2020年05月25日

解釈変更の何がいけないの?の問題

安倍首相が2月13日衆議院本会議で「検察官にも国家公務員法の適用があると従来の解釈を変更することにした」と言った事のどこに恣意があるの?という話をちょっと…。





論点


時の政権が勝手な法律条文や適用範囲の解釈を変更する事が正しいのか?妥当なのか?という問題です。「法律を作るのは国会なのだから、国会を取り仕切る政権や内閣がやっても問題ないんじゃないの?」という意見と「身勝手な解釈変更はダメですよ!」という意見のぶつかり合い。これが論点です。

>

法的安定性


法的安定性という言葉があります。これは法学で頻繁に使われる言葉です。

例えば、現在原付が右折するには2段階右折をする事になっています。この原付のルールは皆が守っています。守らなければ警察につかまったり、点数や罰金を取られる等の制裁があるからです。

ある日政府が解釈変更をして「原付だけではなく、自動車もこの法律を適用します。」と言ったら、自動車も2段階右折をする事になります。

そもそも、自動車の右折巻き込み事故から原付走者を守るためにできた法律であったら、法律を作った意味が無くなります。これらの巻き込み事故による渋滞回避も立法目的のひとつであったなら、自動車が右折するために渋滞を起こすので、立法の意味がなくなります。ここで、立法趣旨や適用範囲の趣旨が無視されている問題がありますよね?

次に、時代の変遷と共に、国会の議員や内閣は変わります。「我々の解釈では、普通自動車は2段階右折をしなくても良いと、解釈を変更します。」と発表しました。こんな風に、政権が変わるたびに、国会議員が入れ替わるたびに解釈や適用範囲を変えられてしまうと、それを守らなければならない国民の生活に影響が出てきます。2段階右折をしなければならないのはいつから?しなくても良いのはいつまで?普通自動車とあるけど、軽トラックは?色々な「どうすりゃいいの?」という混乱がおきます。これを防ぐための論が法的安定性という言葉の下で語られる議論です。


反意語の具体的妥当性


法的安定性は、人々がその法律の下で守るべきことを明確にします。これさえ守っていれば逮捕されないよ。制裁されないよ。こういう事が明確になっているので安心して日常生活を送る事ができます。

ところが、立法したときには予期しない事態という事が起こります。例えばですね、新潟で長期間にわたって監禁されていた女児が発見されたとき、犯人の刑罰が軽すぎると話題になりました。
女子高生コンクリート詰め殺人事件で、少年法の妥当性が議論されました。

どちらも刑法なので、罪刑法定主義の原則があるのでどうにもできませんが、これが、そうですね、身近な問題なら『名誉棄損になるのかならないのか?』というような内容。こういうものは『法的安定性』だけでは解決できなくて、個別具体的な事例がとても多いわけです。そこを世の中で起こる事例に対応させるのが『具体的妥当性』という言葉になります。

法的安定性に守られた絶対的な条文を、合理性あり立法趣旨に反しない範囲で個別の事例のあてはめて考える作業です。これが多いほど一般人には適用範囲やアウトなのかセーフなのかわかりにくくなります。条文を読んだだけでは理解できず、判例や学説からアウトかセーフかを予測するしかない事態が生じます。『名誉棄損』はその代表例だと思います。

『名誉棄損』ひとつでも、どこまでがアウトなのかセーフなのかわかりにくい事が、人の生きにくさを作り出します。もしかしたら名誉棄損?と考えながら発言したり書き込んだりするのは楽しくもありませんよね?法的安定性に抜け道をつくることで、個別の事例にも法をあてはめていく。この作業は絶対に必要な事ですが不安定さは人々の生活を支配することになります。


安倍政権の解釈変更は法的安定性の破壊


さて、問題に戻ります。安倍政権の行った解釈変更は『法的安定性』という日本国の信頼を裏切る行為です。だからダメなのです。安倍首相の人柄やらなにやらの問題では無く、やってはダメな事をやっているのが問題なのです。そしてその行為は恣意的なのです。

