2020年01月23日

自分でどうにかできる事なんて少ないのさ

僕だけがいない町っていうアニメがあるのよ。

何か事件が起こると、その事が起こる前に時間が巻き戻る。
それで、その問題が起きる前に、起こさないようにする少年?いや、実年齢は29歳だから青年か?のストーリー。




後悔ってした事ある?
後悔ってさ、後悔する時には忘れてしまってるけどさ。いろんな人の感情や想いが絡まってその事が起きてるから…
アニメのように時間が巻き戻っても回避するのは難しいと思うの。

実は自分はその情景の一部であって、決断で動かせることなんてあまり無いんだ。そうやって結論付けちゃうのよ。

自分の決断が変えられる未来は、そう多くないって事。

ところで、後悔する過去の出来事があって、それをいつまで悔やんでも… うーん。意味が無いとは言わないけど、何か違う気がするの。

例えばね、ありがちな後悔だと「あの時あの人と別れなければ良かった」なんて後悔は、SNSでもblogでも見かけるよくある話でしょ?
後悔しているなら、その人生をやめればいいじゃないって思うの。どうして後悔してるのに、その続きを生きてるの?って考えちゃうの。
別れる前には戻れない。もう一度一緒にいたいと思うなら死ぬ気で頑張るか、同じ過ちを絶対にしないと決めて、次の人との関係を思いっきり大事にするしかないでしょ?
ダラダラと「あぁ、あの時こうしておけば…」を考え続ける人生つまらないじゃん?

後悔する過去って、自分の決断だけではどうにもならない事多い。
えっと…
進学とかさ。本当は声優になりたいから専門学校に行きたいのに、親が大学行く以外の道を許してくれなかった。
こういうのは「あの時何としても専門学校に行くべきだった」なんて後悔しても、専門学校に行った自分はそこにいないわけじゃん。
だったら、親の希望は叶えてやったぞ!後は自分の夢を叶えてやろう!って考えるか…
専門学校に行った自分には味わえない良い事を作っていくしかないでしょ?




自分の判断や決断だけではどうにもならない事がある。
例えば、自分の死や大切な人の死、病気も…
お互い好きだけど、大切な友達の為にあきらめるって恋愛だって、自分がどんなに頑張っても、誰かが誰かを好きになる事を止めることはできないでしょ?

そういう、自分ではどうにもならない事の多さがある時、私はクリスチャンになってよかったなぁって思うの。クリスチャンは皆思ってる。そういう時こそ神さまは近いって。

うーん…
ありがとうってお祈りしてみようかな?寝る前にでも…
posted by Mako at 22:30| 一人じゃないよ

時には直感力や感性で聖書を読んでみる

もうランチは済みましたか?私のランチは味噌ラーメンですよー!わーい(嬉しい顔)




聖書の出エジプト記の16章4節は、私の好きな聖書箇所です。

外国語で聖書を読むとき、直接日本語で読むよりも、感性やイメージが広がります。
別に英語でも良いのですが、英語だと既に学習している人が多いので、ちょうど私が好きで学習している言語『イタリア語』を使って雰囲気を味わっていただこうと思います。

敢えて日本語訳せずに、単語の意味(この場合はこの意味というものを含む)を先に羅列して、下に原文を書きました。

単語の意味を読んだら、そのまま原文を読んで、文章の意味をイメージで読み取って下さい。
この箇所は長いので前半の少しだけを書きました。


  • allora
    (アッローラ)
    そのとき、その瞬間。

  • il signore
    (イル シッニョーレ)
    主、主人、あるじ 、所有者。

  • disse
    (ディッセ)
    (彼は)言った(遠過去)。

  • a Mosè
    (ア モーゼ)
    モーセに。




Allora il SIGNORE disse a Mosè,
(アッローラ イル シッニョーレ、 ディッセ ア モーゼ)



  • ecco
    (エッコ)
    さあ、ほら。

  • io
    (イーオ)
    私。

  • farò
    (ファロ)
    (私は)するだろう、引き起こすだろう。

  • piovere
    (ピオーヴェレ)
    降る、落ちて来る。
    piovere dal cielo で、思いがけないものが届く。
    (かなり意図的に言えば、労せず思いがけない幸運が降って来るを意味する『棚からぼた餅』風)

  • pane
    (パーネ)
    パン
    日本人の思う固形物のパンというよりも、パンとなる素材を混ぜ合わせて作った食べ物のイメージが強い単語。

  • da(l)
    (ダル)
    〜から(〜は場所や起点。 l は定冠詞で、the やit'sのようなもの。

  • cielo
    (チエッロ)
    空、天

  • per voi
    (ペェル ヴォーイ)
    あなたがたのために




Ecco, io farò piovere pane dal cielo per voi...
(エッコ イ-オ ファ-ロ ピオーヴェレ パーネ ダル チエッロ)


どうでしょう?訳文無しだとイメージや感性で理解できませんか?
日本語で直接読むよりも、幅広い感性で読めるので、外国語聖書を読むのが好きです。
(n´∀'n)ネ-♪

では、日本語訳を新改訳聖書で読みましょう。今度は4節全体です。


主はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。」


日本語訳になった途端、少し事務的な文章に感じてしまうのは、母国語だからですね。




『パン』と言うと、日本語では、あのパン類を指します。しかし、pane(ラテン語pānis)はその素材、つまり、材料全般を指すイメージなのです。
イタリア語では、単数形と複数形の別がはっきりしています。しかし、 pane は、材料のイメージの単語だから、そもそも複数のものが混ざり合った素材なのです。
ですから、この単語の複数形はありません。
食べる『パン』がいくつテーブルの上にあろうと単数形のみが使われます。
他に『水』acqua(アックア)も複数形がありません。コップに入った水なら、コップを数えて複数形にできますが、水単体は複数形にできません。

