な事でも生態系や環境が破壊されるから。




私は…
Xenobotsをどちらで捉えれば良いかわからないの。

Auto Mata (オートマタ)っていう退屈な映画があるのよ。

地球環境が破壊された地球。
人々の生活を守る為、AIを搭載したロボットを製作。
汚染物質から守る壁を作らせたり、天候を管理させる。
家庭では同じような作りの家事ロボットが、家事をするような世界のストーリーなの。すっごく退屈で暗い映画(苦笑)

そのロボットも、ちょっと改造を加えただけで、人の手を借りずに電源を作り、不具合を自分で修復するなんて事になってしまって…
犯罪をさせるようにプログラムされたAIロボットが、自給自足で永遠に電源供給できて、自己修復で永遠に動き続けたら怖いでしょ?
そんな流れで話が進んでいくの。


XenobotsはAIでも無いし、ロボットでも無いし、生命体でも無いし‥

(」゜ロ゜)」 どう考えりゃいいのかサッパリざーます!




◆おまけ

聖書で言われるノアの大洪水、あれは他の古代都市や古代宗教なんかにも書かれていたりするじゃない?

エノク書(訳にも種類があるので一概に言えない)好きの都市伝説好きの人は皆言うの。
箱舟に乗って助かったのは、遺伝子的にも、造形や能力、思考においても『神が創造したままの正しい人と動物だ』とね。
要するに、堕天使達が降りてきて、人に吹き込んだ科学や薬学、工業の力や知識。これによって作られたものは皆死んだ。その為の大洪水だって言ってるの。

宇宙人好きなら聞いた事あるでしょう?
「宇宙人が猿のDNA操作をして人類を作った」ってやつ。
それよ。
そういうこと。

そのような人のようなものや生き物がいる地球は恐ろしい事になってた。だから神は大洪水で、本来いるべき動物や人間だけを残して、他を滅したのだ!

こんな話をふと思い出しちゃうような気分よ。
だってさぁ。未知な事過ぎてわからないもの。私には。

良い科学者もいれば悪い科学者もいる。
良い技術者もいれば悪い技術者もいる。
それを言えばキリがないものね。

何か…不治の病や障害が治る!みたいな事に役立つだけで「Xenobotsは必要!」と言う人が増えそうだもの。人の意見も役に立たないわ。
posted by Mako at 17:42| 日記

石井 光太さんの児童福祉の本-漂流児童

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式で有名なノンフィクションライター、石井 光太さんの本です。





漂流児童

▼Kindle版



漂流児童――福祉施設の最前線をゆく




こちらの本は、宗教(教会やお寺等)やNPO、色々な人から相談を受ける立場の方に、特に持っていて欲しい1冊です。

例えば、性犯罪被害に遭われた女性が妊娠した場合、どのようにアドバイスしますか?

命の価値や基準を問われる問題ですよね。

被害者女性が未成年者だった場合は?
妊娠を親に言えず、もう堕胎ができない。そんなときどのような解決策を持っていますか?

虐め、障害、家庭崩壊、様々な事情で不登校になった子を、どのように支援するのか?

石井 光太さんのノンフィクション本は、支援施設の紹介や問題点、国が定めた法とシステムを深く知るのに役立ちます。
この本は、母と子、障害児、不登校と非行と、児童福祉に特化した内容になっています。

現場に足を運んで、独自取材をした上で書籍化しているので、日本でどのような対処法があるかについての現状を知る助けになります。

どのような支援施設があり、どのような場合に活用できるのか?
法律的にはどうなるのか?
色々な面で手引きをしてくれる。それが彼の書籍なのですが、そのうちの1冊です。
posted by Mako at 11:33| 読書