法解釈や適用範囲を変更したければ、それに応じた手順があります。「条文を書き換えてないからいいよね?」という軽い事ではないのです。このような事を許してしまえば、政権が変わっても同じ事をする首相が出てきますよ。今回は行政と公務員の問題でしたが、条約等でこれをやられたらどうなりますか?国防や国家間の同盟・友好・協力といった、多くの面に影響しますよ。そうなると、日本企業のビジネスや経済活動にも影響が出てしまうんです。だから、このような事例をそのままにしておくのはよろしくありません。

私は『安倍政権がしでかした事リスト』に入れます(笑)これをしたのが別の政権でも同じです。次を正当化しないために恣意は修繕しなければなりません。安倍首相が好きな方や応援している方こそ、この問題を強く主張するべきだと思います。反安倍派が言っても、いつもの「安倍ガー(安倍首相の何にでもケチをつけ何でも批判するいつものやつ)」にしかなりませんから。




posted by Mako at 22:03| 日記

2020年05月24日

時代の変化とやら

ちょっと今の状態を動画で見てくださいね。

これが現状のキャッシュレス決済によるスーパーでの決済の例です。(5:20ぐらいから)

最近世界のあちらこちらで話題になっている

Curbside pickup の動画です。


こちらはネットスーパーに似ていますよね。

コースの流れ



  1. 自宅や宅配ボックスへの配送

  2. すでに袋詰めや梱包が終わった商品を店舗やコンビニに受け取りに行く(配達料削減用)

  3. ドライブスルーのように車で専用口から商品を受け取る(店舗は倉庫的)



これを見てどう思います?スーパーや食料品店に店員は必要の無い時代。これが近づいていると思います?
先日コロナ関連でヨーロッパの人とチャットしたとき、自宅待機には、スマート決済、ノーマネー決済の必要性向上や、その場合に必要な人材を見分けるためなのでは?と言う話があって、とても興味深かったんです。
詳しく話すと…ちょっと陰謀チックになってしまうので、どこをどう書くのか悩みながら書いています。

ユーチューバーのような職業で、動画の広告を収入源にする時代は終わりに向かっています。
それぞれの大手企業が、独自のインフルエンサー採用枠を設けているからです。
現段階で、InstagramやFacebook等でのフォロワー数、閲覧数が採用枠の参考にされているようです。
動画に広告を出せば、多くの場合はスキップするか見ないで放置です。TVのCMが録画では早送りされるのと同じです。
しかし、番組内で紹介された商品に関しては、視聴者は見るじゃないですか。買うじゃないですか。そういう事ですよ。番組内の人、情報発信者にレビューしたり紹介してもらうのが良いという方向に移行しているのです。だから、さんざんユーチューバーを馬鹿にしていた芸能界がユーチューブ参入を始めたのです。
タレントはスポンサーありきですからね。

それでも配信型広告は一応続きます。ユーチューバーのような特殊な人々ではなく一般化です。
ネットを開けば興味がありそうな商品を勧めてくる時代です。要は何にお金を使うかについて、コンシェルジュがいる時代になります。ですから、何を買おうかと迷う時間が減る分、自分も稼ぐ方法を考える時代になるわけです。

食料品店に店員の数は多くない時代。トラックのような配送系も、自動運転が始まれば需要が変わってきます。

しばらくこのまま続くことが予測されるのは、わざわざ行く価値があるお店になります。
遊園地、レストランといった場所です。
ブランド品等の店は、店舗ではなくショールーム型に変わろうとしています。
ショールームで現物を見て、スマホやパソコンで買う。




・・・・。私が思うのは、マジでどれだけの職業がこの世から消えるの?という事なんですよね。
子供たちが友達と喧嘩したり、友情を深めたりする事なく、一緒に授業を受けるのが当然の時代。
な〜んか闇ですよ。
兄弟や姉妹がいて育つ子供と、一人っ子では違う。このような善し悪しが益々加速するように思えますよねぇ。
高齢化社会の方はどうなるんでしょうね?介護士がいたり、病院付属のホームに入れる人はまだ良いみたいな事になるのでしょうか?ちょっと興味深いですよね。

posted by Mako at 01:43| 日記

2020年05月23日

何かある場合と元々の場合と

奥さんが作ったお弁当を持って会社に行くご主人達ってどの程度いるのでしょうね?
「嫁の作る弁当がひどすぎる」というテーマは消えて無くなりそうにありません。

Facebookに投稿されている2人のご主人の嫁弁当の愚痴なんですけどね。
一人は天然なんですよ。

白ご飯に生卵+お寿司とかについてくる醤油のセットは毎週1〜2回必ずあるAさん。
一応営業職ではあるのですが管理職。外を出歩いている部下と違い、部下に付き添って契約に行く等の理由が無ければ事務所でお弁当を食べます。人目が気になって嫁の弁当を出したくないと言うわりに、ほぼ毎日写真を撮ってタイムラインに入れる根性はすごいと思います(笑)