『pane』はそもそも、いくつかの素材を混ぜ合わせた物の名詞なので、pane 〜 といえば、ケーキの名称をあらわす事も出来ます。

人が生きる為の糧となるもの。それが pane なので、出エジプトに書かれているパン(pane)が、私達の思い浮かべる食パンやあんぱんのような物では無い事がわかります。

人の糧となり得るもの。人を養うもの。人を満たすものが、思いがけず天からの贈り物として降って来る。
このイメージを持って読めれば、わざわざイタリア語で冒頭を読んだ意味があると思います。




毎日1日分を集める。
翌日まで残しておくと腐敗する。

聖書の言葉も、今日は今日の分だけで無いと、いつのまにか、その言葉が律法や法律のように心を縛り、かえって重荷になることがあります。

問題ひとつにしても、その問題はその問題。別の言葉別に分けて神の御心を求めるのが良いのでしょうね。

マナ(天からのパン)は、週に一度だけ、翌日の分を集める事ができます。
現代で言うところの主日、ユダヤ教徒にとっては安息日(土曜日)ですね。
神が天地をつくられたとき、全てを作り終えて休まれた記念の日です。
キリスト教徒にとっては、イエス・キリストが復活して現れた日(日曜日)です。

人と人との間では分かち合いの日。
神と人との間では、人が神に感謝をお返しする日です。
「1週間、護り養っていただきありがとう。」そう神に感謝を捧げる日なのですが、人が糧を失わないよう、前もってその日の分を、先に人に与えてくださるのです。

こういうところが…
神が父と呼ばれ、時には母のようにも書かれ、人を神の子供達と呼ぶかたちが現れていますよね。

親は子の心配をするものです。関係が正しければ。
子が空腹で泣く前に、準備しておくのは賢い親です。




天使、つまり御使い達は、あくまでも使いの者です。
神に立ち返った人々は、神の子供達です。
使いの者より子供の方が、権利や立場も上です。

天使達が嫉妬するほどの存在が人の子なのですよねー。
1人の人から罪が入ったかの日から、天使達は、かえって私達に崇拝される存在のようになっています。逆転しているのです。
この事を考えると、悪魔の悪意を思います。
だって、正しい神の御使いなら、崇拝されたら「やめなさい」と言うでしょう?(黙示録等)

神に変わって崇拝されたい者、それが悪魔です。
悪魔は神の偶像です。

ですから偶像(イタリア語ではidolo、英語ではidol)と呼ばれる職についている人や、それに類する職業についている人が、時々虚しく見えてしまいます。

そのうちその事についても書きたいですが…

とにかく、違う言語で『直感力』を用いて聖書を読むのも時には楽しいものです。
しかし、理性も大事です。
直感力だけではあらぬ方向へ行きかねない。それを抑えるのが知性と理性です。

よいバランスを保って、聖書を味わっていきたいです。
posted by Mako at 13:37| 聖書関連

2020年01月22日

恵方巻より熊が心配

農林水産省の恵方巻ロス削減プロジェクトの呼びかけに応答した会社26社が紹介されてる。

毎年節分になると大量に廃棄される恵方巻。この食品ロス(要するに生ゴミ減らせ)を減らそうってお国からのお願いって話ですね。

ファミリーマートが、季節商品『土曜の丑の日うなぎ弁当』を、食品ロス軽減の為にと『完全予約制』にしたところ、弁当の棚に陳列するよりも多く売れた。
そればかりか、売れ残りの弁当を業者ゴミとして廃棄せずに済んだ分、利益が底上げされたという成果があったので、スーパーやコンビニは快く応答したようです。

ところでこのプロジェクト。買う側の消費者にも見えるように取り組めって事で…
PR資材やらなんやかんやでー(笑)

ん?官僚様系列のアレがコレでソーいう事ですか?って穿った目で見てしまう私。

素直な視線を送れなくてごめんなさいですわよ。




うちさ。節分の行事に恵方巻食べる文化無いのよ。だから、無くて全然平気d(^-^*)

高いしさー(笑)

それよりも放火した可能性のある女子高生と、冬眠しなくなって、冬でも熊被害が出てる話題の方が気になるのです。


ある日森の中
熊さんに出会った
花咲くー略ー
お嬢さんお逃げなさいー略ー
ところが、後から
熊さんがついてくる


この歌ってさー。小学生の頃の林間学校で、夜中みんなで謎解きをしたのよ。
眠れなくてねー。

「どうして追ってくるのに逃げろって言ったのか?」がテーマ。

私が言ったの。
「熊さんって呼ばれてるおっさんが痴漢だったんじゃないの?お嬢さんが目の前にいると痴漢したくなるから逃げてって言ったのでは?」

1/3ぐらいの子が「おおぉぉ!」って言ってくれたけど、残りの半分ぐらいが「森にいる熊さんがおっさんなわけあるかー!」って反論したわ。

懐かしい思い出でございまするが…

熊さんに出会って背中向けて逃げるのヤバイらしいね。ゆっくり後退りが良いんだって。

ロシアも熊さん多いらしくて「熊に襲われた!今食べられてる!痛い!痛い!」って電話が外出中の家族からかかって来る様子が、動画共有に上がってたりするのよね。

怖いわぁ〜。
テディベアは可愛いのにね。

熊撃退スプレーって中身何かしら?
痴漢撃退スプレーと同じ?
posted by Mako at 06:07| 日記