生卵はコレラが心配だと言えば?というコメントを採用したら、生卵が目玉焼きに成長した様子が流れていて笑ってしまいました(笑)
炊き込みご飯なら野菜が入っているというコメントを参考にしたら、味付きというかソース付き?のミートボールやハンバーグを切って白ご飯に混ぜたタッパーを持たされていました(笑)
混ぜご飯だよっていわれりゃそうなんでしょうけど(笑)

ご主人の悩みは、別に不味くなくて食べられればなんでも良いが、人前で食べるのが恥ずかしいのを持たせないでほしい。そういう質素なもの。

Bさんの方は、ラップに包まれたおにぎりが袋の中にゴロゴロ入ってるとか、カップラーメンセットが入っていたりというもの。白ご飯にカップのお味噌汁というセットも頻繁に登場してる。「今日は野菜たっぷり味噌汁バージョン。栄養補給します(笑)」なんて、ちょっと皮肉ったカップみそ汁の写真が投稿されていたりします。
こちらは・・・
そもそもきちんと作っていた奥さんが、雑になり、手抜きになりという経緯をたどってそうなったものなの。
過去のお弁当写真は、そりゃあおいしそうでしたよ。
1か月程度の短期間だけとかなら続かなかったと言えるでしょうが、5年近くきちんとしたお弁当を作っていたのに今は違う。これは、奥さんの側に、ちゃんと作りたくないと思わせる何かがあったのだと思います。
それも、急にそんな風になる時があるのではなくて、半年以上もそれが続くとなると…
作りたくなくなるような言動が何かあったはずなんですよ。それも日々の積み重ねの可能性も大きい。

Aさんの嫁の方は「一生懸命ご飯炊いたよ〜!」って位置にいるので(笑)
私はちょっと可愛いなぁと思う事もあるのですが、上司として事務所にいるご主人には大きな悩みらしいです。
Bさんの場合は、文句言ったり愚痴ったりする前によく考えろって思いますね。微笑ましく見ていられないです。必ずBさんに原因があるんですよ。このパターンは。それをさも嫁が悪いように愚痴っている様子がちょっと不快です。

ネット上には嫁の飯をテーマにした愚痴スレッドやブログがあります。
何にでもマヨネーズをかけるだとか、野菜を出さないかわりに酵素じゅーずや青汁を出してくる嫁だとか(笑)
それってじっと耐える事でもないと思うんですよ。伝え方もあるし。コミュニケーション不足が問題を解消しないパターンが多いような気がします。

Bさんのあげるお弁当写真は、女々しい愚痴っぽく見えるので見なくなりました。それで現在どうなっているのかわかりません。
Aさんのも見ていません。
ってかFacebookにログインしていません(笑)

外国のお友達を作ってコンタクトを取ろうとする場合、Facebookを好む人が多いので仕方なくアカウントを作っただけのものですからね。
わざわざ自分が今何をしているとか、今日何をしたとか公表する理由もよくわからないんですよ。見せられる方もど〜でもよい事じゃないですか。
Good ボタンも、何が Good なのかよくわからなくて(笑)
ってか、写真撮らなくちゃ!SNSにあげなくちゃ!ってあんまり思う機会が無いでしょ?
いや、私もやりますよ。機能としてあるのだから。でも、毎日したいとは思わないんです。アルバムっぽい感覚?あとでストーリーを振り返ったとき「あ〜、なつかしいな〜」と思えれば良いんですよね。

SNS系はやってるときは楽しい感覚だけど、一旦離れると「なんでそんな事をわざわざ?」って思う事が多くありません?
誰々さんが何々を投稿しましたって通知が出ると「ウザ!!」ってなるんですふらふら
posted by Mako at 23:22| 日記